FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXの必要証拠金とは?取引に必要証拠金はいくら必要か解説!

投稿日:2019年9月2日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FX初心者の中には、FXを始めるにあたっていくら資金が必要なのか分からないという人もいるのではないでしょうか?

FXは現物取引ではなく証拠金取引という仕組みであるため、取引を始めるにあたっていくら必要証拠金を準備すればいいかあらかじめ把握する必要があります。

そこで今回は、FXの必要証拠金とはどんなもので、取引に必要証拠金がいくら必要か解説します

FXの必要証拠金とは

FXの必要証拠金とは

FXは、売買のたびに代金の受け渡しを行うのではなく、取引によって生じた損益に応じて代金の受け渡しを行います。

例えば、1通貨100円の通貨を1万通貨取引していて99円で決済した場合は1万円を渡す、101円で決裁した場合は1万円受け取るなど、決済時まではお金の受け渡しがありません

「じゃあお金がなくても取引できてしまうのでは?」と思った人もいるかもしれませんが、そのようなことはありません。

そこで登場するのが証拠金取引という仕組みです。

証拠金取引とはどんな仕組みなのでしょうか?

また、証拠金や必要証拠金とはどんなものなのでしょうか?

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

証拠金とは

証拠金とは、FXの取引を行う際に必要な担保です。

FXのような差金取引では、決済時までお金の受け渡しがないことから、お金がない状況でも取引できてしまいます。

そのため、決済時に損失が生じたにもかかわらず、本人に返済能力がないと自己破産またはFX業者の負担になってしまいます。

しかし、証拠金という担保があることで、FX業者が差金取引で生じた損失を回収できないというリスクを軽減することが可能です。

例えば、1通貨100円の通貨を1万通貨取引する場合には、100円×1万通貨で100万円の資金が必要です。

ところが、レバレッジ25倍のFX業者であれば証拠金は25分の1でいいため、4万円あれば取引できます。

必要証拠金とは

必要証拠金とは、取引する際に最低限準備しておかなくてはならない証拠金のことです。

必要証拠金は取引する通貨や通貨数で異なります。

例えば、レバレッジ25倍のFX業者で、1通貨80円の通貨を1万通貨取引する際の必要証拠金は3万2,000円です。

一方で、通貨の枚数が10倍の10万通貨になると、必要証拠金も10倍の32万2,000円となります。

どのような通貨を取引するか、通貨数をどれだけ取引するのか、レバレッジをいくらに設定するかで必要証拠金は大きく異なります

証拠金不足で取引できないことがないように、必要証拠金がいくらなのか事前に確認しておきましょう。

必要証拠金の計算方法

必要証拠金の条件を満たしていなければ、FXの取引を始めることができません。

そのため、必要証拠金がいくら必要なのかを求める計算方法を覚える必要があります。

必要証拠金を求める計算方法は以下の通りです。

【通貨価格×通貨数量÷レバレッジ】

例えば、1通貨100円の通貨を1,000通貨、レバレッジ2倍で取引する場合の必要証拠金は「100円×1,000通貨÷2倍=5万円」となります。

一方、1通貨50円の通貨を1万通貨、レバレッジ10倍で取引する場合の必要証拠金も「50円×1万通貨÷10=5万円」です。

このように、同じ必要証拠金でも、通貨価格・通貨数量・レバレッジが異なっています

そのため、取引する際は必要証拠金がいくらなのか調べるだけでなく、自分の準備できる資金でどれだけの取引ができるのかを確認しておくことも重要と言えるでしょう。

有効証拠金とは

証拠金をFX口座に入れていても、ポジションを既に持っている場合は、有効証拠金を考慮しなければなりません。

有効証拠金とは、FX口座に入れている証拠金に現在保有しているポジションの損益を加減した金額です。

例えば、10万円の証拠金で4万円のポジションを保有した場合は、6万円の証拠金残高とポジションの4万円に分けられます。

