FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

初心者にビットコインFXはおすすめ?メリットデメリットとは

投稿日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

資産運用の経験が少ない初心者の中には、FXと聞くと為替取引を思い浮かべる人も多いでしょう。

しかし、ビットコイン取引もFXに含まれるのです。

これまで資産運用と聞くと、FXや株式投資といったものが多く挙げられていましたが、ビットコインFXも資産運用の一つの方法です。

そこで今回は、ビットコインFXのメリットとデメリット、リスクを徹底解説します。

ビットコインFXのことを理解して、安定した取引をしていきましょう。

初心者でもビットコインFXは問題ない

初心者でもビットコインFXは問題ない

FXは「Foreign Exchange」の英略で、「外国為替証拠金取引」を意味します。

つまりFXは、各国が発行している米ドルやユーロといった法定通貨が取引対象で、証拠金という一定の金額を預けておいて取引で生じた損益を決済時に受け渡す資産運用の1つです。

ビットコインFXも一般的なFXとほぼ変わらず、取引対象がビットコインに変わっただけです。

次にビットコインの価格が上がるのか下がるのか予想するために必要な、テクニカル分析・ファンダメンタル分析といった基本的な知識が備わっていれば、初心者でも問題なく運用を始められるでしょう。

ビットコインFXのメリットとは

ビットコインFXのメリットとは

先述したように、ビットコインFXは一般的な為替を対象としたFXと大差はありません

では、ビットコインFXにはどんなメリットがあるのでしょうか?

ビットコインFXのメリットは以下の4つです。

  • レバレッジを効かせられる
  • 売りからも取引できる
  • ハイリターンが期待できる
  • 毎日取引できる

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

レバレッジを効かせられる

メリットの1つ目は、レバレッジを効かせられるということです。

これは一般的なFXでも同じことですが、レバレッジを効かせられるというのは、少ない自己資金を効率良く運用できるということを意味しています。

例えば、株式投資では資金が10万円しかないと10万円以下の株式しか取引できませんが、ビットコインFXでは最大倍率が25倍の取引所で取引すると250万円までビットコインを取引できます。

ビットコインFXができる国内の取引所は、一般的なFX業者と同様に最大レバレッジ25倍という制限が加えられています。

制限が加えられていると言っても、少ない資金を効率良く運用できることに変わりはないため、運用経験が少ない初心者でも少額から始めやすいと言えるでしょう。

売りからも取引できる

メリットの2つ目は、売りからも取引できるということです。

株式投資では、実際に株式を手に入れてから売却するという手順になるため、買いからの取引しかできません。

しかし、証拠金取引であるFXでは、実際に取引対象を手に入れるわけではないため、買いからだけでなく売りからも取引できます

買いからの取引しかできない場合は、価格の上昇局面では安定した利益が期待できる一方、下降局面では取引しても損失を抱えてしまうため、ただ見ていることしかできません。

しかし、売りからも取引できるビットコインFXは、上昇局面のほか下降局面でも利益を狙えるため、より多くのチャンスを有していると言えるでしょう。

ハイリターンが期待できる

メリットの3つ目は、ハイリターンが期待できるということです。

一般的なFXで取引する為替は、あまり変動が大きいものではないため、レバレッジを効かせることによって大きな利益に変えられました。

ビットコインFXで取引するビットコインは、法定通貨とは異なり通常の価格変動が大きいにもかかわらず、レバレッジを効かせられます

つまり、レバレッジを効かせながら、価格変動が大きい株式投資をしているのと同じなので、ハイリターンが期待できます。

「一般的なFXではあまり大きな利益が出ない」という人でもビットコインFXであれば、より大きな利益が期待できるでしょう。

毎日取引できる

メリットの4つ目は、毎日取引できるということです。

株式投資は平日の9時~15時まで、一般的なFXは平日と祝日の24時間と取引できる時間や曜日に制限がありますが、ビットコインFXは毎日24時間取引が可能です。

株式投資は日中働いているサラリーマンは取引しにくく、一般的なFXは会社から帰宅後の限られた時間しか取引できません。

しかし、ビットコインFXはいつでも時間を気にせずに自由に取引できるのが大きなメリットと言えるでしょう。

ビットコインFXのデメリットとは

ビットコインFXのデメリットとは

ビットコインFXには、「レバレッジを効かせられる」「毎日取引できる」などのメリットがありますが、デメリットはあるのでしょうか?

ビットコインFXのデメリットは以下の3つです。

  • 価格変動が安定していない
  • スワップポイントがマイナスになる
  • ハイリスクである

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

価格変動が安定していない

デメリットの1つ目は、価格変動が安定していないということです。

一般的なFXは、取引対象である為替が発行している国の経済状況などで変動しますが、そこまでのネガティブサプライズもしくはポジティブサプライズがない限りは大きく変動しません。

しかし、ビットコインFXは、取引対象であるビットコインが仮想通貨という法定通貨とは異なり実体が明確でないため、価格変動が安定していません

そのため、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析だけでは判断できない変動が生じる可能性があるため、初心者が取引する際は急な変動に十分注意する必要があるでしょう。

スワップポイントがマイナスになる

デメリットの2つ目は、スワップポイントがマイナスになるということです。

FXにおけるスワップポイントとは、通貨間の金利差による利益を安定して毎日手に入れられるというものですが、ビットコインFXでもスワップポイントは得られるのでしょうか?

ビットコインは、発行元が存在しないので法定通貨のような金利というものも存在しません

しかし、ビットコインFXにもスワップポイントはあります。

ビットコインFXのスワップポイントとは、手数料などのコストを意味するのが一般的です。

そのため、為替を対象とした一般的なFXのように長期保有することでスワップポイントを安定して得ることができないだけでなく、長期保有するとマイナスのスワップポイントが発生することになるので注意しましょう。

ハイリスクである

デメリットの3つ目は、ハイリスクであるということです。

メリットの3つ目ではビットコインFXはハイリターンが期待できるということについて触れましたが、ハイリターンが期待できるということは裏を返せばハイリスクであることを意味しています。

例えば、ビットコインの変動予想が当たって65万円のビットコインが66万円になったとします。

通常は1万円の利益ですが、レバレッジ25倍で取引している場合には25万円の利益です。

しかし、65万円のビットコインが64万円になると25万円の損失となるため、利益だけでなく損失も大きくなることを覚えておく必要があります。

また、ビットコインFXを扱っている取引所は度々サーバー攻撃を受けるなどのトラブルが発生しています

2018年の1月26日には、日本の大手取引所の1つであるコインチェックで約580億円のNEM(ネム)が流出しました。

このトラブルでは、損失が補償されましたが、価格低下後の価格で保証されたので全額補償という訳にはいきませんでした

一般的なFXとは異なり、ビットコインFXはこのようなリスクも伴うため、十分にリスク管理をしながら取引をする必要があるでしょう。

まとめ

まとめ

資産運用の経験や知識が少ない初心者の中には、FXと聞いて為替取引のみを想像する人も多いかもしれませんが、ビットコイン取引もFXに含まれます。

ビットコインFXは、通常のFXと同様であるため、基本的な知識さえあれば資産運用の初心者でも問題なく取引できます

「24時間毎日取引できる」「ハイリターンが期待できる」といったメリットがある一方で、「価格変動が安定していない」「ハイリスクである」といったデメリットを伴うので注意が必要です。

安定した利益を得るためにも、ビットコインFXにどんなメリットとデメリットがあるのか理解しておく必要があります。

それだけでなく、サーバー攻撃といったトラブルへの対処がしっかりとしている取引所を選んでから取引を始めるようにしましょう。

-FX初心者
-, , , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.