FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXにおいてウェッジは有効?ウェッジパターンの攻略方法とは

投稿日:2019年10月20日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXで継続的に安定した利益を得るには、為替変動の予想精度を高めて勝率を高く維持することが重要です。

予想精度を高める方法にはテクニカル分析やファンダメンタルズ分析がありますが、それらの分析手法の1つにウェッジがあります。

ウェッジとはどのような分析手法なのでしょうか?

そこで今回は、FXにおいてウェッジは有効なのか、ウェッジパターンの攻略方法について解説します

FXにおいてウェッジは有効?

FXにおいてウェッジは有効?

FXは世界中の取引所が重なり合うように開場・閉場を繰り返しているため、土日を除いて24時間取引できます。

日中働いていて資産運用の時間を確保できないサラリーマンでも、取引しやすい環境が整っていることから人気の資産運用の1つです。

FXでは、将来的に為替が上がっているか下がっているかを予想してエントリーすることで差益を得ます。

そのため、予想精度を高めることができれば、継続的に安定した利益が期待できます。

ウェッジは、チャートパターンから次にどのような為替変動が生じるか予想する分析方法の1つです

見た目的に分かりやすいため、知識や経験の少ないFX初心者でも使いやすい分析手法と言えます。

分析手法はテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の2つに分類されます。

それぞれの分析方法がどのような方法なのか詳しく見ていきましょう。

テクニカル分析とは

テクニカル分析とは、為替変動のチャートパターンから次にどんな為替変動が生じるのか予想する分析手法です。

ウェッジもテクニカル分析の1つですが、FXの取引にテクニカル分析を用いることで、エントリーのタイミングや相場の状況を判断しやすくなります。

また、テクニカル分析は、FX取引に参加しているトレーダーの心理状態も読み取ることも可能です。

短期的な為替変動は市場心理に左右されやすいことから、スキャルピングやデイトレードなどの短期的な取引を行う人に欠かせない分析手法と言えるでしょう。

ファンダメンタルズ分析とは

ファンダメンタルズ分析とは、為替変動に直接影響を与える通貨を発行している国の経済指標や国際情勢などからどんな為替変動が生じるのか予想する分析手法です。

例えば、国の雇用統計が予想より良かった際は、経済状況が良いと判断されて、その国の通貨が買われる傾向があります。

また、テロといった地政学的リスクが高くなった場合には、マイナー通貨ではなくメジャー通貨やそのようなリスクに強い通貨が買われます。

このように、ファンダメンタルズ分析は為替変動に直接の影響を与えますが、あらかじめ予想が発表されているため、短期的な為替変動にはあまり大きな影響を与えません。

しかし、予想とは異なるサプライズ結果や急に地政学的リスクが高まった場合は、短期的な為替変動にも影響を与えます。

長期的な取引であるスイングトレードを行う人だけでなく、スキャルピングやデイトレードなどの短期的な取引を行う人も確認しておくことが重要と言えるでしょう。

上昇ウェッジを見分ける方法とは

上昇ウェッジを見分ける方法とは

ウェッジとは、チャートの値幅が徐々に狭くなっていき、最終的に先端がとがった形になるチャートです。

ウェッジは上昇ウェッジと下降ウェッジの2つに大きく分けられます。

また、上昇ウェッジは反転パターンとトレンド継続パターンの2つに大きく分けられます。

それぞれのパターンの見分け方とエントリーの方法について詳しく見ていきましょう。

反転パターン

上昇ウェッジの反転パターンは、トレンドの天井圏で出現しやすいという特徴があります。

反転パターンでは、徐々に下値と上値を切り上げながらチャートの値幅が収束していって、最終的に先端がとがります

上昇トレンドが継続しているため、ある程度の買いサポートはあるものの、少しずつ勢いが弱まってきている状態です。

買いサポートがなくなると、上昇トレンドから下降トレンドに切り替わるため、反転するタイミングを見極める手法として用いられています

トレンド継続パターン

上昇ウェッジの反転パターンはトレンドの天井圏で生じやすいという特徴がありましたが、トレンド継続パターンは下降トレンドの途中の戻りで出現しやすいという特徴があります

下降トレンドの継続中に高値も安値も切り上げながら反転することから、下降トレンドの終了に一瞬見えますが、実際には異なります。

高値の切り上げ幅が少なく、トレンドを転換するの買いサポートがないため、結果的に下降トレンドが継続します。

ロングポジションのロスカット、新規の売りなどを巻き込むため、より下降トレンドが勢いづきます。

エントリー方法

上昇ウェッジでエントリーする際は、チャートが少しずつ狭くなっていく中で描いていく三角形をブレイクまたは明確に三角形を突き抜けてから売りでエントリーします

しかし、ブレイクと同時にエントリーすると、単に一時的なブレイクで元のレンジに戻る可能性もあるので注意が必要です。

騙しになる可能性もあるため、利幅は小さくなりますが、明確に三角形を突き抜けたことを確認してからのエントリーでも遅くはないと言えるでしょう。

下降ウェッジを見分ける方法とは

下降ウェッジを見分ける方法とは

上昇ウェッジに反転パターンとトレンド継続パターンがあったように、下降ウェッジにも反転パターンとトレンド継続パターンの2つあります。

それぞれのパターンの見分け方とエントリーの方法について詳しく見ていきましょう。

反転パターン

上昇ウェッジの反転パターンは、トレンドの底値圏で出現しやすいという特徴があります。

反転パターンでは、徐々に下値と上値を切り下げながらチャートの値幅が収束していって、最終的に先端がとがります

下落トレンドが継続しているため、ある程度売り圧力が続いているものの、勢いが弱まっている状態です。

売り圧力がなくなると、下降トレンドから上昇トレンドに切り替わるため、反転するタイミングを見極める手法として用いられています。

トレンド継続パターン

下降ウェッジの反転パターンはトレンドの底値圏で生じやすいという特徴がありましたが、トレンド継続パターンは上昇トレンドの途中の戻りで出現しやすいという特徴があります

上昇トレンドの継続中に高値も安値も切り下げながら反転することから、上昇トレンドの終了に一瞬見えますが、実際には異なります。

安値の切り下げ幅が少なく、トレンドを転換するほどの売り圧力がないため、結果的に下降トレンドが継続します。

ショートポジションのロスカット、新規の買いなどを巻き込むため、より上昇トレンドが勢いづきます。

エントリー方法

下降ウェッジでエントリーする際は、チャートが少しずつ狭くなっていく中で描いていく三角形をブレイクまたは明確に三角形を突き抜けてから買いでエントリーします

しかし、ブレイク後すぐのエントリーは上昇ウェッジの場合と同様、騙しになる可能性があるので注意が必要です。

騙しになる可能性もあるため、利幅は小さくなりますが、明確に三角形を突き抜けたことを確認してからのエントリーでも遅くはないと言えるでしょう。

まとめ

まとめ

FXで安定的に継続した利益を得るには、為替変動の予想精度を高めることが求められます。

ウェッジも予想精度を高める分析手法の1つですが、上昇ウェッジ・下降ウェッジともに、反転パターンのエントリーは逆張りになります

逆張りで判断を誤ってしまうと、トレンドの継続で大きな損失を抱える可能性があるので注意が必要です。

ウェッジを使って予想する際には、他の分析手法なども組み合わせながら判断が間違っていないか確認してからエントリーするように心がけましょう。

-テクニック
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.