この4万円のポジションが5万円になった場合には証拠金残高の6万円に5万円を加えた11万円が有効証拠金となります。

しかし、この有効証拠金を全て次のポジション購入に充てられるわけではありません。

次のポジション購入に充てられる証拠金がいくらなのか把握するには余剰証拠金を調べる必要があります。

余剰証拠金とは、有効証拠金から取引中の証拠金を引いた金額です

先ほどの条件では有効証拠金11万円でしたが、そこから証拠金の4万円を引いた7万円が余剰証拠金となります。

余剰証拠金について理解すれば、ポジションを保有している間の証拠金も分かるので、あわせて覚えておきましょう。

証拠金維持率とは

必要証拠金さえ準備できていればFXの取引を始めることが可能です。

しかし、必要証拠金だけを満たしていても、FXにはロスカットという仕組みがあることを忘れてはなりません。

ロスカットとは、ポジションに損失が生じ、損失が一定水準に達した場合に強制決済することで証拠金以上の損失が生じないようにすることです。

これによって、急な為替変動が生じた場合でも証拠金以上の損失から守られていますが、その時に重要になるのが証拠金維持率です。

証拠金維持率の計算方法は以下の通りです。

【有効証拠金(資産合計+評価損益)÷必要証拠金×100】

証拠金維持率はFX業者ごとに設定が異なっていますが、その設定に達するとロスカットが適用されます。

証拠金維持率が高く設定されているFX業者で取引する際には、必要証拠金ギリギリしかFX口座に入れていないと、すぐにロスカットで損失が確定することになってしまうので注意しましょう。

レバレッジの変動に注意

レバレッジの変動に注意

必要証拠金は「通貨価格×通貨数量÷レバレッジ」で求められますが、高いレバレッジで常に取引できるわけではないので注意が必要です。

例えば、地政学的リスクが高いなど、急な為替変動が生じやすいもしくは既に生じている状況では、高いレバレッジでの取引はリスクが高いため、レバレッジ制限をかけている場合があります。

普段は国内最大のレバレッジ25倍での取引を提供しているFX業者でも10倍や5倍などに引き下げていれば、レバレッジに合わせた必要証拠金を準備する必要があります

また、レバレッジが百倍以上に設定されていることが多い海外FX業者では、これらのレバレッジ制限が頻繁に起きやすいので注意が必要です。

FX初心者にはこのようなレバレッジ制限が生じている状況はリスクが高いと言えますが、どうしても取引したい場合には、まず必要証拠金の条件を満たしましょう。

ロスカットに注意

ロスカットが生じないようにするために、必要証拠金ギリギリをFX口座に入れないように注意を促しましたが、損失が生じていない場合でもロスカットになる可能性があります。

レバレッジ制限は既に説明しましたが、レバレッジ制限がポジションを持っている最中にレバレッジ制限が生じると、そのレバレッジに基づいて必要証拠金が算出されます。

その結果、証拠金維持率の計算で使用する必要証拠金も変更されるため、証拠金維持率を下回ってロスカットが生じる可能性があるので注意が必要です。

ポジションを長く持てばこのような状況に遭遇する可能性が高くなります。

そのため、スキャルピングやデイトレードなど、なるべく短期的な取引を意識することも重要と言えるでしょう。

まとめ

レバレッジの変動に注意

FXとは、「外国為替証拠金取引」のことです。

FXでは、決済時に取引で生じた損益の受け渡しを行う差金決済が採用されており、決済時にお金の受け渡しが行われるため、お金がなくても取引できそうに思います。

しかし、それでは損失が生じた場合にFX業者が損失を回収できない可能性があるため、証拠金という担保を設定しています。

証拠金はいくらでもいいわけではなく、必要証拠金という取引に必要な最低限の証拠金が決められています

しかし、必要証拠金を満たしていれば十分というわけではありません。

必要証拠金ギリギリであれば、証拠金維持率が低くなって、強制決済であるロスカットが適用されやすくなるため、FXの資金は余裕を持って入れておくようにしましょう。

-テクニック
-, , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.