FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXのポジション比率って何?ポジション比率の活用方法を解説!

投稿日:2019年11月13日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXのトレードをしている人の中には、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析をうまく使いこなせず、反対のエントリーばかりで利益を出せずに悩んでいる人も多いと思います。

そのような人におすすめするのがポジション比率を使った取引です。ポジション比率とは何なのでしょうか?

そこで今回は、FXのポジション比率とは何なのか、ポジション比率をうまく活用した取引方法について解説します

FXのポジション比率って何?

FXのポジション比率って何?

FXのトレードで安定した利益を得るには、予想精度を高める必要があります。

予想精度を高める方法の1つにテクニカル分析がありますが、100種類を超えることからどれを使って取引すればいいか分からない人も多いと思います。

また、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を駆使すれば予想精度は高くなりますが、うまく使いこなせなければ反対方向へのエントリーが増えてしまうので注意が必要です。

そこでおすすめするのがポジション比率を活用した取引です。

ポジション比率とは何なのでしょうか?

取引に参加しているトレーダーのエントリー状況が分かる

ポジション比率は、取引に参加しているトレーダーのエントリー状況が分かる重要な為替変動の判断材料です。

FX業者が提供しているのが一般的で、ポジション比率を確認することで他のトレーダーのポジションが買いと売りのどちらを多く持っているかが分かります。

他にも、どの価格帯に買いと売りが集中しているのかも分かります。

例えば、買いポジションを持っている人が多いということは将来的に為替が上がると予想している人が多いことを意味するため、買いでのエントリーを根拠づける要因です。

ポジション比率を確認するだけで簡単なので、FXの知識や経験がないFX初心者でも気軽に取引できるでしょう。

ポジション比率をうまく活用した取引方法とは

ポジション比率をうまく活用した取引方法とは

ポジション比率を確認することで、他のトレーダーのポジションが買いと売りのどちらが多いのか、どの価格帯に買いと売りが集中しているのかが分かりますが、どのように取引に活かせばいいのでしょうか?

ポジション比率をうまく活用した取引方法として以下の3つが挙げられます。

  • ポジション比率の高いエントリーと同じエントリーをする
  • ポジション比率の高いエントリーと逆のエントリーをする
  • 保有者の多い価格帯をレンジと判断してエントリーする

それぞれの取引方法について詳しく見ていきましょう。

ポジション比率の高いエントリーと同じエントリーをする

ポジション比率が高いということは、変動が将来的にそのようになると予想している人が多いことを意味します

そのため、ポジション比率が低いエントリーと同じエントリーではなく、ポジション比率が高いエントリーと同じエントリーをするのが良いと言えるでしょう。

ポジション比率の高いエントリーと逆のエントリーをする

ポジション比率が高いということは、それらのポジションが将来的に売り圧力や買い圧力になることを意味します

最初のうちは、ポジション比率の高いエントリーと同じ方向に為替変動が生じる可能性が高いですが、ある程度同じ方向に為替変動が生じた後に勢いを失い始めると、決済によってトレンドが転換します。

そのタイミングに合わせて、ポジション比率の高いエントリーと逆のエントリーをするのも1つの選択肢と言えるでしょう。

保有者の多い価格帯をレンジと考えてエントリーする

ポジション比率を確認することで、買いと売りのどちらのポジションが多いか分かるほか、どの価格帯に売りと買いが多いかも分かります

売りと買いの多い価格帯はそれぞれレジスタンスラインとサポートラインになる可能性が高いため、レンジ相場と同様の戦略を練るという方法も。

売りの多い価格帯では売りエントリー、買いの多い価格帯では買いエントリーすることで安定した利益が期待できるでしょう。

ポジション比率を活用した取引の3つの注意点

ポジション比率を活用した取引の3つの注意点

ポジション比率は、取引に参加しているトレーダーのエントリー状況が分かるため、重要な相場の判断材料の1つです。

しかし、ポジション比率を活用した取引を行う際には、以下の3つの注意点を覚えておく必要があります。

  • 全てのFX業者がポジション比率を公表しているわけではない
  • FX業者によってポジション比率は異なる
  • リアルタイムではない可能性がある

それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

全てのFX業者がポジション比率を公表しているわけではない

ポジション比率を公表している主なFX業者は以下の通りです。

  • DMM FX
  • 外貨ジャパン
  • みんなのFX
  • SBI FXトレード
  • マネーパートナーズ
  • OANDA

他にもポジション比率を公開しているFX業者はありますが、全てのFX業者がポジション比率を公開しているというわけではありません

また、公開していても、ポジション比率だけしか公開しておらず、価格帯を公表していないFX業者もあります。

各FX業者でサービスは大きく異なるため、事前に確認してから口座を開設しましょう。

FX業者によってポジション比率は異なる

FX業者ごとに公表されているポジション比率は、各社のシステムを利用して取引しているトレーダーのポジション比率です。

トレーダーが少ないFX業者では、相場の流れがポジション比率に正確に反映されていない可能性があります

そのため、ポジション比率を1つの判断材料としてトレードする際には、トレーダーの数が多く、相場の流れがポジション比率に正確に反映されているFX業者を選びましょう。

リアルタイムではない可能性がある

ポジション比率は、リアルタイムで更新されていると思っている人もいるかもしれませんが、必ずしもリアルタイムで更新されているわけではありません。

リアルタイムで更新されているFX業者はほぼなく、営業日ごとに更新しているFX業者が多いのが一般的です

リアルタイムで更新されていると信じてポジションを保有したところ、そのエントリーのタイミングによっては大きくポジションが入れ替わっている可能性も。

そのため、ポジション比率を取引に用いる際には、リアルタイムまたはなるべく頻繁に更新しているFX業者で口座を開設することをおすすめします。

まとめ

まとめ

FXではポジション比率を見れば、売りと買いのどちらのエントリーが多いか、どの価格帯でのエントリーが多いかを判断できます。

ポジション比率が高いということは、将来的にそちらに為替変動が生じると予想している人が多いことを意味するため、勝てる可能性が高いと言えます

しかし、ポジション比率が高いということは将来的な決済圧力が大きいことも意味します。

そのため、安易にポジション比率を使ってエントリーをするのではなく、よく理解してからエントリーするように心掛けましょう。

-テクニック
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.