FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

FX初心者はいくら資金を準備すればいい?必要最低資金とは

投稿日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

資産運用には、FXや株式投資・不動産投資など多くの種類がありますが、中には数十万円・数百万円の資金が必要になるものもあります。

そのため、FXに興味がある初心者の中には、FXを始めるにあたり、どのくらい資金が必要なのか気になっている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、FX初心者の最低必要資金がいくらなのかについて解説します

FX初心者はいくら資金を準備すればいいのか

FX初心者はいくら資金を準備すればいいのか

最低取引単位が1万通貨に設定されたFX業者に口座を開設して、1ドル100円の米ドルを取引する場合は、「100円×1万通貨=100万円」の資金が最低でも必要です。

しかし、100万円を用意しなければFX取引ができない訳ではありません。

FXではレバレッジを最大25倍効かせられるため、25分の1の4万円あれば取引できます

南アフリカランドやトルコリラといった価格が安い通貨の場合には、最低取引単位が10万通貨に設定されているケースもありますが、それでも数万円の資金があれば十分取引可能です。

海外FX業者は、日本国内で適用されているレバレッジの上限が適用されないため、より少ない資金でFXを始めることが可能です。

ポイント

しかし、国内FX業者は、レバレッジ最大25倍というレバレッジの上限が適用されるため、数万円の資金を想定しておく必要があるでしょう。

FXは100円からでも始められる

FXの取引には数万円の資金を想定しておく必要があると言いましたが、FX業者によってはより少ない資金で始められる可能性があります。

ネット証券やネット銀行などを手掛けるSBIグループのSBIFXトレードでは、最低取引単位が1通貨となっています。

例えば、1ドル100円の米ドルを取引する場合は、「1通貨×100円=100円」となるため、わずか100円で取引することが可能です。

また、レバレッジ25倍を適用すれば25分の1の資金でいいため、わずか4円で取引することが可能です。

SBIFXトレードのように最低取引単位が小さいFX業者は少なく、1万通貨に設定しているFX業者が多い傾向があります。

1,000通貨に設定しているFX業者もあるため、資金に合うFX業者を選ぶことも重要と言えるでしょう。

FX初心者の資金を決める方法

FX初心者の資金を決める方法

FX業者によって最低取引単位が異なりますが、FXは数円の資金からでも始められるということが分かりました。

では、FX初心者が取引を始めるには、数万円の資金で始めるのか、最低限の数円から始めるのかどちらの方法が良いのでしょうか?

FX初心者の資金を決める方法は以下の4つです。

  • 運用目的に合わせて資金を決める
  • リスクに合わせて資金を決める
  • 使いたいFX業者に合わせて資金を決める
  • 取引したい通貨に合わせて資金を決める

それぞれの方法について見ていきましょう。

運用目的に合わせて資金を決める

資産運用を始めた目的が、「リスクを抑えながら少しでもお金を増やしたい」場合には、万が一運用に失敗して資金を失った場合に備えて数百円から数千円の資金に抑えた方が良いと言えます。

一方で、資産運用を始めた目的が、「リスクを負ってでもFXで億を稼ぐ人のように積極的に取引したい」場合には、数万円から数十万円の資金で得られる利益を増やす必要があります。

しかし、いくら積極的に取引したいといっても、取引に慣れていない初心者の間は、1回の失敗で資金を失う可能性もあるのでなるべく少額で運用した方が良いと言えるでしょう。

リスクに合わせて資金を決める

FXには様々なリスクを伴うため、FX初心者はそれらのリスク管理を徹底して運用する必要があります。

代表的なリスクとして挙げられるのは、レバレッジリスクとロスカットリスクです。

レバレッジを効かせることで自己資金を少なく抑えながら運用できる、本来の自己資金で得られる利益を最大25倍にできる一方で、損失も最大25倍になるというのがレバレッジリスクです。

ロスカットとは、レバレッジを効かせた取引で自己資金以上の損失が生じないようにする仕組みです。

FX業者が定めている基準に達した時点で強制的に決済されるため、安心して取引できる一方で、無駄な損切りが増えることがロスカットリスクです。

FX初心者がレバレッジリスクやロスカットリスクを抑えながら取引するには、レバレッジを低く設定する必要があります

しかし、レバレッジを低く設定するということは、それだけ多くの資金が必要です。

レバレッジを5倍に設定して取引するのであれば、レバレッジ25倍の時よりも資金が5倍必要になります。

FX初心者は取引に慣れるまではリスクを低く抑えるためにレバレッジを低くした方が良いため、資金を多めに準備した方が良いでしょう。

使いたいFX業者に合わせて資金を決める

最低取引単位はFX業者によって異なりますが、最低取引単位が小さいFX業者が少ないことが難点です。

FX初心者がいくら少ない資金での取引を希望していても、最低取引単位が小さいFX業者のシステムが使いにくい、スプレッドが広い可能性があります

FX業者を比較して、自分が使いたいと思っているFX業者の最低取引単位に合わせて資金を決めることも1つの選択と言えるでしょう。

取引したい通貨に合わせて資金を決める

FXで取り扱っている通貨には様々な種類がありますが、FX初心者に適している通貨は、取引が比較的多く安定した為替変動が生じやすい米ドル/円、ユーロ/円です。

これらの通貨の価格は100円以上で、最低取引単位が1万通貨のFX業者で取引する場合はレバレッジ25倍で5~10万円の資金が必要です。

一方、豪ドルやNZドルは100円以下で資金を抑えられますが、為替変動が不安定なので高いレバレッジで取引するのはリスクが高いと言えます。

使いたいFX業者に合わせて資金を決める場合と同様に、取引したい通貨に合わせて資金を決めるのも1つの選択肢と言えるでしょう。

スワップポイント狙いはまとまった資金が必要

スワップポイント狙いはまとまった資金が必要

FX初心者の中には、頻繁に取引する時間が確保できない、確実に毎日利益を得たいなどでスワップポイントを狙った取引を検討している人も多いかもしれません。

スワップポイントを狙った取引ではポジションを長く持つため、ある程度の為替変動が生じてもロスカットにならないように多くの資金が必要です

デイトレードで積極的な取引を予定しているのかまたはスワップポイントが目的の取引を予定しているのかで資金が異なります。

FX初心者の場合は、まずFXを始める目的を明確にしてから資金を決めましょう。

まとめ

まとめ

FXはレバレッジを効かせることで、自己資金を少なく抑えながら運用することが可能です。

例えば、取引に必要な資金が100万円でも、レバレッジ25倍に設定すれば4万円で取引に参加できます。

最低取引単位が小さいFX業者であれば、100円から取引に参加することも可能です。

少ない資金しか用意できない場合は、ある程度のレバレッジを効かせる必要がありますが、FX初心者の場合は、レバレッジを低く設定してリスクを抑えた方が無難です

自己資金を多めに準備してレバレッジを低くするまたは最低取引単位を小さくして資金を抑えるなど、まずは取引に慣れることを優先した方が良いと言えるでしょう。

-FX初心者
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.