FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXの重要項目!トレンドラインの引き方を徹底解説!

投稿日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXで安定した利益を得るには、どのような為替変動がこれから生じるのか予想して、その正解率を上げる必要があります。

しかし、為替変動を先読みすると言っても、簡単に先読みできるものではないため、トレンドラインなどを駆使しながら正解率を上げていくことが重要です。

そこで今回は、FXで安定した利益を得る上で重要なトレンドラインの引き方について解説します

FXで重要なのはトレンドラインの引き方

FXで重要なのはトレンドラインの引き方

FXでは為替がこの先上がるか下がるかを予想しながら取引して差益を得ますが、先読みが外れた場合は損失を抱えることになります。

「上がるか下がるかを予想するだけなら勝率は50%なので2回に1回は勝てる」と思った方もいるかもしれませんが、50%のハズレを2回連続で引く可能性もあります。

そのため、FXで安定した利益を得るには、直感で当てるのではなくテクニカル分析などを駆使して勝率を高めることが重要です。

テクニカル分析の中で最もシンプルで重要なのがトレンドラインです。

トレンドラインは上昇トレンドラインと下降トレンドラインの大きく2つに分類されます。

それぞれのトレンドラインの引き方について見ていきましょう。

上昇トレンドラインは安値同士

1つ目は、上昇トレンドラインの引き方です。

チャートにローソク足を出現させ、安値同士を結んでできた線が右肩上がりになっていれば上昇トレンドラインの完成です

上昇トレンドラインがハッキリ現れている場合は、強い買い圧力が働いていることを意味します。

一時的に右肩下がりになっても買いサポートで支えられるため、買いポジションで取引に参加すれば、リスクを抑えながら利益を積み重ねていくことが期待できます。

トレンドラインは取引量の多いメジャー通貨でハッキリ現れやすい傾向があります。

一方、マイナー通貨は変動が急であるなど不安定なことが多いため、トレンドラインがハッキリ現れにくいと言えます。

トレンドラインで取引を判断する際は、メジャー通貨を選ぶようにしましょう。

下降トレンドラインは高値同士

2つ目は、下降トレンドラインの引き方です。

チャートにローソク足を出現させ、高値同士を結んでできた線が右肩下がりになっていれば下降トレンドラインの完成です

下降トレンドラインがハッキリ現れている場合は、強い売り圧力が働いていることを意味します。

一時的に右肩上がりになっても売り圧力で押されるため、売りポジションで取引に参加すれば、リスクを抑えながら利益を積み重ねていくことが期待できます。

高値同士・安値同士を結んで水平になっている場合には、トレンドが発生していないレンジ状態です。

レンジ状態の場合にはレンジに合わせて取引をするか、レンジが終わって大きなトレンドが現れるまで待つか戦略を練っておく必要があるでしょう。

トレンドラインを引くことのメリット

トレンドラインを引くことのメリット

トレンドラインを引くと、上昇傾向か下降傾向か判断しやすくなることがメリットとして挙げられましたが、他にメリットはあるのでしょうか?

トレンドラインを引くメリットは以下の3つです

  • 損切の判断がしやすくなる
  • 利益を伸ばしやすくなる
  • エントリーポイントが判断しやすくなる

それぞれのメリットについて見てきましょう。

損切の判断がしやすくなる

1つ目のメリットは、損切の判断がしやすくなることです。

FXでは、勝率が高くても1回の損が大きいと安定した利益を得られないため、損切りの判断をしっかりと行うことが重要です。

トレンドラインの引き方を覚えて使いこなせれば、上昇トレンドラインの買いサポートや下降トレンドラインの売り圧力を抜けるなど、トレンド転換のタイミングを読めるようになります

トレンド転換後は損が拡大する可能性が高いため、トレンドラインを少し抜けたところで損切りを設定しておけば、損を最小限に抑えられるでしょう。

利益を伸ばしやすくなる

2つ目のメリットは、利益を伸ばしやすくなることです。

上昇トレンドでは、安値のラインが買いサポートになるため、安値のラインに到達するタイミングで買いポジションを持てば利益を伸ばしやすくなります。

反対に、下降トレンドでは、高値のラインが売り圧力になるため、高値のラインに到達するタイミングで売りポジションを持てば利益を伸ばしやすくなります。

引き方さえ覚えれば、後はラインに沿って取引するだけなので初心者でも利益を伸ばしやすいと言えるでしょう。

エントリーポイントが判断しやすくなる

3つ目のメリットは、エントリーポイントが判断しやすくなることです。

上昇トレンド中でも、高値でエントリーして途中でトレンド転換すれば損を抱えてしまいます。

しかし、トレンドラインの引き方を覚えて使いこなせれば、エントリーポイントを間違うリスクを最小限に抑えることが可能です。

1つ上の見出しでも触れたように、利益を伸ばしやすいということはエントリーポイントが合っていることを意味します。

「トレンドラインに触れる=エントリーポイント」と事前に決めておけば、無駄にエントリーしてリスクを高めることなく、安定した利益を得られるでしょう。

トレンドラインで重要な2つのポイント

トレンドラインで重要な2つのポイント

トレンドラインをうまく使いこなすには、とにかくチャートを見ながら線を引けばいいというものではありません。

引き方をしっかりと覚えてどう使えばいいのか理解することが重要です。

トレンドラインを使いこなすには以下の2つのポイントがあります

  • 下値支持線と上値抵抗線を意識する
  • 1度引いて終わりではなく引き直す

それぞれのポイントについて見ていきましょう。

下値支持線と上値抵抗線を意識する

1つ目のポイントは、下値支持線と上値抵抗線を意識することです。

上昇トレンド中に、下値支持線だけを意識しても利確のポイントがどこか判断できません。

下降トレンド中に、上値抵抗線だけを意識しても同様です。

トレンドラインをうまく使いこなすには、下値支持線と上値抵抗線を意識しながらエントリーポイントや利確ポイントを探ることが重要です

下値抵抗線は買いサポート、上値抵抗線は売り圧力を意味しますが、それぞれ抜けたからと言って必ずトレンド転換が起きるわけではありません。

一時的に抜けた可能性もあるため、慎重にエントリーすることを忘れないようにしましょう。

1度引いて終わりではなく引き直す

2つ目のポイントは、1度引いて終わりではなく引き直すことです。

ローソク足の安値同士や高値同士を結んでトレンドラインを引きますが、チャートは毎日情報が書き換わるものであるため、適宜引き直す必要があります

また、安値同士と高値同士というトレンドラインの引き方が分かっても、どこの安値同士と高値同士を引くかでトレンドラインは大きく異なります。

トレンドラインは、1つだけとは決まっておらず、複数本引くことが可能です。

1本だけではなく複数本のトレンドラインを引く、適宜トレンドラインを引き直すといった工夫をすれば、他のトレーダーのエントリーポイントを予測しやすくなります。

その結果、トレンドラインの精度が上がるため、より安定した利益を得やすくなるでしょう。

まとめ

まとめ

FXで少しでも勝率を高めるには、トレンドラインを引いて相場がどのような状況にあるのかを把握しながら取引することが重要です。

トレンドラインを引くと言っても、引き方が分からなければ意味がありません

しっかりと引き方を覚えるほか、下値支持線と上値抵抗線を意識する・1度引いて終わりではなく適宜引き直すといったポイントを押さえれば、より安定した利益につなげられるでしょう。

-テクニック
-, , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.