FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXのブレイクアウトは高確率で勝てる?ブレイクアウトの手法とは

投稿日:2019年9月23日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXで安定した利益を得るために、様々な取引手法について学んで行く中で少しでも勝率を上げようと考えている人も多いのでは?

色々と取引手法について調べていると、「ブレイクアウトは高確率で勝てる」など、ブレイクアウトの手法を進める内容を見つけて何のことか気になった人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、FXのブレイクアウトとはどんな手法なのか、メリットとデメリットを解説します

FXのブレイクアウトとは

FXのブレイクアウトとは

FXは、為替が現在の価格よりも将来的に上がるか下がるか予想して取引することによって差益を得ます。

ただ単に上がるか下がるか予想するだけでは勝率が50%なので、少しでも勝率を高めるために、予想精度を上げようと手法などを色々学んでいるトレーダーも多くいます。

FXのブレイクアウトも、予想精度を上げるための手法の1つです。

ブレイクアウトとは、売りと買いが均衡している状況で、均衡が破れた時にエントリーして大きな利益を得るという手法です。

レンジ相場になっている状況からブレイクした時にエントリーしますが、そもそもレンジ相場とは何なのでしょうか?

トレンド相場とレンジ相場の違いについて見ていきましょう。

トレンド相場

トレンド相場とは、為替変動が上昇もしくは下落のどちらか偏っている相場です。

例えば、為替が上がると考えて買いでエントリーしている人が多いと買いで為替が上昇するため、右肩上がりの上昇トレンドになります。

一方、為替が下がると考えて売りでエントリーしている人が多いと売りで為替が下落するため、右肩下がりの下落トレンドになります。

トレンドは一度生じると完全に終わるまではトレンドが継続するため、上昇トレンドでは買いでエントリー、下降トレンドでは売りでエントリーすれば安定した利益を得ることが期待できるのが特徴です。

レンジ相場

レンジ相場とは、為替変動が一定ラインまで上がった後に下がる、一定ラインまで下がった後に上がるという変動を繰り返す相場です。

ボックス相場とも呼ばれており、同じ範囲内で行ったり来たりを繰り返します。

ラインにはそれぞれ名前が付いています。

下のラインは買いが強くなることからサポートライン、上のラインは売りが強くなることからレジスタンスラインです。

基本的には、サポートラインで買いエントリー、レジスタンスラインで売りエントリーすることで、安定した利益を得ることが期待できます。レンジ相場では必ずラインに触れるとは限りません。

ラインに触れる前に下落または上昇する可能性もあるほか、ラインを突き抜ける(ブレイクアウト)可能性もあるので取引する際は十分に注意しましょう。

代表的なブレイクアウトのパターン

代表的なブレイクアウトのパターン

ブレイクアウトとは、売りと買いが均衡している状況で、均衡が破れた時にエントリーして大きな利益を得るという手法のことでしたが、どんなブレイクアウトのパターンがあるのでしょうか?

代表的なブレイクアウトのパターンは以下の3つです。

  • 安値切り上げ型
  • 高値切り下げ型
  • 三角持ち合いからのブレイク型

それぞれのブレイクパターンについて詳しく見ていきましょう。

安値切り上げ型

安値切り上げ型とは、売り圧力が少しずつ弱まってきて、超えることができなかったレジスタンスラインをブレイクするパターンです。

安値切り上げ型では、レジスタンスラインは変わらないものの、サポートラインが少しずつ切り上がってきていることが大きなポイントと言えます。

上に向かってブレイクするため、ブレイクするタイミングで買いエントリーすれば大きな利益が期待できるでしょう。

高値切り下げ型

高値切り下げ型とは、買い圧力が少しずつ弱まってきて、超えることができなかったサポートラインをブレイクするパターンです。

高値切り下げ型では、サポートラインは変わらないものの、レジスタンスラインが少しずつ切り下がってきていることが大きなポイントと言えます。

下に向かってブレイクするため、ブレイクするタイミングで売りエントリーすれば大きな利益が期待できるでしょう。

三角持ち合いからのブレイク型

三角持ち合いからのブレイク型とは、高値も安値も更新できずにエネルギーを貯めている状態から急にブレイクするパターンです。

安値切り上げ型は上、高値切り下げ型は下にブレイクするということが分かっているため、エントリーしやすいと言えます。

しかし、三角持ち合いからのブレイク型は、ブレイクする方向が読めません

急にブレイクが生じて大きなトレンドになる可能性もあるため、遅れないようにしっかりチャートを確認しておくことが重要と言えるでしょう。

ブレイクアウトのメリット

ブレイクアウトのメリット

FXでブレイクアウトの手法を用いることにどんなメリットがあるのでしょうか?

ブレイクアウトの主なメリットは以下の2つです。

  • 単純で分かりやすい
  • 大きな値幅が期待できる

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

単純で分かりやすい

ブレイクアウトの手法は、レンジ相場の中でサポートラインやレジスタンスラインを突き抜けた時に、突き抜けた方向にエントリーするというシンプルな手法です。

難しい専門的な知識を必要とするものではないため、FXの知識や経験が少ない初心者でも簡単に取り入れられるのが大きなメリットです。

大きな値幅が期待できる

レンジ相場は、買い圧力と売り圧力が均衡している状態です。

そのため、均衡が崩れた時は損切りや新しいエントリーで大きな為替変動が生じる可能性が高いという特徴があります。

特に最近はFXの自動売買を導入している人が増えており、ブレイクが生じた場合に大きな為替変動が生じるケースが増えています。

つまり、ブレイクアウトを狙って取引すれば、大きな利益を得ることが期待できるでしょう。

ブレイクアウトのデメリット

ブレイクアウトのデメリット

FXでブレイクアウトの手法を用いるメリットとして、単純で分かりやすい・大きな値幅が期待できることが挙げられました。

反対にブレイクアウトのデメリットとして何があるのでしょうか?

ブレイクアウトの主なデメリットは以下の2つです。

  • だましが発生する可能性がある
  • 失敗すると大きな損失を抱える可能性がある

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

だましが発生する可能性がある

レンジ幅が狭い状況でブレイクアウトが生じた時は、一時的にブレイクアウトしただけで、まだレンジ相場が続いている可能性があります。

「ブレイクアウト=サポートラインやレジスタンスラインを突き抜ける」と考えていると、だましに引っかかってしまう可能性が高くなります

そのため、狭いレンジでのブレイクアウトは無視、だましかどうかしばらく様子を見るなど、だまし対策を事前に練っておくことが重要と言えるでしょう。

失敗すると大きな損失を抱える可能性がある

レンジ幅が広い状況でブレイクアウトが生じた時には、そこまで大きなブレイクアウトにならない可能性があります。

一時的にはブレイクアウトしたものの、そこから再度レンジ相場に戻った場合は、先にあるサポートラインやレジスタンスラインまでが遠く、大きな損失を抱える可能性もあります

そのため、広いレンジでのブレイクアウトでは早めに利確、損切りラインを設定するなど、だまし対策と同様に事前の対策を練っておくことが重要と言えるでしょう。

まとめ

まとめ

FXで安定した利益を得るには、次にどんな為替変動が生じるかという予想の精度をいかに高くできるかが重要です。

ブレイクアウトも予想の精度を高めるための手法の1つですが、必ずその通りになるとは保証されていません

そのため、FXでブレイクアウトの手法を使って取引する際には、ブレイクアウトの特徴やメリットとデメリットをよく理解してから取引を始めるようにしましょう。

-テクニック
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.