FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

FXは儲からない?儲からない人の特徴には共通点があった!

投稿日:2020年3月16日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXは土日を除いて24時間取引できることに加えて、レバレッジを効かせて少額から取引を行うことができるため、日中働いているサラリーマンに人気があります。

自分もFXを始めたいと思ってはいるものの、FXが儲からないという噂を聞いて、なかなか一歩を踏み出せずにいる人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、FXは儲からないのか、FXで儲からない人の特徴を解説します

FXは儲からない?

FXは儲からない?

これからFXを始めようとしている人の中には、FXが儲かるのかどうか気になっている人は多いのではないでしょうか?

ネットで色々調べてみると、「FXは儲からない」という言葉が見られるため、不安に感じてなかなか一歩を踏み出せない人も。

しかし、FXを最初は副業として行っていたものの、安定した利益を得られるようになり、脱サラして専業トレーダーになった人や利益が億を超える億トレーダーになった人も多くいます

このようにFXで儲けている人もおり、FXが儲からない投資方法とは必ずしも言えません

では、反対になぜFXは儲かるのでしょうか?FXが儲かる理由について見ていきましょう。

FXが儲かる2つの理由

FXが儲かる2つの理由

FXが儲かる理由として、主に以下の2つが挙げられます。

  • レバレッジを効かせることができる
  • スワップポイントを得ることができる

それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

レバレッジを効かせることができる

レバレッジとは、自己資金以上にトレードできるFXの仕組みのことです。

例えば、25倍のレバレッジで証拠金が10万円の場合、250万円分の通貨をトレードすることが可能です。

つまり、本来の資金以上の取引を行うことで、少ない資金でも多くの利益が期待できるため、FXは儲けやすい環境が整っていると言えます。

日本のFX会社は、金融庁のルールが適用されており、レバレッジの上限は25倍となっています。

しかし、海外のFX会社には金融庁のルールが適用されません。

そのため、レバレッジを100倍以上でトレードすることも可能です。

例えば、レバレッジ500倍のFX会社で10万円を入金してトレードを始めれば、5,000万円分の通貨をトレードできます。

株式投資の信用取引でも、資金の3倍までしか取引できないことを考えると、FXはかなり儲けやすいと言えるでしょう。

スワップポイントを得ることができる

スワップポイントとは、通貨間の金利差で生じる株式投資の配当に似た利益です。

配当は、1年に数回決められた時期だけしか受け取ることができませんが、スワップポイントは毎日受け取ることができます。

そのため、受け取ったスワップポイントで通貨を買い足すことで、複利効果によってさらに得られるスワップポイントを増やすことが可能です。

レバレッジを1通貨100円の通貨を1万通貨所有した場合に得られるスワップポイントが50円だったとします。

レバレッジ25倍であれば4万円あれば1万通貨所有できます。

1年を365日で換算すると、1年間で得られるスワップポイントは18,250円です。

年間の利回りは約45%と、他の運用方法よりも大幅に利回りが高いと言えます。

金利変動が生じるため、多少の前後はありますが、スワップポイントを狙ったトレードでは安定した利益が期待できるでしょう。

FXで儲からない人の特徴

FXで儲からない人の特徴

FXは、レバレッジを効かせることができる、スワップポイントを得ることができるという特徴があるため、儲けやすい環境が整っていると言いました。

では、なぜFXで儲からない人がいるのでしょうか?

FXで儲からない人には、以下の共通の特徴があると言えます。

  • レバレッジをコントロールしない
  • 損切りをしない
  • ギャンブル感覚で取引している
  • 分散投資を行っていない

それぞれの特徴について詳しく解説します。

レバレッジをコントロールしない

FXはレバレッジを効かせることでより多くの利益を得ることが期待できますが、必ずしも利益が得られるとは限りません。

例えば、レバレッジ25倍でトレードすれば利益を従来の資金よりも25倍に増やせる一方、損失も25倍になります。

つまり、レバレッジを高く設定してトレードするということは、それだけハイリスクということです。

FXで儲からない人は、とにかく少ない資金で多くの利益を得るために、高いレバレッジでトレードを行いがちです。

その結果、大きな損失が生じてしまい、その損失を取り返すためにまたさらにレバレッジを高くするという悪循環に陥ります。

そのため、FXで儲けたい場合は、状況に応じてレバレッジを調整することが重要と言えるでしょう。

損切りをしない

FXにはロスカットというレバレッジを効かせたトレードを行うことで証拠金以上の損失を生じさせないために、一定の損失が生じた段階で強制決済する仕組みが採用されています。

このロスカットで投資家は守られていますが、必ずしもロスカットが正常に作動するとは限りません。

例えば、フラッシュクラッシュという急な為替変動が生じた場合には、正常にロスカットが作動せず、証拠金以上の損失を抱える可能性があります

FXで儲からない人は、「含み損が生じているけどそのうち反転するはず」という都合の良い解釈をしていて、なかなか損切りできていない人が多いと言えます。

そのため、FXで損失を抑えながら安定した利益を得たいのであれば、適切なタイミングで損切りを行うことが重要と言えるでしょう。

ギャンブル感覚で取引している

FXは通貨ペアが将来的に上がるか下がるかを当てる投資方法です。

「ルーレットの赤と黒を当てるのと同様なので勝率は50%」と思っている人もいると思いますが、本当にそうなのでしょうか?

ルーレットの赤と黒は運の要素が大きく関わりますが、FXの為替変動には何らかの根拠があるため、運の要素はほとんど関係ありません

上昇トレンドが生じている中で「上がり続けているからそろそろ売り」といった根拠のないギャンブルのようなトレード方法では、同じ2分の1でも勝率がグンと下がります。

FXで儲けられない人は、FXを投資ではなくギャンブルと考えている人が多いと言えます。

FXの為替変動は何らかの根拠に基づいて生じているため、安定した利益を得たい場合には知識をしっかり身につけることが重要と言えるでしょう。

分散投資を行っていない

FXで儲からない人は、1つの通貨ペアに集中して取引している傾向があります。

得意な通貨ペアを選んで取引することは安定した利益を得る上で重要ですが、マイナスになることもあるので注意が必要です。

例えば、1つの通貨ペアに集中して取引していると、予想と反対方向に変動が生じた場合の損失を1点に受けることになります。

しかし、1つの通貨ペアに集中せずに、複数の通貨ペアに分散していれば、リスクをうまく分散することが可能です。

これが分散投資です。

そのため、FXで儲けるには、分散投資を心掛けることも重要と言えるでしょう。

まとめ

まとめ

FXは、平日24時間取引できる、レバレッジを効かせることができる、スワップポイントを受け取れるなど、儲けやすい環境が整っています。

しかし、そんな儲けやすい環境が整っているにもかかわらず、FXで儲からない人は共通の失敗をしていると言えます。

共通の失敗として、レバレッジをコントロールしていない、損切りをしないといった特徴が挙げられますが、これらは未然に防ぐことができる失敗です。

FXが儲からないと悩んでいる人やこれから始めることに悩んでいる人は、まずこの記事に書かれているFXで儲からない人の特徴を理解してから対策を練ることで、安定した利益が得られるでしょう。

-FX初心者
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.