FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXの両建てが必勝法って本当?知っておくべきデメリットとは

投稿日:2019年3月31日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FX取引をしていると、「なかなか思うように利益が出せない」「何か良い方法はないのだろうか」と悩みを抱えている方も多いでしょう。

「FXは両建てが最強だ」とか「両建てで勝てる」など、「FX 必勝法」とネットで検索すると、「両建て」に関するさまざまな情報が出てきます。

つまり、必勝法として挙がっている取引方法のひとつに「両建て」というものが、トレーダーのみなさんがかなり気にされています。

ご自身の大切なお金を使ってトレードしているので、「必勝法があるなら知りたい!」と思うのが当然です。

しかし、「両建て」は本当に必勝法なのでしょうか

メリット・デメリットを踏まえて、比較してみましょう。

初心者にこちらもオススメ
【初心者必見!】初めてFX取引を行う人におすすめの勉強法3選

この記事の監修 株式会社インベストメントカレッジ  吉田健吾 累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介 ...

続きを見る

FXの「両建て」とは?どのような取引方法?

両建てとは、「買い」と「売り」のポジションを同時に持つことを指します。

買いと売りの両方のポジションを持つことで、相場が上がっても下がっても利益と損失が相殺されます。

よって、利益も損失も発生しません

両建てのメリットとは?

両建てのメリットとは?

利益も損失もないのであれば、「両建てする意味がないのでは?」と思われるかもしれません。

しかし、両建ての条件やタイミングが合えば次のようなメリットが得られます。

相場の変動に対応できる

為替相場は上がったり下がったりを繰り返しています。

この相場がどちらに動くのか予想が当たれば利益が出ますし外れたら損をしますが、両建てすることで必ずどちらか一方の予想は当てることができます

つまり、両建てを活用すれば為替相場がどちらに動いても利益が狙えるということです。

上昇トレンドを例に考えてみましょう。

例えば、相場が上昇傾向にあると考え、買いポジションを持ったとします。

上昇すれば利益が出ますが、予想が外れ、相場が下落しました。

このままでは含み益が徐々に減少していきますし、下落し続ければ含み損が出てしまう可能性もあります。

ここで両建てをして、売りのポジションも持ちます。

両建てすることで、このあと相場が下落したとしても買いの損失も増えますが、売りのポジションを持っているため、売りの利益も増加します。

相場が下落から上昇に変わったタイミングで売りのポジションは決済しましょう。

さらに残った買いのポジションは、相場が上がり利益が損失を上回った時点で決済します。

このように相場がどちらに動いたとしても、決済のタイミング次第で利益を出すことが可能です。

強制決済の可能性が低くなる

損失の拡大を防ぐためにFX会社の取引ルールとして、損失が一定の基準に達したときに強制的に決済される「強制ロスカット」というものがあります。

FX取引をする際、証拠金を預けなければなりませんが、この証拠金より損失が大きく上回ると強制決済される仕組みです。

FX会社によって強制ロスカットが行われる基準は異なりますが、急激な相場変動があった場合などに強制ロスカットの可能性が高くなります。

損失が自動的に確定してしまいますので、絶対に避けなければならない事態です。

たとえ予測できない相場変動があったとしても、両建てすることで基本的にはそれ以上の損失は発生しないため、強制ロスカットを防ぐことができます

合わせてチェック
FXに潜む罠とは?FX初心者が特に気をつけるべき6つの罠

この記事の監修 株式会社インベストメントカレッジ  吉田健吾 累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介 ...

続きを見る

両建てのデメリットとは?

両建てのデメリットとは?

