FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXのリスクリワード1:1は勝てる?理想的なリスクリワードとは

投稿日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXでは、今の為替から将来的に上がるか下がるかを予想して取引することによって差益を得ます。

1回あたりの取引の勝率は50%ですが、勝率が高い場合でも低い場合でも安定した利益を得る上で重要なのがリスクリワードです。

「1:2」「1:3」にリスクリワードを設定する人が多いですが、「1:1」でも勝てるのでしょうか?

そこで今回は、リスクリワード1:1で勝てるのか、FXの理想的なリスクリワードについて解説します

リスクリワード1:1とは

リスクリワード1:1とは

FXでは、為替が上がるか下がるかを予想するだけなので、1回あたりの勝率は50%です。

しかし、FXの知識や経験がない人は、当てずっぽうで取引して、外れる方の50%に成績が偏ってしまい、通算では勝率が50%を下回る可能性があります。

そのため、FXで安定した利益を得るには、知識や経験を身につけて勝率を高めることが重要です。

しかし、勝率が高いからといって、利益が出ているとは限りません。

勝率90%でも損失が生じている人もいます。

例えば、10回取引して9回利益が生じて、1回だけ損失が生じたとします。

1回の利益が1万円で9回の勝ちで9万円を得たとしても、1回の損失が10万円であれば勝率90%でも赤字です。

そこで重要なのが、勝率だけでなくリスクリワードを考えながら取引することです。

リスクリワードとは、取引で得られる利益に対する損失の割合のことです。

例えば、1回の取引で100pipsの利益が期待できる一方、100pipsの損失が生じる可能性がある場合には、リスクリワード1:1になります

リスクリワードを意識した取引をすることにどのようなメリットがあるのでしょうか?

リスクリワードごとの勝率

リスクリワードごとの勝率

リスクリワードを意識した取引をすれば、勝率が低い場合でも安定した利益を得ることが可能です。

例えば、勝率が10%でも、1回の損失が1万円で9回の負けで9万円損しても、1回の利益が10万円であれば勝率10%でも黒字です。

FXでは、リスクリワードをいくらに設定すればいいのでしょうか?

