FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

ダブルトップとダブルボトムとは?知っておくべきチャートの見方

投稿日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FX取引を行う場合、相場の動きをチャートで確認してエントリーや取引のポイントを決定することになります。

しかし、むやみやたらにエントリーや利益確定を行っても利益を確保することは難しくなってしまうでしょう。

チャートを見てエントリーや利益確定ポイントを決定する場合、チャートに出るパターンを分析する必要があります。

チャート分析の方法にはいくつかの手法がありますが、今回は「ダブルトップ・ダブルボトム」のパターンについて知識をつけておきましょう

ダブルトップ・ダブルボトムとは

ダブルトップ・ダブルボトムとは

FXのチャートのパターンの一つで、ダブルトップとダブルボトムがチャート上に発生した場合、今後の相場の動きを予想することが可能です。

それぞれトレンドの終盤に発生することが多く、ダブルトップ、ダブルボトムが発生するとトレンドが終了して反転するケースが多くなるため、エントリーポイントを決める要素の一つとして活用できるでしょう。

ダブルトップ

上昇トレンドの中で見るチャートのパターンです。

上昇トレンドが発生している中でダブルトップが発生すると、トレンドが反転して相場が下落していく可能性が高くなります。

ポイント

ダブルトップには3つのパターンがありますが、いずれもネックラインを基準にして発生していて、相場がネックラインを下回ると、売り注文が増加し相場は下落していくでしょう。

ダブルボトム

下降トレンドの中で見るチャートのパターンで、ダブルボトムが発生すると下降トレンドが終了して相場が上昇していくと予想することができます。

ダブルトップと同様の考え方でネックラインを基準として考えます。

ポイント

ダブルボトムが発生したあと、買い注文が増加することで相場は上昇していくでしょう。

基準となるネックラインとは

基準となるネックラインとは

FXチャート上のパターンで、ダブルトップ・ダブルボトムだけでなく、ヘッドアンドショルダーやトリプルトップ・トリプルボトムなど重要なものを見極めるために、チャート上のネックラインを基準にする必要があります。

ネックラインは、パターンが発生した時の相場の安値のラインのことを指しています

ダブルトップ・ダブルボトムのいずれも、相場が反転してネックラインを超えたときがエントリーするべきポイントと言えるでしょう。

ネックラインはエントリーポイントの見極めに非常に大切なラインです。

ダブルトップとダブルボトムのエントリーポイント

ダブルトップ・ダブルボトム、それぞれのエントリーポイントを知っておきましょう。

ダブルトップのエントリーポイント

ダブルトップは、上昇トレンドの中でネックラインを超えて2回山を作ります

まず、ネックラインを超えて一度高値を記録しますが、レジスタンスラインにぶつかるとネックラインまで相場がさがり、その後も一度レジスタンスラインまで相場が上昇することで出現するパターンです。

ダブルトップが発生するとトレンドが反転することが多いため、2つの山を確認した瞬間に売り注文のエントリーをした方が良いのではないか、と考えていませんか?

ダブルトップでは、チャートのパターンの一つで、上昇トレンドが終了して相場が下落していくサインの一つですが、2つの山を確認してすぐのエントリーは少々早すぎると言えます。

ネックラインを超える2つの山を確認した後であっても、相場が反転せずに上昇し続ける可能性もあるので、ダブルトップを確認した後に相場がネックラインを下回ったことを確認してからエントリーするようにしましょう。

ローソクの全体が完全にネックラインを下回っていることが重要です。

ポイント

ダブルトップ出現のあとにローソク全体がネックラインを下回ると、これから相場が下落してく可能性がより高くなります。

ダブルボトムのエントリーポイント

ダブルボトムのエントリーポイントは、ダブルトップのエントリーポイントの反対の考え方で良いと言えます。

ダブルボトムは下降トレンドの終盤に発生することが多く、ダブルボトムを確認したあとにローソクがネックラインを超えたときが買い注文のエントリーをするポイントです。

ダブルトップとダブルボトムの損切ポイント

ダブルトップとダブルボトムが発生した場合、ネックラインを超えたことを確認してエントリーしたにも関わらず相場が反転せずにそのまま上昇・下降していくケースがあります。

だましの状況に陥ってしまうと、これから相場が反転するかもしれない・・・と損切りをするタイミングを失ってしまいがちです。

しかし、FX取引において、損切りポイントを事前に決めて、感情に左右されずに決めておいたポイントできちんと損切りを実行することは、リスク軽減のためにとても重要です。

損切りのポイントを設定せずに、損失が拡大してしまわないためにも、エントリーの際に損切りラインを設定しておくようにしましょう。

まず、ダブルトップが発生し、ネックラインを下回ったことを確認して売り注文をした場合、ダブルトップの高値の少し上に損切りラインを設定します。

予想に反してトレンドが反転せずに上昇し続けた場合、損切りラインに達したらすぐにポジションを手放すようにしましょう。

ポイント

ダブルボトムの場合は、ダブルトップにケースと反対で、ダブルボトムの底値の少し下に損切りラインを設定しておくことが一般的です。

ダブルトップとダブルボトムの利益確定ポイント

チャート上でダブルトップ・ダブルボトムを確認した後にエントリーをした場合の利益確定のポイントを知っておきましょう。

ダブルトップの利益確定ポイント

ダブルトップが発生したあとに売り注文をした場合の利益確定ポイントは、高値とネックラインと同じ値幅、ネックラインから下回ったところに設定しておきましょう。

多くの場合、ネックラインから高値までの値幅と同じくらいの価格下降することが多いと言われています。

もちろん、より相場が下降することもありますが、急に相場が上昇してしまうリスクを最小限に抑えておくためには、ネックラインから高値と同じ幅下落したところを利益確定ポイントに設定しておくことが大切です。

ダブルボトムの利益確定ポイント

基本的にはダブルトップの逆パターンである、という考え方で構いません。

買い注文を入れた場合、ダブルボトムの安値からネックラインまでの値幅と同じくらい上昇する可能性があると言われています。

まとめ

今回はFXチャートのパターンの一つであるダブルトップとダブルボトムについてご紹介しました。

FX取引に成功するためには、チャートをきちんと分析して今後の相場の流れを想定した上でエントリーすることが重要です。

チャートを分析するために活用できるチャートのパターンは複数ありますが、今回ご紹介したダブルトップ・ダブルボトムは初心者の方であっても比較的活用しやすいパターンの一つと言えるでしょう。

ダブルトップとダブルボトムを活用してエントリーをする場合、相場の動きが予想に反してしまう可能性もあります。

エントリーの際に損切りと利益確定のポイントを設定して、取引を実行する場合はその時の感情に左右されずに事前に設定した取引ルールを守ることリスクを回避することができます。

まずはデモトレードなどを利用してチャートを見る練習をしてみましょう!

-テクニック
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.