FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXのヘッドアンドショルダーとは?トップとボトムの違いも解説

投稿日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FX取引では、チャートを分析して取引やエントリーのタイミングを見極めることが、利益を得るためにとても大切です。

チャート分析の方法には様々なものがあり、初心者の方にとってどの分析方法がどれくらい重要かを判断することは少し難しいかもしれません。

今回ご紹介するチャート分析の手法の一つ「ヘッドアンドショルダー」は、FX取引において最も重要とも言えるチャートのパターンです。

チャート上に出現するヘッドアンドショルダーを見極めることができた場合、非常に確度が高い取引をすることができるでしょう。

FXのチャート分析の基本として、実際に取引を開始する前にヘッドアンドショルダーについて知っておくことをオススメします

ヘッドアンドショルダーとは?

FXチャートの中でもとても有力であると言われているパターンの一つです。

まず、ヘッドアンドショルダーは「トレンド終盤で発生する」という特徴を覚えておくようにしましょう。

トレンドが終盤にさしかかると必ず出現するパターンではありませんが、トレンド終盤でヘッドアンドショルダーを確認することができた場合、非常に確度が高いエントリーをすることが可能になります。

トレンドが発生しているときにしか出現することがないパターンで、レンジ相場でヘッドアンドショルダーの出現を待っていても、目にすることはできません

トレンドが発生しているとき、トレンドの終盤のみで確認できる、ということを頭においておきましょう。

ヘッドアンドショルダーにはトップとボトムがあるので、それぞれの特徴をご紹介します。

ヘッドアンドショルダートップとは?

ヘッドアンドショルダートップは、三尊とも呼ばれます。

上昇トレンドの終盤で発生し、レフトショルダー・ヘッド・ライトショルダーの3つの山で構成されており、3つの山が人の形をしているように見えます。

レフトショルダーが上昇トレンドの中で高値を更新した後にヘッドの部分がさらに高値を更新、次に出現するライトショルダーはヘッドの高値を超えることはありません。

上昇トレンドの終盤に発生するパターンであると覚えておきましょう。

ヘッドアンドショルダーが発生すると、ライトショルダーを構成した後に価格は下落し続け、ネックラインを超えて下降することで上昇トレンドが終了したことを意味します。

ヘッドアンドショルダーボトムとは?

下降トレンドの中で発生するヘッドアンドショルダーボトムは、逆三尊とも言われます。

下降トレンドの終盤で発生し、左の谷を構成した後、一度反発してネックラインまで価格は上昇しますが、さらに価格は下落し、ヘッドの部分で一番深い谷を構成します。

その後、もう一度価格はネックラインまで上昇しますが、次に構成される谷はヘッドの部分よりも浅いものになります

ヘッドアンドショルダーボトムを構成した後、買いが増加することで価格はネックラインを超えて上昇していくことがほとんどで、下降トレンドの終了を意味しています。

ヘッドアンドショルダーはネックポイントが決め手

ヘッドアンドショルダーでは、ネックラインがサポートライン・レジスタンスラインとなっています。

ヘッドアンドショルダートップ・ボトムでもそれぞれネックラインを中心に構成されるでしょう。

ネックラインを超えることでエントリーのタイミングを見極めることが可能になります。

ヘッドアンドショルダーのエントリーポイント

チャート上でヘッドアンドショルダーのパターンが発生したときのエントリーポイントを知っておきましょう。

上昇トレンド・下降トレンドの終盤で発生するパターンですが、完全にヘッドアンドショルダーの形が形成された後にエントリーすることが大切です。

しかし、ヘッドアンドショルダーの形が完成してからすぐにエントリーするのではなく、ヘッドアンドショルダーの形ができた後、さらに一度レジスタンスラインであるネックラインで反発してからエントリーした方がさらに利益を確保できる確率が高くなります。

ヘッドアンドショルダーの形を形成した後にもう一度反発することで、ネックラインを超えて価格が大幅に変動することがより確実になったといえるでしょう。

ヘッドアンドショルダーでエントリー!利益確定ポイントとは

ヘッドアンドショルダーが発生した後にエントリーをして取引を行う場合、利益確定を見極めるポイントを知っておきましょう。

上昇トレンドでヘッドアンドショルダーが発生し、上昇トレンドが終焉を迎えた場合、ネックラインを下に超えるときがエントリーのタイミングですが、取引に成功するためには、だいたいどれくらいまで価格が下落するのかを想定して利益確定ラインを事前に決めておくことが重要です。

多くの場合、ヘッドアンドショルダーのヘッドの高値のラインとネックラインの幅と同じ幅下落すると言われています。

更に下落する可能性もありますが、最初に決めた利益確定ポイントで売買を実行しておきましょう。

反対に、下降トレンドの中で発生するヘッドアンドショルダーボトムでも、ヘッドの安値ラインからネックラインまでの幅と同じ幅上昇すると考えられるため、あらかじめ利益確定ポイントを設定しておきましょう。

まとめ

まとめ

今回はFXのチャート分析方法の一つであるヘッドアンドショルダーについてご紹介しました。

ヘッドアンドショルダーはトレンドの終盤に発生するチャートのパターンです。

ヘッドアンドショルダーが発生した場合、大きく相場が変動することが予想できるでしょう。

利益を確保できる可能性が非常に高くなるチャートのパターンなので、FXの基本として知っておくことをオススメです。

また、ヘッドアンドショルダーが発生した場合、エントリーと同時に利益確定ポイントの設定もしておきましょう。

事前に決めた利益確定ポイントは、変更することなく売買を実行することが大切です。

-テクニック
-, ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.