FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXは放置でも利益が得られる?放置しながらFXで利益を得る方法

投稿日:2019年9月20日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXでは、為替変動を予想しながら売買することで差益を得ます。

しかし、これらの利益を継続的に安定して得るには、常にチャートを見ながらどのタイミングでエントリーするか判断しなければなりません。

FXは、銀行預金のように放置するだけでも利益を得ることはできないのでしょうか?

そこで今回は、放置しながらFXで利益を得る方法について解説します

放置でもFXで利益が得られる

放置でもFXで利益が得られる

銀行預金は、銀行にお金を預けておくだけで預金者は特別なことを何もしなくても勝手に利息を得られます。

一方、株式投資やFXは、価格変動に合わせて取引して差益を得るのでチャートや情報などから変動を予想しながら適切なタイミングで売買する必要があります。

これらの違いが生じるのは、それぞれの資産運用がどのような利益を目的として取引しているかです。

資産運用で得られる利益は大きく以下の2つに分類されます。

  • キャピタルゲイン
  • インカムゲイン

それぞれの利益について詳しく見ていきましょう。

キャピタルゲイン

キャピタルゲインとは、金融資産などを売買することによって得られる利益のことです。

キャピタルゲインには、以下のようなものがあります。

  • 株式投資:所有株式の売却
  • FX:所有通貨の売却
  • 不動産投資:所有不動産の売却

キャピタルゲインは、大きな利益が期待できる一方、決済して初めて得られる利益なので利益が得られるかどうか不確実です。

そのため、放置していてはいつまでたっても利益が得られないため、これらを目的としている資産運用は放置できないと言えるでしょう。

インカムゲイン

インカムゲインとは、金融資産などを保有し続けることによって安定して得られる利益のことです。

インカムゲインには、以下のようなものがあります。

  • 株式投資:配当・株主優待
  • FX:スワップポイント
  • 不動産投資:家賃収入
  • 銀行預金:利息

キャピタルゲインは、金融資産などを保有し続けるだけで確実に安定した利益を得られる一方、得られる利益が小さいことが特徴です。

金融資産などを売却せずに保有していれば、放置していても継続的に安定した利益が得られるでしょう。

放置しながらFXで利益を狙う方法は全部で2つ

放置しながらFXで利益を狙う方法は全部で2つ

FXの取引でも、保有し続けるだけで継続的に安定した利益が期待できるスワップポイントというインカムゲインがあります。

そのため、銀行預金と同様、FXも放置しているだけで利益を得られる環境が整っていると言えます。

しかし、放置しながらFXで利益を狙う取引方法はこれだけではありません。

放置しながらFXで利益を得るための取引方法は主に以下の2つです。

  • スワップポイントを狙う
  • 自動売買を利用する

それぞれの取引方法について詳しく見ていきましょう。

スワップポイントを狙う

スワップポイントとは、通貨間の金利差のことで、決済せず保有し続けるだけで継続的に毎日受け取れるインカムゲインです。

一度ポジションを保有すれば、ポジションを決済するまで安定して継続的に得られるため、放置していても毎日利益が得られます

スワップポイント狙いにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

スワップポイント狙いのメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

スワップポイント狙いのメリット

スワップポイント狙いのメリットは主に以下の2つです。

  • 毎日受け取れる
  • 市場が休みの土日の分も付与される

株式投資の配当などは、年に数回決められた時期に支払われます。

そのため、その時期が到来する前に決済してしまうとせっかくの配当を受け取れません。

しかし、FXのスワップポイントは毎日受け取れるため、期日などを気にせずに済みます

また、スワップポイントは市場が開いている日数分ではなく、ポジションを保有している期間分だけ受け取ることが可能です。

そのため、市場が閉まっている土日の分もスワップポイントが受け取れるため、効率が良い方法と言えるでしょう。

スワップポイント狙いのデメリット

スワップポイント狙いのデメリットは主に以下の2つです。

  • スワップポイントは毎日変動する
  • 為替変動リスクを伴う

スワップポイントは、毎日変動しています。

そのため、最近まではプラスだったスワップポイントが、マイナスのスワップポイントになるという可能性もあるので注意が必要です。

マイナスのスワップポイントになった時は、ポジションを保有し続けている間は金利差を毎日払い続けなければなりません。

また、スワップポイント狙いでは、基本的に長期間ポジションを保有することでスワップポイントを得ます。

長期間ポジションを保有している間に大きな為替変動が生じた時は、ロスカットが生じて強制決済される可能性があります。

そのため、少しでも為替変動リスクやロスカットリスクを下げるためには、レバレッジの倍率を低く設定して取引することが重要と言えるでしょう。

自動売買を利用する

FXには、あらかじめシステムに組み込んだルールに基づいて自動的に取引する自動売買というものがあります。

この自動売買を利用すれば、基本的には自分で売買する必要があるキャピタルゲインを目的とした取引も放置しながら取り組むことが可能です。

自動売買を利用することにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

自動売買を利用するメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

自動売買を利用するメリット

自動売買を利用するメリットは主に以下の2つです。

  • 安定した利益が期待できる
  • 大きな利益が期待できる

キャピタルゲインを目的とした取引は、自分でエントリーのタイミングを判断しなければならないため、感情に左右されることで失敗しやすいと言えます。

しかし、自動売買ではあらかじめ決められたルールに基づいて機械的に取引するだけなので、感情に左右されることはありません

そのため、安定した利益が期待できます。

スワップポイント狙いはインカムゲインに分類されるため、大きな利益が期待できません。

しかし、自動売買を利用して得るのは差益でキャピタルゲインに分類されるため、大きな利益が期待できることがメリットと言えるでしょう。

自動売買を利用するデメリット

自動売買を利用するデメリットは主に以下の2つです。

  • 確実に利益が得られるものではない
  • ある程度の知識が必要になる

スワップポイントは、ポジションを保有している限り確実に利益が得られるという特徴がありましたが、自動売買を利用しても確実に利益が得られることは保証されていません。

あらかじめ決められたルールが為替変動に合っていない時は、損失がどんどん生じるので注意が必要です。

あらかじめ決められているルールを変更する場合には、プログラミングの知識だけでなくFXに関するある程度の知識が求められます。

システムトレードという他の人のトレードをコピーして取引する自動売買もありますが、これを選ぶ際もどれが自分に合っているのか選ぶ必要があります。

また、投機筋による自動売買を狙った仕掛けが生じる可能性もあります。

そのため、自動売買ではリスク管理を徹底することが重要と言えるでしょう。

まとめ

まとめ

FXのスワップポイントというインカムゲインを狙った取引では、ポジションを保有し続けるだけで安定した利益が得られるので放置しながら利益を得ることが可能です。

また、自動売買を利用した取引でも、放置しながら利益を得ることが期待できます。

しかし、どちらもメリットとデメリットがあります。

それらをよく確認するだけでなく、万が一に備えてリスク管理を徹底しながら取引することを忘れないよう注意しましょう。

-テクニック
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.