FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXのRCIとはどんなもの?RCIについて分かりやすく解説

投稿日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXは次にどのような為替変動が生じるのか予想して取引することによって差益を得ます。

そのため、安定した利益を得るためには、予想精度を高めることが重要です。

テクニカル分析は予想精度を上げる手法の1つですが、テクニカル分析は数多くあるため、どれを選ぶべきかの判断が難しいと言えます。

RCIはそんなテクニカル分析の1つですが、どんなものなのでしょうか?

そこで今回は、FXのRCIとはどんなものなのか、RCIについて分かりやすく解説します

FXのRCIとはどんなもの?

FXのRCIとはどんなもの?

FXでは、為替が上がるか下がるか予想して売買することによって差益を得ます。

「上がるか下がるか予想するだけなら、コインの裏表と同様、勝率は50%なのでは?」と思った人もいるかもしれませんが、そうではありません。

コインの裏表は単純に2分の1の確率なので勝率は50%ですが、FXの為替変動には変動の要因が潜んでいるため、それを見抜くことができれば勝率を高めることが可能です。

そのため、FXで安定した利益を得るには、為替変動の予想精度を高めることが重要です。

では、どうすれば予想精度を高めることができるのでしょうか?

そこで登場するのがテクニカル分析です。

テクニカル分析とは、為替変動を表すチャートを見ながら次にどのような為替変動が生じるのかを予想する手法です。

RCIもそんなテクニカル分析の1つですが、テクニカル分析はトレンド系とオシレーター系指標の大きく2つに分類されます

それぞれの違いについて詳しく見ていきましょう。

トレンド系の指標とは

トレンド系の指標とは、次に生じる為替変動の方向性やトレンドの判断に用いられる指標です。

代表的なトレンド系の指標として、以下の4つが挙げられます。

  • ローソク足
  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • パラボリック

これらのトレンド系の指標を用いることで、次の為替変動の方向性が分かるため、順張りのトレードに適した指標と言えます。

オシレーター系の指標とは

オシレーター系の指標とは、買われ過ぎ売られ過ぎなど相場の過熱感の判断に用いられる指標です。

代表的なオシレーター系の指標として、以下の4つが挙げられます。

  • RSI
  • RCI
  • ストキャスティクス
  • MACD

これらのオシレーター系の指標を用いれば、相場の過熱感が分かることでトレンドの切り替わるタイミングを見抜きやすくなるため、逆張りのトレードに適した手法と言えます。

-100から100の範囲で推移する

RCIは-100から100の範囲内で推移します。

0を真ん中とすると、0から100までと0から-100までの上下に2分されます

変動が生じて価格が上昇した場合はRCIも上昇し、下落した場合はRCIも下落するという仕組みです。

RCIが0より上側であれば上昇トレンド、0より下側であれば下降トレンドが生じていると判断します。

そのため、RCIが0より上にある状況で買いエントリー、下にある状況で売りエントリーを行えば、安定した利益が期待できると言えるでしょう。

山と谷で判断する

RCIは0を基準に上側にあるか下側にあるかが1つの判断材料ですが、その値がどのようになっているかに着目することも重要です。

例えば、RCIが100に近づいて山が出来上がった場合には、為替相場が高値圏にあると判断できます。

また、-100に近づいて谷が出来上がった場合には、為替相場が底値圏にあると判断できます。

そのため、100に近づいた場合には買われ過ぎなのでそろそろ売りが出始めることから売りエントリー、-100に近づいた場合には売られ過ぎなのでそろそろ買いが出始めることから買いエントリーという戦略を立てることが可能です。

80から100を買われ過ぎ、-80から-100を売られ過ぎという目線で為替変動を見ていれば次にどのようなエントリーをすればいいか判断しやすいと言えるでしょう。

RCIを活用したトレード方法

RCIを活用したトレード方法

RCIがどのような指標なのかが分かったところで、実際にどのようにトレードに活用すればいいのでしょうか?

RCIを活用したトレード方法は以下の4つです。

  • シグナルに合わせる
  • ゴールデンクロスやデッドクロスに合わせる
  • トレンドに合わせる
  • 押し目や戻りを狙う

それぞれのトレード方法について詳しく見ていきましょう。

シグナルに合わせる

RCIが-100に近づいた状況で反転して上昇に転じた場合は、買いシグナルと判断できます。

このタイミングで逆張りの買いエントリーを行うことで、トレンド転換の波に乗ることが可能です。

また、RCIが0を下から上に突き抜けた場合も買いシグナルと判断できます。

次は順張りの買いエントリーを行うことでトレンドの波に乗ることが可能です。

RCIが100に近づいた状況で反転して下落に転じた場合は、売りシグナルと判断できます。

このタイミングで逆張りの売りエントリーを行うことで、トレンド転換の波に乗ることが可能です。

また、RCIが0を上から下に突き抜けた場合も売りシグナルと判断できます。

次は順張りの売りエントリーを行うことでトレンドの波に乗ることが可能です。

ゴールデンクロスやデッドクロスに合わせる

RCIは短期RCIと中期RCI、長期RCIの3種類あります。

短期RCIと中期RCIが長期RCIを下抜けた、つまりデッドクロスした時には売りエントリーです。

一方で、短期RCIと中期RCIが長期RCIを上抜けた、つまりゴールデンクロスした時には買いエントリーです。

短期RCIは中期や長期RCIと比べると変動が大きくなりやすく、ダマシが生じやすいので注意した方が良いと言えます。

短期RCIを考えずに、中期RCIと長期RCIのクロスだけを見ながらエントリーするのも1つの手段と言えるでしょう。

トレンドに合わせる

RCIが0を下から上に抜けた場合には買いシグナルなので買いエントリー、0を上から下に抜けた場合には売りシグナルなので売りエントリーと言いました。

RCIが0を下から上に抜けるということが上昇トレンドの始まりを意味し、0を上から下に抜けるということが下降トレンドの始まりを意味しているためです。

つまり、シグナルとトレンドは同じものと考えて問題ありませんが、短期RCIでトレンドを判断しようとするのはダマシが多いので注意が必要です。

RCIでトレンドを判断する際には、短期RCIではなく中期RCIや長期RCIを利用した方が、ダマシも少なく安定した利益が期待できるでしょう。

押し目や戻りを狙う

週足、日足、4時間足が全て下降トレンドになっている状況で、RCIが100に達した場合は買われ過ぎていると判断できるため、戻り売りを狙った売りエントリーがおすすめです。

週足、日足、4時間足が全て上昇トレンドになっている状況で、RCIが-100に達した場合は売られ過ぎていると判断できるため、押し目買いを狙った買いエントリーがおすすめです。

ただし、押し目買いや戻り売りは、相場とは反対方向にエントリーする逆張りであるため、1つ判断を誤ると大きな損失を抱える可能性があります

損切りラインを決めておくといったように、リスク管理をしっかりと行いましょう。

まとめ

まとめ

FXで安定した利益を得るためには、次にどのような為替変動が生じるかという予想精度を高めることが重要です。

精度を高める方法の1つにテクニカル分析がありますが、テクニカル分析はトレンド系とオシレーター系の2種類があります。

RCIはオシレーター系の指標の1つです。

RCIをFXのトレードに用いることによって、現在の為替相場が買われ過ぎなのか、売られ過ぎなのかを判断することが可能です。

うまく使いこなすことができれば、エントリーのタイミングや方向の精度を上げることができるため、安定した利益が期待できるでしょう。

-テクニック
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.