FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

初めてのFXは資金がいくら必要?必要な資金とポイント4選

投稿日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

資産運用では、ある程度のまとまった資金が必要になります。

そのため、初めてFXを行う人の中には、いくらからFXを始められるのか、またどのくらい資金が必要になるのか気になっているという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、FXがいくらから始められるか、必要な資金と資金を決める際のポイントを4つご紹介します。

FXに必要な最低資金は業者によって異なる

FXに必要な最低資金は業者によって異なる

資産運用にはある程度のまとまった資金が必要になると思っている人も多いのではないでしょうか?

例えば、株式投資は単元という最小取引単位が決められているため、それ以下の取引を行うことが原則できません

基本的には100株が1単元となっていることが多く、1株1万円の銘柄を購入しようとする場合には100万円の資金が必要になります。

FXの最小取引単位は業者ごとに異なります

例えば、1通貨から取引できる業者の場合は、取引するのが1ドル100円の米ドルであれば100円ですが、10,000通貨が最小取引単位と決まっている業者の場合は、100万円必要です。

また、FXはレバレッジを効かせることによって、自己資金よりも少ない取引を行うことが可能です。

例えば、レバレッジを最大25倍まで効かせられる業者の場合は、必要な資金を25分の1に抑えられます

そのため、1ドル100円の米ドルを1通貨から取引できる業者でレバレッジ25倍の場合は4円、10,000通貨から取引できる業者の場合は4万円が最低資金になります。

初めてFXを行う際の資金を決めるポイント4選

初めてFXを行う際の資金を決めるポイント4選

上記のように、FXに必要な最低資金は各業者で異なりますが、最低資金で取引を始めればいいというわけではありません

初めてFXを行う際の資金を決めるポイントは以下の4つです。

  • レバレッジを高めるリスクを考慮する
  • ロスカット水準を考慮する
  • どの程度の利益を得たいかを考慮する
  • 運用方法を考慮する

それぞれのポイントについて見ていきましょう。

レバレッジを高めるリスクを考慮する

初めてFXを行う際の資金を決めるポイントの1つ目は、レバレッジを高めるリスクを考慮するということです。

レバレッジを高くすれば、少ない自己資金を効率良く運用できますが、その分自己資金以上のリスクを被る可能性が高くなります

例えば、4万円の資金でレバレッジ25倍を選択して、1ドル100円の米ドルを10,000通貨保有する100万円の取引を行っているとします。

もし、要人発言やネガティブサプライズ、地政学的リスクが重なったことで、急な為替変動が生じて100円から一気に95円になると自己資金よりも多い5万円の損失が生じるので注意が必要です。

もし、レバレッジ10倍であれば、このような事態でも5,000円の損失で済んでいるため、資金以上の損失が生じる可能性は低くなります

100万円という運用額を予定しているのであれば、レバレッジ25倍で4万円、レバレッジ10倍で10万円、レバレッジ5倍で20万円、レバレッジ2倍で50万円の資金が必要です。

