FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXの2WAY注文とは?特徴とメリット・デメリットを解説!

投稿日:2019年10月18日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXの注文方法には、指値注文や成行注文などいくつかの注文方法があります。

注文方法を色々と調べていると、2WAY注文という注文方法を見つけて、指値注文や成行注文とどこが違うのか気になった人もいると思います。

2WAY注文とはどのような注文方法のことなのでしょうか?

そこで今回は、FXの注文方法の1つである2WAYはどのような注文方法なのか、その特徴とメリット・デメリットについて解説します

FXの2WAY注文とは

FXの2WAY注文とは

FXは、現在の為替と比べて将来どのような変動が生じるか予想して取引することで利益を得ます。

取引する際の注文方法には、指値注文や成行注文という代表的な注文方法のほかに、2WAYという注文方法もあります。

2WAY注文とは、画面に表示されている「BID(売り注文)」と「ASK(買い注文)」の2つのボタンを押すだけで簡単に注文できる注文方法です。

2WAY注文は、指値注文の「指定した価格で約定できる」というメリットと、成行注文の「すぐに約定できる」というメリットの2つを組み合わせた注文方法と言えます。

2WAY注文は、FX業者によって名称が異なっています。外貨どっとコムはマーケット注文、DMM FXや外貨ジャパンは即時注文(ストリーミング)、外貨オンラインやアイネット証券はクイックトレード、SBI FXトレードは2WAY注文です。

基本的には成行注文で、スリッページと呼ばれる多少のズレを許容するという取引方法が2WAY注文と言えます。

では、指値注文と成行注文とはどのような注文方法なのでしょうか?それぞれの注文方法について見ていきましょう。

指値注文とは

指値注文とは、購入する為替または売却する為替の価格と通貨量を指定する注文方法です。

例えば、「米ドルと円のペアを10,000通貨、108.00円で購入する」という注文方法が指値注文です。

指値注文では、自分の指定した価格に為替が到達するまで約定することはありません。

意図していない価格で勝手に約定しないため、安心して取引できるというメリットがあります。

一方、価格に到達するまで約定しないということは、約定しないままどちらか一方に変動が偏ることでチャンスを逃すデメリットがあります。

損切りする場合に指値注文を用いると、約定しないまま損失が拡大する可能性があるので注意が必要です。

今すぐに約定させたい場合には、指値注文ではなく成行注文を選んだ方が良いと言えるでしょう。

成行注文とは

成行注文とは、約定させたい通貨量だけを指定する注文方法です。

例えば、「米ドルと円のペアを10,000通貨で購入する」という注文方法が成行注文です。

成行注文では、価格を指定せずに注文するため、注文した時点で表示されている価格で約定します。

注文した通貨量は確実に約定するため、急いで購入したいまたは売却したいというトレーダーの思いを実現できるというメリットがあります。

一方、価格指定できないため、為替が急に変動した場合には予想外の価格で約定するというデメリットがあります。

板が薄い時間帯や為替変動が不安定な状況で成行注文を用いると、予想外の価格で注文が約定するリスクが高くなるので注意が必要です。

今すぐに約定させたい場合にはおすすめですが、メリットとデメリットをよく理解して、その時の為替相場の状況に合う注文方法を選ぶことが重要と言えるでしょう。

2WAY注文のメリット

2WAY注文のメリット

2WAY注文とは、指値注文と成行注文のメリットを組み合わせた注文方法と言いましたが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

2WAY注文の主なメリットは以下の2つです。

  • スプレッドの状況が分かりやすい
  • スリッページを防げる

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

スプレッドの状況が分かりやすい

FXは、BID(売り注文)とASK(買い注文)の価格が同じではありません。

双方には事前に価格差が設けられており、これらの価格差のことをスプレッドと呼びます。

スプレッドとは、事実上のFX業者が得る手数料のことです。

このスプレッドは固定されているのが一般的ですが、急な為替変動が生じた時や板が薄い時間帯はスプレッドが拡大している可能性があります

スプレッドが拡大している状況に気づかないまま取引すると、約定したタイミングで抱えている損失が通常時よりも大きくなります。

しかし、2WAY注文ではBID(売り注文)とASK(買い注文)が横並びであるため、通常時と比べてスプレッドが拡大していてもすぐに把握することが可能です。

2WAY注文であれば、スプレッド拡大による損失を防げるでしょう。

スリッページを防げる

スリッページとは、注文時に表示された価格から滑って、想定していた価格よりも高いまたは安い価格で約定することです。

為替は、細かく変動しているため、少しのタイミングのズレでも約定する価格に差が生じます。

そのため、価格を指定しない成行注文ではスリッページリスクが高くなります。

しかし、2WAY注文は許容できるスリッページ幅を設定することが可能です。

スリッページ幅の範囲を超えれば約定しない、範囲内であれば必ず約定するため、スリッページリスクや約定しないことでチャンスを逃すことも抑えられるでしょう。

2WAY注文のデメリット

2WAY注文のデメリット

2WAY注文にはスプレッドの状況が分かりやすい・スリッページを防げるというメリットがありましたが、デメリットはあるのでしょうか?

2WAY注文の主なデメリットは以下の2つです。

  • 成行注文よりも取引が成立しにくい
  • 両建てを設定する必要がある

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

成行注文よりも取引が成立しにくい

成行注文は、注文した通貨量分の取引が必ず成立します。

しかし、2WAY注文の場合には、スリッページの条件を厳しく設定していれば取引が成立しにくくなるというデメリットがあります。

例えば、スリッページをとにかく防ぎたいからという理由で、スリッページを「0」に設定している場合は、表示されている価格から少しでも変動が生じれば約定しません。

そのため、取引を成立させるには、どこまでスリッページの許容範囲を広げるかが重要と言えますが、広げるとスリッページリスクが高くなるので加減が難しいと言えるでしょう。

両建てを設定する必要がある

それぞれのFX業者ごとに設定が異なっている場合がありますが、2WAY注文では初期設定で両建てになっていない可能性があります。

両建てとは、同時に買いポジションと売りポジションの両方を持つことができる注文方法です。

為替変動がどちらに生じるか分からない時のリスクを軽減するために用いる手段ですが、両建てになっていないまま反対注文を行うと保有中のポジションが決済されてしまいます。

両建てを予定している場合には、2WAY注文が両建てできるようになっているかあらかじめ確認する必要があります

2WAY注文がどのようなものか分からずに用いると、思わぬ損失を抱える可能性があるので注意しましょう。

まとめ

まとめ

FXには、指値注文や成行注文だけでなく、2WAY注文といった様々な注文方法があります。

2WAY注文は、「BID(売り注文)」と「ASK(買い注文)」の2つのボタンを押すだけで簡単に注文できる注文方法なので、初心者でも利用しやすい注文方法です。

しかし、2WAY注文には、スプレッドの状況が分かりやすい・スリッページを防げるというメリットがある一方、成行注文よりも取引が成立しにくい・両建てを設定する必要があるというデメリットがあります。

2WAY注文を用いたことで予想外の損失を生じさせないためにも、メリットとデメリットをよく理解してから取引に用いるようにしましょう。

-テクニック
-, , , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.