FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

FXでなぜ負ける?継続的に安定した利益を得るための対策とは

投稿日:2019年8月12日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXは、次にどのような為替変動が生じるのかを予想した取引をすることで差益を得ます。

単純に今よりも上がるか下がるか予想するだけなので、コインの裏表を当てるのと同様に勝率は50%のはずですが、なぜ負けるのでしょうか?

FXでは90%のトレーダーが負けると言われているため、負けないために事前に対策を練ることが重要です。

そこで今回は、なぜFXで負けるのか、負けないための対策について解説します

FXでなぜ負ける?

FXでなぜ負ける?

例えば、コインの裏表を当てる場合には、コインに種も仕掛けもなければ選択肢は表と裏の2つしかないため、当たる確率は50%と言えます。

FXでも、選択肢は上がるか下がるかの2つしかないため、当たる確率は50%に思えますが、相場を作り出しているのはトレードに参加している人たちなので単純に50%とは言えません。

相場の流れを作り出そうとしている人の80%が買いで取引に参加しようとしている中で、少数派である20%の売りで取引に参加すればどうなるでしょうか?

相場の流れを作るのは多数派の意見なので、この状況ではわざわざ負けるために取引をしています

「なぜ負けるのだろう」と悩んでいる人は、どのような相場の流れが生じているのか完全に把握しきれていない可能性が高いと言えます

FXで継続的に安定した利益を得るためには、事前に対策をしっかり練っておくことが重要です。

FXで負けないための対策とは

FXで負けないための対策とは

FXで億を稼いだという億トレーダーがいる一方で、一瞬の判断ミスで急な為替変動に飲み込まれて自己破産したトレーダーもいます。

FXは勝っている人の裏に必ず負けている人がいます。

相場の流れを作っているのがトレーダーであることを考えると、取引経験が豊富なプロのトレーダーを相手に勝負するため、なぜ負けるのかが分かると思います

プロのトレーダーに負けないためにはどうすればいいのでしょうか?

FXで負けないための対策は主に以下の6つです。

  • FXに関する知識を身に付ける
  • 利確を徹底する
  • 損切を徹底する
  • レバレッジを低くする
  • 無理に取引しない
  • 一喜一憂しない

それぞれの対策について見ていきましょう。

FXに関する知識を身に付ける

FXでなぜ負けるの気になっている人の中には、しっかりFXの知識や経験を身に付ける前に取引を始めている人もいるのではないでしょうか?

FXで継続的に安定した利益を得るには、プロのトレーダーを相手に取引する必要があるため、引けを取らないように知識や経験を積む必要があります

知識を身に付ける方法として本を読む・ネットで調べる・セミナーに参加するという方法があります。

本を読むという方法はお金がかかってしまいますが、情報の発信元がしっかりと分かっているため、安心して取り組むことが可能です。

ネットで調べるという方法は無料で情報が手に入れられる一方、情報の発信元が分からないので信憑性が低いと言えます。

セミナーに参加するという方法は無料で最新情報を手に入れられるため、知識を効率良く身に付けられます。

ある程度の知識を身に付けた後は、経験を積む必要がありますが、デモトレードを利用すれば実際にお金を掛けなくても経験だけを積むことが可能です。

取引に慣れるまでは、知識と経験をしっかりと身に付けて、土台部分を固めた状態で取引に臨むと良いでしょう。

利確を徹底する

「まだ上がるかもしれない」と含み益のまましばらく保有している人も多いのではないでしょうか?

予想通りに変動が生じていて、含み益がどんどん膨らんでいく状況では問題はありません。

しかし、含み益は利益が確定したわけではなく決済して初めて利益になるため、そのまま保有しているのではなく早めに決済した方が良いと言えます。

エントリーする際は、エントリーポイントを決めるだけでなく決済するポイントも決めておくことがコツです。

「もう少しだけ長く保有しておけば良かった」と後悔するのであれば、次の取引で決済するポイントを工夫すればいいだけです。

FXでなぜ負けるのか気になっている人は、利確をきちんとできているか確認してみましょう。

損切を徹底する

「そのうち反発するかもしれない」と含み損のまま損切りできないでいる人も多いのではないでしょうか?

含み益の場合には同値撤退すればマイナスになることはありませんが、含み損の場合には撤退するタイミングを誤ってしまうと損失が大きくなるので注意が必要です。

含み損を抱えているということは自分の予想が外れていることを意味しています。

つまり、そのまま放置していても予想とは反対の変動が継続することを意味しているため、すぐに損切りした方が良いと言えます。

損切りを早くすれば、損失が小さくなるほか、次の取引に必要な証拠金を少しでも多く残せます。

FXでなぜ負けるのか気になっている人は、しっかりと損切りできているか、タイミングが合っているかどうか確認してみましょう。

レバレッジを低くする

FXでなぜ負けるのか気になっている人は、レバレッジを高く設定するなど、ハイリスクで取引している可能性があります。

レバレッジを高く設定すると、少ない資金で効率良く運用できるほか、利益を大きくすることが可能です。

しかし、利益を大きくできる一方、損失も大きくなります。

FXでは「損小利大」という言葉があるように、損を小さく利益を大きくという取引方法に従うのがコツです。

レバレッジを高く設定すればリスクが高くなって、「損大利小」に陥る可能性があります。

そうならないためにも、レバレッジを低く設定するなど、リスク管理を徹底することが重要と言えるでしょう。

無理に取引しない

FXの取引に慣れてくると、常に取引していないと落ち着かないような感覚に陥る可能性があります。

しかし、大切なことは数を多く打つのではなく、勝率が高い確実なタイミングで勝負することです。

FXでなぜ負けるか気になっている人は、数を多く打っていないか確認してみてください。

北朝鮮問題やイラン問題、中国とアメリカの貿易戦争など、世界情勢が不安定な状況では、いつも通りの安定した為替変動にならない可能性が高いです。

そのような中でも取引していると、一瞬の為替変動に巻き込まれて大きな損失を抱えることもあります。

そうならないためにも、世界情勢が不安定な状況では無理に取引しないことも大切と言えるでしょう。

一喜一憂しない

FXで継続的に安定した利益を得るには、冷静に相場を観察して取引することが重要です。

リスクを抑えるためにレバレッジを低く取引していたにもかかわらず、1回当たっただけでレバレッジを高めて取引すれば、リスクを抑えるという目的がどこかに消えてしまいます。

FXでなぜ負けるのか気になっている人の中には、1回1回の取引で一喜一憂している人もいるのではないでしょうか?

FXで継続的に安定した利益を得るには、予想が当たった時は何が良かったのか、予想が外れた時には何が問題だったのかを冷静に判断して、次の取引につなげていくことが重要と言えるでしょう。

まとめ

まとめ

FXの為替変動はトレーダーたちによって生み出されているものであるため、コインの裏表ゲームのように勝率は50%と言いきれません。

買いが80%、売りが20%という状況では、売りで取引に参加してもほぼ勝ち目がないと言えます。

このように、FXでなぜ負けるのか気になっている人は相場の流れをきちんと読めていない場合があります。

FXで継続的に安定した利益を得るには、FXに関する知識を身に付ける・利確を徹底する・損切を徹底するなど、プロのトレーダーを相手に引けをとらない状況を作っておくことが重要です

なぜ負けるのか気になっている人は、自分に何が足りなかったのかをしっかりと見直して対策を練れば、安定した利益につなげられるでしょう。

-FX初心者
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.