FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXの未入金ボーナスとは?海外FX業者のメリットとデメリット

投稿日:2019年10月25日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXで取引を始めるには口座を開設する必要がありますが、どのFX業者で口座を開設すればいいか悩んでいる人も多いと思います。

FX業者ごとに特典が異なっており、中には未入金ボーナスという特典を提供しているFX業者もありますが、未入金ボーナスとはどんな特典なのでしょうか?

そこで今回は、FXの未入金ボーナスとは何なのか、海外FX業者のメリットとデメリットを解説します

FXの未入金ボーナスとは

FXの未入金ボーナスとは

FX業者は、多くのトレーダーが口座を開設して取引してくれた方が収入を増やせるため、口座を少しでも多く開設してもらうために様々な特典を用意しています。

日本のFX業者は、口座を開設して取引した場合におけるキャッシュバックや他の提供しているサービスとの連携による特典などがあります。

海外のFX業者は、未入金ボーナスや入金ボーナス、取引量ボーナスなど、日本のFX業者と比較すると特典が充実しているのが特徴です。

未入金ボーナスとは、口座開設ボーナスとも呼ばれており、海外のFX業者で口座を開設するだけで資金を受け取れる特典です

受け取った資金を出金することはできませんが、口座にお金を入金しなくてもその資金を運用できます。

未入金ボーナスの資金で得た利益は出金できるため、これから初めて海外のFX業者を利用するという人でもリスクゼロで運用を始められます。

しかし、未入金ボーナスは、口座を開設した最初だけしか受け取れません。

FX業者ごとに未入金ボーナスの額は異なるため、しっかり確認してから口座を開設することをおすすめします。

続いて入金ボーナスや取引料ボーナスがどんな特典なのか見ていきましょう。

入金ボーナス

入金ボーナスとは、口座に入金した金額に応じてボーナスを受け取れる特典です。

例えば、入金ボーナス100%という特典を提供しているFX業者の場合は、10万円入金すると同額の10万円をボーナスとして受け取れるため、運用できる資金が倍の20万円になります。

未入金ボーナスと同様、特典として付与されたボーナスの出金はできません

しかし、その資金を運用して得られた利益に関しては出金できます。

ボーナスの額や上限額、何回目までボーナスがもらえるかはFX業者ごとに異なるため、口座を開設する前に確認しましょう。

取引量ボーナス

取引量ボーナスとは、口座を開設したFX業者で取引した量に応じてボーナスが付与されるという特典です。

未入金ボーナスや入金ボーナスと比較すると受け取れるボーナスの額は少ないですが、取引量ボーナスのボーナスは自由に出金できるというメリットがあります

こちらも業者ごとにどのくらいの取引量に対してどのくらいのボーナスが受け取れるかは異なっています。

取引すればするほどボーナスを受け取れるため、魅力的な特典と言えるでしょう。

海外FX業者の3つのメリット

海外FX業者の3つのメリット

特典という点では、日本のFX業者よりも海外のFX業者の方が魅力的と言えます。

しかし、海外のFX業者が魅力的と言っても、「日本のFX業者の方が安心」と考えている人も多いと思います。

海外FX業者で口座を開設することにどんなメリットがあるのでしょうか?

海外FX業者の主なメリットは以下の3つです。

  • 特典が豊富
  • ゼロカットシステムを導入
  • レバレッジが高い

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

特典が豊富

日本のFX業者は、口座開設だけで特典を受け取れるケースは多くありません。

基本的には口座開設と入金または取引してようやく特典を受け取れるのが一般的です。

ところが、海外のFX業者には、口座を開設するだけで未入金ボーナスが受け取れる業者もあります

また、入金した額に応じて入金ボーナス、取引量に応じて取引量ボーナスを受け取れるなど、特典が豊富で充実していることが大きなメリットと言えるでしょう。

ゼロカットシステムを導入

日本のFX業者には、ロスカットと呼ばれる仕組みが採用されています。

ロスカットとは、一定の損が生じた場合に、強制的に決済して損失が拡大しないようにするものです。

しかし、急な為替変動では、ロスカットがうまく作動せず、証拠金以上の損失が生じる可能性があります。

海外FX業者の中には、ゼロカットシステムを導入しているFX業者がいます。

ゼロカットシステムとは、為替変動で証拠金以上の損失が生じても、それ以上の損失をFX業者が負担してくれる仕組みです。

ロスカットは証拠金の一部が手に残るのが一般的ですが、証拠金を上回る損失が生じると損失を補わなくてはなりません。

一方で、ゼロカットシステムは証拠金を失うだけなので、安心して取引できるでしょう。

レバレッジが高い

日本のFX業者は、金融庁の許可を受けて業務を行っているため、日本の取引ルールが採用されています。

日本の取引ルールの1つに、レバレッジ倍率が最大25倍までというルールがあります。

つまり、自己資金の最大25倍までの取引しかできません。

一方、海外のFX業者は、金融庁の許可を得ていないため、日本の取引ルールが採用されておらず、レバレッジ倍率が大きいという特徴があります。

100倍や500倍など、日本よりも大幅にレバレッジ倍率が高いため、より自己資金を少なく抑えながら取引できるでしょう。

海外FX業者の3つのデメリット

海外FX業者の3つのデメリット

海外FX業者には、特典が豊富・レバレッジが高いなどのメリットがありましたが、どんなデメリットがあるのでしょうか?

海外FX業者の主なデメリットは以下の3つです。

  • スプレッドが広い
  • 詐欺に巻き込まれるリスクが高い
  • 信託保全が義務化されていない

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

スプレッドが広い

スプレッドとは、買値と売値の差のことです。

事実上のFX業者の手数料であるため、スプレッドが開いているほど、手数料の高いFX業者と言えます。

日本のFX業者は、トレーダーが取引しやすいように手数料を低く設定している業者が多いですが、海外のFX業者は、手数料を高く設定している業者が多い傾向にあります。

魅力の多い海外のFX業者ですが、細かな取引は手数料負担が大きくなるため、スキャルピングやデイトレードには適していないと言えるでしょう。

詐欺に巻き込まれるリスクが高い

続いては詐欺に巻き込まれるリスクが高いことです。

日本のFX業者は、金融庁が審査して許可を受けた業者しか業務をできないため、詐欺に巻き込まれるリスクが低いと言えます。

しかし、海外のFX業者は、金融庁が審査していないため、安心して利用できるかどうかは分かりません

入金したにもかかわらず出金できない、個人情報を盗まれるなどの詐欺やトラブルに巻き込まれるリスクが高いので注意が必要です。

信託保全が義務化されていない

最後は信託保全が義務化されていないことです。

日本のFX業者には、金融庁によって信託保全が義務化されていますが、海外のFX業者には信託保全が義務化されていません。

信託保全とは、FX業者の資金とトレーダーの資金を分けて管理する方法です。

信託保全が採用されていないと、FX業者が破綻した場合に、トレーダーの資金がFX業者の資金と混同されて回収できなくなる可能性があるので注意しましょう。

まとめ

まとめ

FX業者は、口座開設者を増やす目的で、様々な特典を用意しています。

特に海外FX業者は未入金ボーナスや入金ボーナス、取引量ボーナスなどの特典が豊富なので、海外FX業者で口座を開設したいと思っている人も多いと思います。

しかし、海外FX業者は、特典が豊富・レバレッジが高いなどのメリットがある一方、信託保全が義務化されていない・詐欺に巻き込まれるリスクが高いなどのデメリットも

魅力的な海外FX業者ですが、取引を始める場合は、メリットとデメリットを理解してから口座を開設して取引を始めましょう。

-テクニック
-, , , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.