FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

FXをわかりやすく解説!取引に必要な知識を身につけよう

投稿日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXは他の資産運用の手段と比べて専門用語が多く、知識や経験が少ないFX初心者の中にはハードルが高いと感じている人も多いと思います。

FXの取引を始めるには、まずはFXがどのようなものなのかをしっかり理解してから取引を始めることが重要です。

そこで今回は、FXを始めるにあたって必要な知識についてわかりやすく解説します

FXについてわかりやすく解説

FXについてわかりやすく解説

FXは専門用語が多いため、FXがどのようなものなのかあまり詳しくわかっていないという人も多いと思います。

しかし、あまり詳しくわかっていないまま取引を進めた場合、無駄な損失を増やしてしまう可能性が高いと言えます。

そのため、少しでもFXでリスクを抑えながら安定した利益を得るためには、まずはFXがどのような資産運用の手段なのかについて理解することが重要です。

「FXは億トレーダーが多く誕生しているので儲かりやすい」という印象を抱いている人もいるかもしれませんが、本当にそうなのでしょうか?

FXを始めるにあたって理解しておくべきメリットとデメリットをわかりやすく解説します。

FXの5つのメリット

FXの5つのメリット

資産運用の方法は、FX以外にも株式投資や不動産投資など数多くの種類があります。

FXが自分に合わない場合は、無理にFXに取り組むのではなく、別の方法を選んだ方が安定した利益が期待できます。

そこでまず押さえておきたいのがFXのメリットです。

FXには主に以下の5つのメリットがあります。

  • 土日を除いて24時間取引できる
  • レバレッジを効かせることで少ない資金でも取引できる
  • ロスカットで証拠金以上の損失を防ぐことができる
  • スワップポイントを毎日受け取ることができる
  • 売りからも取引を始めることができる

それぞれのメリットをわかりやすく解説します。

土日を除いて24時間取引できる

株式投資は、国内の証券取引所の開いている時間しか取引できません。

そのため、基本的に平日9時~15時までと取引時間が限られています。

しかし、FXは日本の為替取引所だけでなく、世界中の為替取引所を介して取引することができるため、土日を除いて24時間取引することが可能です。

「祝日は?」と気になった人もいるかもしれませんが、日本が祝日で為替取引所が閉まっていても、他の国の為替取引所が開いているので取引できます。

株式投資は時間が限定されており、日中働いている人がリアルタイムで取引するのはほぼ不可能ですが、FXは時間が限定されていないので自分のライフスタイルに合わせることが可能です

このように取引しやすい環境が整っていることがメリットの1つと言えます。

レバレッジを効かせることで少ない資金でも取引できる

不動産投資は金融機関の融資審査が通れば、融資を受けながら資産運用を行うことが可能です。

しかし、株式投資や投資信託などにはそのような仕組みがないため、自己資金以上の取引を行うことはできません。

ところがFXには、レバレッジという仕組みが採用されているため、自己資金以上の取引を行うことが可能です。

レバレッジとは、日本国内であれば自己資金の最大25倍まで取引できるという仕組みです。

例えば、1通貨100円の通貨を1万通貨取引する場合には、最低でも100万円の自己資金が必要になります。

しかし、レバレッジ25倍にすれば、25分の1の資金でいいため、4万円あれば取引が可能です

得られる利益は100万円の資金で取引した時と同じなので、少ない資産を効率良く増やすことができるでしょう。

ロスカットで証拠金以上の損失を防ぐことができる

ロスカットとは、FX業者がマイナスの生じているトレーダーのポジションを強制決済して損失を確定させる仕組みのことです。

「強制決済によってマイナスを確定させるのはメリットではないのでは?」と感じた人もいるかもしれませんが、そのようなことはありません。

例えば、1通貨100円の1万通貨をレバレッジ25倍で保有している際に、仮にテロや戦争などが発生して100円が95円になったとします。

100万円が95万円になるので5万円のマイナスですが、レバレッジ25倍であれば4万円の証拠金しか入金していない可能性があります。

そうなると、下落によって不足する1万円を追加入金しなければなりません。

しかし、ロスカットはそのような証拠金以上の損失が生じる前に強制決済してくれるため、リスクを軽減できます。

そのため、安心して取引できると言えるでしょう。

スワップポイントを毎日受け取ることができる

スワップポイントとは、通貨間の金利差によって毎日得られる配当金のような利益のことです。

金利差がマイナスになるポジションを保有している時は、毎日スワップポイントを支払う必要がありますが、プラスになるポジションを保有している時は、毎日受け取ることが可能です。

レバレッジ25倍で取引した時は、数万円程度の自己資金で金利差の高い通貨ペアであれば毎日100円前後のスワップポイントを受け取れるケースも。

2019年11月時点のメガバンクの普通預金金利が0.001%となっており、100万円預けても1年で10円しか利息がつかない状況を考えると、毎日100円前後の金利差をもらえるのは大きなメリットと言えるでしょう。

売りからも取引を始めることができる

株式投資の現物取引では、購入したものを売却するため、買いからしか取引を始めることができません。

そのため、相場が上昇している間は利益を得ることができますが、相場が下落している間はただ相場を見ているしかできないというデメリットがあります。

しかし、FXの場合は証拠金取引と呼ばれる仕組みになっているため、買いからだけでなく売りから取引を始めることが可能です。

上昇相場だけでなく下落相場でも利益を出せるため、効率良く利益を得られるのは大きなメリットと言えるでしょう。

FXの2つのデメリット

FXの2つのデメリット

FXは、土日を除いて24時間取引できる・レバレッジを効かせることで少ない資金でも取引できるといったメリットがありましたが、何かデメリットはあるのでしょうか?

FXの主なデメリットは以下の2つです。

  • ロスカットがうまく作動しない可能性がある
  • 知識と経験がないとリスクが高くなる

それぞれのデメリットについてわかりやすく解説します。

ロスカットがうまく作動しない可能性がある

ロスカットとは、証拠金以上の損失が生じないようにするトレーダーを守るための仕組みでしたが、急な為替変動が生じた場合にはうまく作動しない可能性があります。

例えば、フラッシュクラッシュと呼ばれる2019年の年始に発生したような急な為替変動やリーマンショックといった急な為替変動が生じた場合には、うまく作動せずに強制決済が遅れます。

強制決済が遅れた場合は、証拠金以上の損失が生じてそれを補うための追加入金が必要に

ロスカットを過信して高いレバレッジでの取引をしている場合には、急な為替変動に巻き込まれる可能性もあるので十分注意しましょう。

知識と経験がないとリスクが高くなる

FXは、為替が現在と比べて将来上がるか下がるかを予想するだけなので2分の1の確率で当たります。

しかし、これらの為替変動を生み出している要因は、トレーダーの思惑や企業の決済資金の確保(実需)、大口の仕掛けなど様々であるため、しっかり予想しないと反対ばかりを引き当てる場合も。

FXで安定した利益を得るには、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析などを駆使して予想精度を上げる必要があります

また、損切りの知識を身につけないと、どんどん損失が拡大することに。

知識と経験がないとリスクが高くなるため、知識と経験を積むまでに時間がかかることがデメリットと言えるでしょう。

まとめ

まとめ

FXには専門用語が多いため、どのような運用方法なのかあまりわかっていない人も多いと思います。

しかし、よく理解できていないまま取引を始めると、リスクが高くなって損失が生じやすくなるので注意が必要です。

そうなることを防ぐためにも、この記事にわかりやすくまとめたメリットやデメリットを確認してどのようなものかよく理解してから取引を始めましょう。

-FX初心者
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.