リスクリワード1:0.5~1:10で取引した場合の勝率との関係について見ていきましょう。

リスクリワード1:0.5

リスクリワード1:0.5とは、取引で100pisの利益が期待できる一方で、200pipsの損失が生じる可能性がある状況です。

利益より損失の方が大きいため、リスクの高い状況での取引です。

リスクリワード1:0.5の状況で取引した場合には、勝率80%以上であれば問題なく利益を積み重ねていけます。

しかし、勝率75%で負債確率4%、勝率70%で負債確率13%と高くなっていき、勝率65%以下になると負債確率100%になります。

リスクリワード1:0.5に設定した場合は、勝率を高く維持しなければならないため、リスクリワード1:0.5はおすすめしない数値と言えるでしょう。

リスクリワード1:1

リスクリワード1:1とは、FXの取引で100pisの利益が期待できる一方、100pipsの損失が生じる可能性がある状況です。

利益と損失が同じなので、変動がどちらに転ぶか分からない状況での取引です。

リスクリワード1:1の状況の取引では、勝率75%以上で問題なく利益を積み重ねられます。

しかし、勝率65%で負債確率0.2%、勝率60%で負債確率1.7%と高くなっていき、勝率45%以下になると負債確率100%になります。

リスクリワード1:1に設定した場合は、最低でも勝率50%が必要という状況です

知識や経験を身につけたトレーダーに達成できない勝率ではないため、最低でもリスクリワード1:1を考えながら取引しましょう。

リスクリワード1:2

リスクリワード1:2とは、FXの取引で200pisの利益が期待できる一方、100pipsの損失が生じる可能性がある状況です。

これ以降のリスクリワード1:2以上は、利益の方が上回っているため、安定した運用結果が期待できる状況です。

リスクリワード1:2の状況では、勝率60%以上であれば問題なく利益を積み重ねられます。

しかし、勝率55%で負債確率0.2%、勝率50%で負債確率0.8%と高くなって、勝率30%以下になると負債確率100%になります。

リスクリワード1:2に設定した場合は、勝率が50%を下回っても利益を得られる可能性があるため、リスクリワード1:2以上に設定した方が良いでしょう。

リスクリワード1:4

リスクリワード1:4とは、FXの取引で400pisの利益が期待できる一方、100pipsの損失が生じる可能性がある状況です。

4回負けても、1回勝てば負けを取り返せる状況です。

リスクリワード1:4の状況では、勝率60%以上であれば問題なく利益を積み重ねられます。

しかし、勝率55%と50%で負債確率0.1%、勝率45%で負債確率0.4%と高くなり、勝率15%以下になると負債確率100%になります。

リスクリワード1:4とは、リスクをかなり抑えた状況での取引になるため、急な為替変動が生じても損失を最小限に抑えられるでしょう。

リスクリワード1:6

リスクリワード1:6とは、FXの取引で600pisの利益が期待できる一方、100pipsの損失が生じる可能性がある状況です。

6回負けても、1回勝てば負けを取り返せる状況です。

リスクリワード1:6の状況では、勝率55%以上であれば問題なく利益を積み重ねられます。

しかし、勝率50%で負債確率0.1%、勝率45%で負債確率0.3%と高くなって、勝率10%以下になると負債確率100%になります。

リスクリワード1:6とは、リスクリワード1:4よりリスクを抑えられますが、条件が良くなるほど、取引機会が減ってくるので注意しましょう

リスクリワード1:8

リスクリワード1:8とは、FXの取引で800pisの利益が期待できる一方、100pipsの損失が生じる可能性がある状況です。

8回負けても、1回勝てば負けを取り返せる状況です。

リスクリワード1:8の状況では、勝率55%以上であれば問題なく利益を積み重ねられます。

しかし、勝率50%で負債確率0.1%、勝率45%で負債確率0.2%と高くなって、勝率10%以下になると負債確率100%になります。

リスクリワード1:8はさらに条件が良くなる一方、条件が整うケースはさらに稀になってくるので取引回数はさらに少なくなるでしょう

リスクリワード1:10

リスクリワード1:10とは、取引で1000pisの利益が期待できる一方で、100pipsの損失が生じる可能性がある状況です。

10回負けても、1回勝てば負けを取り返せる状況です。

リスクリワード1:10の状況では、勝率55%以上であれば問題なく利益を積み重ねることが可能です。

しかし、勝率50%で負債確率0.1%、勝率45%で負債確率0.2%と高くなって、勝率5%以下になると負債確率100%になります。

リスクリワード1:10の状況は、負ける可能性はかなり低いと言えますが、条件が整うには長い時間足で長期的にポジションを持つことになる可能性もあるので注意しましょう。

リスクリワード1:1は勝たず負けず

リスクリワード1:1は勝たず負けず

リスクリワード1:1は50%以上に勝率を維持しなければなりませんが、FXの知識や経験を身につけた人は勝率60%程度を維持する人が多いため、到達できない数値とは言えません。

勝率が低い人はリスクリワード1:1よりも高いリスクリワードを設定して取引する必要がありますが、リスクリワードを高めると、取引条件が整う回数が減ります。

そのため、スキャルピングやデイトレードなど、細かく取引を繰り返す人であれば、リスクリワード1:1もしくは1:2を意識して取引すれば、十分利益を積み重ねられるでしょう。

まとめ

まとめ

FXで安定した利益を得るにはリスクリワードが重要になります。

そして、リスクリワード1:1は50%の勝率を維持していれば勝たず負けずの状況です。

1:2、1:3とリスクリワードを高く設定すれば、勝率が低くても利益を積み重ねられますが、条件が整う回数が少なくなるため、取引回数が減ってしまいます

FXの知識や経験を身につけて勝率50%以上を維持しながら、リスクリワード1:1の取引チャンスを確実に利益に変えていきましょう。

-テクニック
-, ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.