資金を決める際には、自己資金を少なくすることを考慮するだけでなく、レバレッジ倍率も考慮しましょう。

ロスカット水準を考慮する

初めてFXを行う際の資金を決めるポイントの2つ目は、ロスカット水準を考慮するということです。

ロスカットとは、資金以上の損失が生じることがないように、FX業者が定めている水準を資金が下回った場合には強制決済を行うというものです。

例えば、4万円の資金でレバレッジ25倍を選択して、1ドル100円の米ドルを10,000通貨保有する100万円の取引を行っているとします。

ロスカット水準が50%に定められているFX業者の場合には、1ドルが98円を下回ると資金が50%である2万円を下回るため、強制決済が行われます。

ロスカットの水準はFX業者によって異なりますが、レバレッジ倍率が高くなればなるほど水準が高く設定されているのが一般的です。

ロスカットによる強制決済が行われる頻度が多くなれば、それだけ損失を確定させることになります。

FXを初めて行う際はどのように取引すればいいか分からず、ロスカットによる強制決済が行われる可能性も高いと言えます。

そのため、レバレッジ倍率を低くして自己資金の比率を高めた方が良いと言えるでしょう。

どの程度の利益を得たいかを考慮する

初めてFXを行う際の資金を決めるポイントの3つ目は、どの程度の利益を得たいかを考慮するということです。

月々数万円の利益を目標にしているのか、サラリーマンの月収程度の利益を目標にしているのかによって必要な資金の額は異なります。

株式投資は、ストップ高・ストップ安というものが設定されているように上下10%以上の価格変動が生じることがありますが、FXはそのような価格変動が生じることはありません

FXでは大きくても数%の変動しか生じないため、FXの利益を増やすにはレバレッジ倍率を上げるか、自己資金を増やすという方法を取ります。

数万円の利益でいいという場合には資金を少なくしてレバレッジ倍率を高くする、または資金を多くしてレバレッジ倍率を低くするという選択肢があります。

一方、サラリーマンの月収程度の利益を目指す場合には自己資金を多く、かつレバレッジ倍率を高くする必要があります。

自己資金が少ない場合には、思ったような利益を得られない可能性もあるため、シミュレーションを行ってから資金を決めるのも方法の1つと言えるでしょう。

運用方法を考慮する

初めてFXを行う際の資金を決めるポイントの4つ目は、運用方法を考慮するということです。

FXの運用方法には、数秒~数分間隔で取引を行うスキャルピング、数十分~1日以内に取引を完結させるデイトレード、それ以上の間隔で取引を完結させるスイングトレードがあります。

例えば、スキャルピングやデイトレードでは短期間に取引を完結させるため、レバレッジを効かせた自己資金の少ない取引を行っても為替変動のリスクをある程度は抑えられます。

スイングトレードのような長期間で取引を完結させる方法の場合は、為替変動のリスクを伴うため、レバレッジを低くして取引を行うのが一般的です。

そのため、為替変動を狙った短期的な運用方法の場合にはレバレッジを効かせて数千円~数万円。

金利を狙った長期的な運用方法の場合には、レバレッジを控えめで数十万円程度の自己資金が必要になると言えるでしょう。

少なすぎる資金では本気になれない可能性があるので注意

少なすぎる資金では本気になれない可能性があるので注意

初めてFXを行う人の場合は、「レバレッジを高めるリスクを考慮する」「ロスカット水準を考慮する」などのポイントを意識しながら資金を決めます。

レバレッジを効かせる場合には数千円~数万円の自己資金で十分と言えますが、数千円~数万円で良いのでしょうか?

自己資金を少なく設定して取引を行おうとした場合には、失っても数千円または数万円の被害で済むため、「この程度ならかすり傷」と本気になれない可能性があります

だからと言って、数百万円の資金を設定して失敗した場合には、精神的なダメージが大きくなるので注意が必要です。

そのため、初めてFXを始める際は、30万円など数十万円程度の自己資金を準備しておくことをおすすめします。

この程度の資金を用意しておけば、緊張感や集中力を維持しながら取引できるだけでなく、万が一失敗しても精神的なダメージを抑えられます。

また、失敗で一部の資金が拘束された場合でも、残りの資金で機会損失を防げるでしょう。

まとめ

まとめ

FXを初めて行う人の中には、FXがいくらから始められるのか、またどのくらい資金を準備すればいいのか分からないという人もいます。

FXの取引に必要な最低資金は業者ごとに異なりますが、最も低い業者で1通貨から取引を行えるため、レバレッジを効かせることによってわずか数円で取引できる業者もあります。

初めてFXを行う際に必要な資金は人によって様々です。

資金を決める際には、「どの程度の利益を得たいかを考慮する」「運用方法を考慮する」などのポイントを意識するだけでなく、資金が少なすぎて緊張感や集中力が途切れないような資金を設定しましょう。

-FX初心者
-, , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.