FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXはエントリーポイントが重要?適切なエントリーポイントとは

投稿日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

資産運用の手段としてFXを始めたものの、継続的に安定した利益を得られずに悩んでいるという人も多いのではないでしょうか?

そのような人は、間違ったエントリーポイントでエントリーしてしまったことが原因で、利益を取りこぼしている可能性があります。

そこで今回は、FXで継続的に安定した利益を手に入れる上で重要となる適切なエントリーポイントについて解説します

FXのエントリーとは

FXのエントリーとは

FXは、次にどのような為替変動が生じるかを予想して取引することで差益を得る運用方法です。

為替変動を見ているだけでは利益を得られないため、取引に参加する必要があります。

この取引に参加することを「エントリー」と呼びます

例えば、株式投資の場合は、証券取引所に上場されている銘柄の株価と株数に応じた金額を支払うことで株式を取得することが可能です。

取得した株式は自分の物になっているため、証券取引所で自由に売却できます。

売却するには一度取得する必要があるため、株式投資の現物取引では買いからのエントリーしかできません。

しかし、FXは買いからのエントリーだけでなく売りからエントリーすることも可能です。

なぜ、売りからエントリーできるのでしょうか?

FXは差金決済

株式投資は、購入時に代金を渡す、売却時に代金を受け取るという二段階になっています。

しかし、FXは差金決済が採用されており、エントリー時に代金を渡さずに決済時に生じた損益に合わせて代金の受け渡しを行います

例えば、1通貨100円で1万通貨エントリーして1通貨が101円になった場合には、差益の1万円が受け取れるということです。

反対に99円になった場合には、差損の1万円を渡すということです。

通常、物の売買をする際には物を購入してから売却しますが、差金決済では決済時に損益がどうなっているかというだけなので売りからもエントリーできます。

そのため、為替変動の上昇局面だけでなく下降局面でも利益を得られるので、FXは効率的な運用方法と言えるでしょう。

FXの重要なエントリーポイントとは

FXは、買いからだけでなく売りからもエントリーできるため、利益が得られるチャンスが多いと言えます。

しかし、いくら利益を得られるチャンスが多いと言っても、エントリーのタイミングを謝ってしまっては意味がありません。

FXで継続的に安定した利益を得るには、最適なエントリーポイントでエントリーすることが重要です。

FXでおすすめするエントリーポイントは以下の3つです。

  • トレンドが発生した時
  • バウンドが発生した時
  • ブレイクが発生した時

それぞれのエントリーポイントについて見ていきましょう。

トレンドが発生した時にエントリー

トレンドとは、どちらか一方に為替変動が偏っている状況です。

短期的な為替変動を見ると、上下を繰り返しているように見えるものの、長期的に見てみると右肩上がりに為替変動が生じている場合があります。

これが上昇トレンドです。

一方、長期的に見て、右肩下がりに為替変動が生じている場合を下降トレンドと呼びます。

上昇トレンドが発生しているということは、今後上昇する可能性が高いと予想して買いでエントリーしている人が多いことを意味しています。

下降トレンドはその反対です。

つまり、上昇トレンドでは買いでエントリー、下降トレンドでは売りでエントリーするということです。

一度発生したトレンドは、明確にトレンドが終了するまで継続するため、継続的に安定した利益が期待できるでしょう。

バウンドが発生した時にエントリー

過去の為替変動と現在の為替変動を見比べて、過去の為替変動の安値や高値になっている価格帯は、下値支持線・上値抵抗線と呼ばれています

短期的な為替変動は「この後に同じ変動が生じるかもしれない」という投資家たちの心理によって生み出されています。

そのため、過去の安値である価格は「もう一度反発するかもしれない」という投資家たちの先回りの買いが生じやすいことから下値支持線と呼ばれており、買いエントリーで利益が出やすいのが特徴です。

一方、上値抵抗線の場合は、売りエントリーで利益が出やすいのが特徴です。

このように、下値支持線・上値抵抗線で反転する、つまりバウンドに似た状況になった時にエントリーすれば、安定した利益が期待できるでしょう。

ブレイクが発生した時にエントリー

下値支持線や上値抵抗線は、相場の状況によって役割が変化します。

そのため、バウンドでエントリーする際は、それが本当にバウンドなのか十分に見極めることが重要です。

例えば、下値支持線となっていた価格帯を突き抜けた場合は、その価格が買いのエントリーポイントと思っていた人たちの損切りや新たな売りエントリーで下落が勢いづく可能性があります。

反対に、上値抵抗線となっていた価格帯を突き抜けた場合は、その価格が売りのエントリーポイントと思っていた人たちの損切りや新たな買いエントリーで上昇が勢いづく可能性があります。

このように、下値支持線や上値抵抗線を突き抜ける(ブレイクする)と、下値支持線が上値抵抗線、上値抵抗線が下値支持線に役割が変化します

下値支持線を突き抜けた時は売り、上値抵抗線を突き抜けた時は買いでエントリーすれば安定した利益が期待できるでしょう。

自分に合うエントリーポイントを見つけることが重要

自分に合うエントリーポイントを見つけることが重要

これまでFXのエントリーポイントについて解説してきましたが、これらはあくまでも一例です。

最もポピュラーなエントリーポイントと言えますが、短期的な相場を生じさせるのは投資家たちであるため、他の投資家たちの考えを理解する必要があります。

他の投資家たちの考えを読むには、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析を駆使することが重要です。

ファンダメンタルズ分析とは、通貨を発行している国の経済情勢・世界の経済情勢などから次の為替変動を予想して取引する方法です。

一方、テクニカル分析とは、過去の為替変動から次の為替変動を予想して取引する方法です。

ファンダメンタルズ分析で利用する国の経済情勢や世界の経済情勢などは、世界中に広く公表されているもの。

そのため、サプライズが生じない限りは、長期的な為替変動に影響を与えても短期的な為替変動への影響は少ないと言えます。

一方、FXのエントリーポイントを判断する上で重要になってくるのがテクニカル分析です。

テクニカル分析と一口に言っても100種類以上のテクニカル分析があるため、自分に合うテクニカル分析はどれなのかをまずは探す必要があります

自分に合うテクニカル分析を見つければ、自然とエントリーポイントの判断もしやすくなるでしょう。

まとめ

まとめ

FXの代表的なエントリーポイントとして、トレンドが発生した時・バウンドが発生した時・ブレイクが発生した時の3つがあります

しかし、これらの3つのエントリーポイントは完全ではありません。

短期的な相場は取引に参加している投資家たちのエントリーが生み出すものであるため、他のエントリーポイントなども探る必要があります。

ファンダメンタル分析やテクニカル分析なども駆使しながら、自分に合うエントリーポイントを見つけましょう。

-テクニック
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.