実はFX会社の公式サイトを見ると、両建てを推奨していない旨の記述があるところがほとんどです。

最初から両建ての注文方法が設定されていないFX会社もあります。

では、両建てにはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

主に次の3つが挙げられます。

コストが2倍かかる

買いと売り、2つのポジションを持つことになるので、かかるコストも2倍です。

FX取引では「スプレッド」と呼ばれる売値と買値の価格差が手数料として発生したり、取引する際には証拠金が必要だったりと、それぞれのポジションで取引コストがかかります。

会社によっては取引手数料などが設けられている場合もありますので、さらに費用がかかるケースも考えられます。

また、大きな値上がりが期待できない短期のトレードで両建てをしてしまうと、利益よりスプレッドが上回り、結果的にマイナスの取引になってしまう可能性もあります

決済のタイミングを見極めるのが難しい

両建ては2つのポジションの決済を行う必要があります。

利益と損失のバランスを見て決済のタイミングを見極めなければならず、特にFX初心者には難易度が高いでしょう。

一度タイミングを逃してしまうと、損が出ているポジションを長期間手放せず放置することになりかねません。

ポジションを外したいけれどできないという心理的ストレスが大きくなり、正しい判断ができなくなってしまいます。

両建てしてポジションを持ち続けるくらいなら、「予想が外れたら損切りして、これ以上のリスクを減らす」と自分の中でルールを決めておくと良いでしょう。

スワップポイントで損をする場合がある

取引で発生する通貨の金利差による差益のことを「スワップポイント」といいます。

FX会社ごとにスワップポイントは異なりますが、保有している通貨によってはスワップポイントが毎日もらえたり、逆に支払いが発生したりする場合もあります。

例えば、買いのスワップポイントが60円、売りが-100円に設定されていると、-40円のスワップポイントが発生し、保有する期間が長ければ長いほど損失も膨れ上がるということです。

多くのFX会社がマイナススワップの方が上回るように設定されているため、両建てすると毎日支払いが発生することになり、損するリスクが高くなります。

いざ実践!FXで効果的な両建ての必勝法!

いざ実践!効果的な両建てテクニック

ここまでの説明を見ると、デメリットの方が目立っていましたが、効果的に両建てをすることで利益を出すことも可能です。

2社を利用した両建て

先ほど両建てのデメリットとして、スワップポイントがマイナスになり損するケースが多いと説明しました。

しかし、1つの会社ではなく2社で両建てをすることで、差額を受け取ることができる場合があります。

例えば、A社の買いのスワップポイントが80円で、B社の売りのスワップポイントが-60円だったとしたら、差額の20円がプラスになる計算です。

事前にFX会社のスワップポイントを比較したり、取引手数料などの取引コストがどのくらいかかるか調べたりする必要はありますが、比較的リスクを抑え資産を増やすことが可能です。

ただし、放っておけば確実に利益が出るわけではありませんので、スワップポイントの変動や強制ロスカットにならないよう証拠金維持率に注意しておく必要があります。

トレンド相場での両建て

例えば、上昇トレンドになると予想し、買いのポジションを持ったとします。

買いのポジションはトレンドが終わるまで保有しておきながら、短期で売りのポジションを持つことで、さらに利益を得られる可能性がでてきます。

FX取引において有効な方法ではありますが、売りと買いのタイミングがバラバラで取引が複雑になるため、初心者にはあまりおすすめできません

また、トレンド相場での両建てで利益を上げるためには、相場の動きを予測できるだけの分析力を身につけていることが大前提となります。

まずは安定して利益を上げられるようにデモトレードを繰り返し行うなどして技術を磨きましょう。

もちろん分析力を磨いたとしても100%の勝率はありえませんので、予測が外れたときの対応が重要になります。

FX初心者ほど利益が少ししか出ていないタイミングで決済してしまったり、失敗を取り戻そうとなかなか損切りができなかったりする傾向にあります。

取引開始前に、自分の中で決済のタイミングをルールとしてきちんと決めておきましょう。

合わせてチェック
FXのトレンド相場とは?FXのトレンド相場の仕組みを徹底解説

この記事の監修 株式会社インベストメントカレッジ  吉田健吾 累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介 ...

続きを見る

まとめ

まとめ

結論、両建てをしたからといって必ず利益が出せるというわけではありません

ただし、FX取引を行っていく中の手法の一つとして上手く活用することで、利益に繋げることは可能です。

必勝法と聞くとすがりたくなる気持ちもよく分かります。

しかし、利益を出したいのであれば、まずはテクニカル分析やリスク管理などの適切な知識や経験を身につけ、土台をしっかりと固めることに時間を費やしましょう。

-テクニック
-, , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.