FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXのリスクリワードは計算式が難しい?必要な勝率はどれぐらい?

投稿日:2019年7月5日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXは平日と祝日は24時間取引できます。そのため、日中は仕事で忙しいサラリーマンでも空き時間にコツコツ取引をしている人も多いと思います。

FXで安定した利益を得るには、勝率を高く維持するだけでなく、自分に合ったリスクリワードを設定して取引することが重要ですが、リスクリワードの計算は難しいのでしょうか?

そこで今回は、FXのリスクリワードの計算方法について解説します

FXのリスクリワードの計算方法とは

FXのリスクリワードの計算方法とは

FXは、為替が上がるか下がるかを予想するだけなので勝率は50%です。

そのため、「勝率が50%を上回れば勝てる」と思った人も多いと思いますが、必ずしもそうとは言い切れません。

勝率が50%を上回れば勝てるのは、1回の取引で生じる利益と損失が同じ額または利益が損失を上回っている状況です。

例えば、勝率が80%のFXトレーダーが10回取引して、1回の利益1万円・損失5万円と仮定して損益を計算すると、利益8万円に対して損失10万円になります。

いくら勝率が80%でも、1回の損が大きいと勝てません

では、どんな取引をすればいいのでしょうか?

そこで登場するのがリスクリワードです。

リスクリワードとは、FXの取引で生じる損失と利益の比率です。

リスクリワードは利益÷損失という計算で求められます

例えば、FXの取引によって期待できる利益が100pipsで損失も100pipsの場合には、100pips÷100pipsで1になるのでリスリワードは1:1です。

ポイント

リスクリワードは1:1を下回ると損失が生じやすくなるため、最低でも1:1、なるべく1:2以上で取引するのが理想的と言われています。

FXのリスクリワードごとに必要な勝率

FXのリスクリワードごとに必要な勝率

リスクリワードは、FXの取引で生じる為替変動リスクを抑える効果が期待できます。

計算方法も難しくないので誰でも手軽に活用できますが、リスクリワード「1:1」と「1:2」では一体何が異なるのでしょうか?

リスクリワードの数値が変わると、利益と損失が0になる損益分岐点が異なります

リスクリワードを計算して求めることで、取引に必要な勝率を算出できます。

各リスクリワードで必要な勝率がいくらなのかについて詳しく見ていきましょう。

リスクリワード1:1の勝率計算

リスクリワード1:1で必要な勝率を計算すると、以下のような結果になります。

取引で生じる利益と損失は1:1なので、1回の取引の利益を1万円・損失を1万円として、勝率50%のFXトレーダーが10回取引をしたと仮定します。

取引で生じる利益は1万円×5回=5万円、損失は1万円×5回=5万円なので、勝率50%ではちょうどプラスマイナス0です。

一方で、勝率40%のFXトレーダーが同条件で取引した場合を計算すると、利益は1万円×4回=4万円、損失は1万円×6回=6万円なので、勝率40%では損をします。

そのため、リスクリワード1:1では、50%以上の勝率を目指す必要があると言えるでしょう。

リスクリワード1:2の勝率計算

リスクリワード1:2で必要な勝率を計算すると、以下のような結果になります。

取引で生じる利益と損失は1:2なので、1回の取引の利益を2万円・損失を1万円として、勝率40%のFXトレーダーが10回取引をしたと仮定します。

取引で生じる利益は2万円×4回=8万円、損失は1万円×6回=6万円なので、勝率40%では利益が得られます。

一方で、勝率30%のFXトレーダーが同条件で取引した場合を計算すると、利益は2万円×3回=6万円、損失は1万円×7回=7万円なので、勝率30%では損をします。

そのため、リスクリワード1:2では、40%以上の勝率を目指す必要があると言えるでしょう。

リスクリワード1:3の勝率計算

リスクリワード1:3で必要な勝率を計算すると、以下のような結果になります。

取引で生じる利益と損失は1:3なので、1回の取引の利益を3万円・損失を1万円として、勝率30%のFXトレーダーが10回取引をしたと仮定します。

取引で生じる利益は3万円×3回=9万円、損失は1万円×7回=7万円なので、勝率30%では利益が得られます。

一方で、勝率20%のFXトレーダーが同条件で取引した場合を計算すると、利益は3万円×2回=6万円、損失は1万円×8回=8万円なので、勝率20%では損をします。

そのため、リスクリワード1:3では、30%以上の勝率を目指す必要があると言えるでしょう。

リスクリワード1:4の勝率計算

リスクリワード1:4で必要な勝率を計算すると、以下のような結果になります。

取引で生じる利益と損失は1:4なので、1回の取引の利益を4万円・損失を1万円として、勝率30%のFXトレーダーが10回取引をしたと仮定します。

取引で生じる利益は4万円×3回=12万円、損失は1万円×7回=7万円なので、勝率30%では利益を得られます。

一方で、勝率20%のFXトレーダーが同条件で取引した場合を計算すると、利益は4万円×2回=8万円、損失は1万円×8回=8万円なので、ちょうどプラスマイナス0です。

そのため、リスクリワード1:4では、20%以上の勝率を目指す必要があると言えるでしょう。

リスクリワードは最低でも1:1以上

リスクリワードは最低でも1:1以上

リスクリワードの計算方法と各リスクリワードで必要とされる勝率がどのくらいなのかを理解できたと思いますが、結局リスクリワードはいくつを想定して取引するのが良いのでしょうか?

リスクリワードが仮に1:0.5だとすると、100pipsの利益に対して200pipsの損失が生じる可能性があるため、もし損失が先行した時は2回以上勝たないと元を取り返せない計算になります。

リスクリワード1:4の場合は、400pipsの利益に対して100pipsの損失が生じる可能性があるため、4回連続で損失が生じても1回勝てば元を取り返せる計算になります。

リスクリワードが高くなれば、損失が生じても取り返しやすいですが、高く設定した場合は条件が整う可能性が低くなるので取引機会が少なくなります

条件を達成するために保有期間が長くなると、今度は為替変動リスクが高くなる可能性もあるので注意が必要です。

そのため、FXでリスクリワードを計算する際は「1:1」以上が必須で、「1:2」にできる限り近づけられるような状況を選んで取引しましょう。

損切りを徹底することが重要

損切りを徹底することが重要

勝率にこだわった取引をするのではなく、リスクリワードにこだわった取引をすれば、低い勝率でも安定した利益を得ることが可能です。

しかし、リスクリワードを高く設定したから安定した利益が必ず得られるわけではありません。

FXの取引で一番重要なのは、損小利大を心がけることです。

例えば、利益200pips・損失100pipsを想定したリスクリワード1:2で取引をする場合に、ポジションを持ってから逆指し値を設定していないと100pips以上の損が生じる可能性があります。

計算したリスクリワード通りの安定した運用結果につなげるためにも、損切りを徹底して損を最小限に抑えることを心がけるようにしましょう。

まとめ

まとめ

FXで安定した利益を継続的に得るためには、想定される利益と損失からリスクリワードを計算する必要があります。

しかし、リスクリワードが高いと取引機会が少なくなってしまう可能性もあるため、「1:1」以上が必須、なるべく「1:2」の条件で取引するのが理想的です。

また、安定した利益を得るにはリスクリワード通りの取引を実施することが重要になります。

損切りを徹底して損小利大を意識するなど、リスク管理の徹底も忘れないようにしましょう。

-テクニック
-, , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.