FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

一万円でも取引できる?FX初心者が一万円で利益を出す方法とは

投稿日:2019年5月5日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXをこれから始める初心者の中には、FXがいくらから始められるか、自己資金一万円でも十分に利益が出せるか気になっている人も多いのではないでしょうか?

FXはレバレッジを効かせることで自己資金以上に取引できる仕組みがあるため、一万円でも取引できるほかある程度の利益が期待できます。

そこで今回は、FXの初心者が一万円で利益を出すための方法について解説します。

FXはレバレッジを効かせることで少額から取引できる

FXはレバレッジを効かせることで少額から取引できる

FXの初心者の中には、資産運用同様、ある程度まとまった資金が必要になると考えている人も多いでしょう。

しかし、FXにはレバレッジという自己資金以上に取引できる仕組みがあるため、他の資産運用と比較すると少額から運用を始められます

例えば、1ドル110円の米ドルを1万通貨取引する場合は「110円×10,000=110万円」が必要です。

しかし、レバレッジ25倍の場合には、25分の1で済むので4万4,000円あれば取引を始められます。

この4万4,000円というのは、最低取引単位を1万通貨に設定しているFX業者の場合です。

FX業者の中には、最低取引単位を1通貨に設定しているところもあります

その場合には110円の25分の1が4.4円と、5円あれば取引を始められることになるため、自己資金が一万円あれば十分に取引を始められるでしょう。

海外はレバレッジの規制がない

レバレッジは自己資金以上に取引できる仕組みと言いましたが、いくらでもレバレッジを効かせられるわけではありません。

レバレッジを効かせるということは、少ない資金で効率良く利益が得られる一方で、損失が大きくなりやすいというデメリットもあります

日本では、レバレッジを効かせすぎたことで大きな損失を抱えてしまうことを防ぐために、最大レバレッジが25倍に制限されています

また、それでもリスクが高いという理由で、25倍から10倍に引き下げる案も浮上しています。

レバレッジの規制は金融庁が定めた日本独自のルールであるため、海外のFX業者には適用されません。

そのため、海外のFX業者の中には、最大レバレッジが500倍を超える業者もあります。

自己資金が少ない場合には、レバレッジ倍率の高い海外のFX業者を活用するという方法もありますが、それなりのリスクを伴うので注意した方が良いと言えるでしょう。

一万円でどのくらいの利益が期待できるか

一万円でどのくらいの利益が期待できるか

自己資金一万円でFXを始めた場合は、どの程度の利益が期待できるのでしょうか?

例えば、レバレッジ25倍で1ドル110円の米ドルを取引する場合は、2,000通貨程度の取引が可能です。

2019年4月時点、最大値と最小値の差は約30pipsです。

1pipsは1銭のことで、利益はその2,000倍になるので20円です。

「利益はたったのそれだけ?」と思った人もいるかもしれませんが、自己資金が少ないとこれが限界です。

値幅が大きいマイナー通貨の場合はもう少し利益が期待できるかもしれませんが、その分リスクが高くなります。

為替変動は何度か上下を繰り返すため、その流れにうまく乗れれば利益の上乗せが期待できますが、過度に期待しすぎないようにしましょう。

初心者が一万円でFXを始める際の注意点

初心者が一万円でFXを始める際の注意点

FXに興味がある初心者の中には、「損失を最小限に抑えるために」また「自己資金をあまり準備できない」などの理由で、一万円からFXを始めようとしている人も多いことでしょう。

しかし、FXで一万円は少額の部類になるため、何らかの制限が生じる可能性があるので注意が必要です。

初心者が一万円でFXを始める際の主な注意点は以下の3つです。

  • 大きな利益を期待しすぎない
  • FX業者が限定される
  • ロスカットになりやすい

それぞれの注意点について見ていきましょう。

大きな利益を期待しすぎない

注意点の1つ目は大きな利益を期待しすぎないことです。

「FXで億トレーダーになった」という人の成功体験などを聞いて、「自分も億は無理でも1ヶ月10万円程度なら勝てる」と思っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、「一万円でどのくらいの利益が期待できるか」の見出しでも触れたように、一万円程度の資金では、1ヶ月で得られる利益には限界があります

毎日20円の利益が20日続いても400円の利益です。

一万円でFXを始める場合には、大きな利益を期待しすぎるのではなく、まずはコツコツと利益を重ねて取引の資金を増やしていくことが重要と言えるでしょう。

FX業者が限定される

注意点の2つ目はFX業者が限定されることです。

一万円の自己資金では、最低取引単位を10,000通貨に設定しているFX業者で自由に取引をすることができません。

そのため、一万円の自己資金で取引する場合には、最低取引単位が1,000通貨以下のFX業者を選ぶ必要があります。

最低取引単位を1,000通貨以下に設定しているFX業者も多くありますが、

  • 選べるFX業者のスワップポイントが低く、金利差による利息が得られにくい
  • スプレッドが広く、取引の際に支払う手数料が多くて困る

といった可能性があります。

また、取り扱う通貨数が少ない、システムが使いにくいなど、FX業者が限定されることで理想通りの取引ができない可能性があるのでFX業者選びには十分に注意しましょう。

ロスカットになりやすい

注意点の3つ目はロスカットになりやすいことです。

ロスカットとは、自己資金以上の損が生じないように、FX業者が定める証拠金の維持率以下になった場合に強制決済する仕組みです。

このロスカットのおかげで、レバレッジ倍率を高めても自己資金以上の損が生じる可能性が低くなり、安心して取引できます。

しかし、自己資金が少ないということはポジションを持った時点で維持率が低くなるため、自分が予想していた展開とは異なる変動が生じると、すぐにロスカットになる可能性があります。

そのため、一万円で取引する際には、証拠金維持率がロスカットの条件にかからないように取引量を少なめにするなど、注意しながら取引しましょう。

スワップポイントを狙うのも1つの選択肢

スワップポイントを狙うのも1つの選択肢

FXの初心者が「自己資金一万円で少しでも毎日確実に毎日利益を出したい」という場合は、為替差益を狙うのではなく金利差によるスワップポイントを狙うのも1つの手段です。

例えば、世界の基軸通貨である安定した為替変動になりやすい米ドルの買いポジションを所有すると、FX業者ごとに異なりますが、1万通貨あたり80円程度のスワップポイントが得られます。

取引量が2,000通貨と5分の1であるため、得られるスワップポイントも16円と5分の1ですが、確実に増えていくので効率的と言えます。

南アフリカランドやトルコリラなどは、高スワップポイントの通貨として有名ですが、マイナー通貨で為替変動が不安定であるというリスクを伴います。

注意ポイント

自己資金が少ない場合にはスワップポイントで効率良く利益を得るのも手段と言えますが、リスク管理を怠ると為替差損が生じるので注意しましょう。

まとめ

まとめ

FX業者の中には最低取引単位が1通貨のところもあるため、自己資金が一万円でも問題なく取引を始められます

一万円でもある程度の利益は期待できますが、日本国内の最大レバレッジ25倍を駆使しても、1日数十円程度が限界と言えます。

ロスカットになりやすいといったリスクも伴うため、リスク管理を徹底しながら取引をしましょう。

-FX初心者
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.