FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXのファンダメンタルズ分析は完璧?使う際の注意点とは

投稿日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXでは、次にどのような為替変動が生じるのか先読みし、売買を行うことによって利益を得ます。

為替変動を先読みする手法の1つとして、ファンダメンタルズ分析がありますが、ファンダメンタルズ分析はどのような手法で、使う際に注意点は何かあるのでしょうか?

そこで今回は、FXでファンダメンタルズ分析を使う際の注意点について見ていきましょう

為替変動を先読みするための手法は2つ

為替変動を先読みするための手法は2つ

FXでは、「何となく上がりそうだから」「ここまで下がったら次は上がる」といった感覚で取引を行っていても安定した利益を出すことができません。

FXで安定した利益を出すには、「次はこうなる」という根拠に基づいて取引を行う必要があります

為替変動を先読みする際に用いる手法には以下の2つがあります。

  • テクニカル分析
  • ファンダメンタルズ分析

それぞれの手法について詳しく見ていきましょう。

テクニカル分析

テクニカル分析とは、為替変動をグラフ化したチャートの分析を行うことによって、次にどのような為替変動が生じるのかを先読みする手法です。

チャートには、投資家の思惑や心理状態などが視覚的に表れています。

テクニカル分析をうまく活用することができれば、投資家の思惑や心理を読み取ることができるため、FXの取引を行う際の判断材料や根拠になります。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは、為替変動に影響を与える経済の情報を駆使して為替変動を分析する手法です。

例えば、各国の金融政策や景気、金利、政治といった情報がファンダメンタルズに含まれます。

それ以外にも、災害や戦争、テロといった地政学的リスクもファンダメンタルズに含まれるため、様々な情報に敏感になっておく必要があります。

ファンダメンタルズ分析の一例

ファンダメンタルズ分析の一例

為替変動が生じる要因には、国内へ資金が流入する(円高)または国外に資金が流出する(円安)ことが挙げられます。

どのような場合にこれらの現象が生じるのかをまとめると以下のようになります。

<国内へ資金が流入する要因(円高)>

  • 景気が良い
  • 金利が高い
  • 貿易黒字
  • インフレ率が低い
  • 地政学的リスクが低い

<国外に資金が流出する要因(円安)>

  • 景気が悪い
  • 金利が低い
  • 貿易赤字
  • インフレ率が高い
  • 量的緩和政策
  • 地政学的リスクが高い

ポイント

発行している国の経済状態が良い場合は国内へ資金が流入するため円高、逆に経済状態が悪い場合は国外へ資金が入出するため円安になると覚えておくと良いでしょう。

為替変動に影響を与える主な金融政策とは

為替変動に影響を与える主な金融政策とは

為替変動に影響を与えるファンダメンタルの1つとして金融政策があります

その中でも特に影響を大きく与えるものとして以下の金融政策が挙げられます。

  • 米FOMC
  • 日銀の金融政策決定会合
  • ECB理事会

それぞれの金融政策について見ていきましょう。

米FOMC

米FOMCとは、世界に強い影響力を持つアメリカの金融政策を決める会合のことで、年8回開催されます。

米FOMCで、米国が利上げを発表した場合には、金利が上昇することになるため、世界中の資金がアメリカに流れ込みますが、反対に、他の国は資金が流出するなど、世界に大きな影響を与えるので、重要な経済政策として扱われています。

日銀の金融政策決定会合

日銀の金融政策決定会合は、影響力は米FOMCよりも弱いものの、対円のトレードを中心に行っている投資家にとっては確認すべき金融政策の1つです。

2012年に開始した異次元の金融緩和、2016年に導入したマイナス金利導入といった日銀の金融政策では為替変動に大きな影響が生じました。

ECB理事会

ECB理事会とは、ユーロ圏の金融政策決定のことで、ユーロ動向に大きな影響を与えるため、こちらも確認すべき金融政策の1つと言えます。

ユーロ安の状況ではユーロ円が下落しますが、その影響を受けてドル円も下落するなど、ユーロの影響は他の通貨にも影響するため注意しましょう。

為替変動に影響を与える主な経済指標とは

為替変動に影響を与える主な経済指標とは

為替変動に影響を与えるファンダメンタルの1つとして経済指標があります

その中でも特に影響を大きく与えるものとして以下の経済指標が挙げられます。

  • 米雇用統計
  • 米CPI
  • 米小売売上高

それぞれの経済指標について見ていきましょう。

米雇用統計

米雇用統計では、非農業部門の雇用者数、平均賃金、失業率に関する内容について発表が行われますが、特に非農業部門雇用者数が注目されています。

米雇用統計は毎月第1金曜日に発表されます。

日本時間の午後10時半(サマータイムでは午後9時半)に発表され、大きな為替変動の要因にもなるので注意が必要です。

米CPI

米CPIとは、アメリカのインフレ率のことです。

アメリカの金融政策は雇用拡大と物価の安定を目指しているため、インフレ率の結果次第では利下げや利上げを行います

利下げや利上げは米ドルの金利に影響を与えることになり、結果的に為替変動にも影響を与えることになるので注意が必要です。

米小売売上高

米小売売上高とは、消費者がどれだけ消費しているかを表す指標です。

国の消費力は経済状況と強く結びついているため、景気判断の材料として用いられます

「たかが消費でしょ?」と思う人もいるかもしれませんが、重要な経済指標の1つであるため、確認しておくようにしましょう。

ファンダメンタルズ分析の注意点

ファンダメンタルズ分析の注意点

ファンダメンタルズ分析に必要な情報はネットなどでも簡単に手に入るため、為替変動を予想する際に手軽に活用できる手法と言えます。

しかし、ファンダメンタルズ分析を活用する際は以下の点に注意が必要です。

  • 短期的な変動はテクニカル分析が用いられる
  • 織り込み済であることが多い

それぞれの注意点について見ていきましょう。

短期的な変動はテクニカル分析が用いられる

ファンダメンタルズ分析は、長期的な為替変動を予想する際は適していますが、短期的なトレード分析には適していません

そのため、短期間での売買を繰り返すスキャルピングやデイトレードといった取引手法を用いる場合は、ファンダメンタルズ分析ではなく、テクニカル分析を用いた方が安定した利益を出すことができるでしょう。

織り込み済であることが多い

ファンダメンタルズ分析は、おおよその為替変動を予想することができますが、今までの報道資料などからある程度発表される金融政策や経済指標が予想できるため、織り込み済であることが多いと言えます。

そのため、「為替が上昇する報道内容だ!」と思って買いを期待して取引に参加したものの、実際にはそこまで大きな為替変動が生じないということは多々あります

逆に、いくら良いニュースでも市場予想よりも下回った場合は、失望売りが生じることもあるので、情報が為替変動に与える影響をしっかりと考えることが重要と言えるでしょう。

まとめ

まとめ

FXは、次に生じる為替変動を予想して先回りして売買を行うことによって利益を得ます。

為替変動を予想する際に用いる手法として、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析があります。

テクニカル分析は短期的な為替変動、ファンダメンタルズ分析は長期的な為替変動予想にそれぞれ用いられるため、しっかりと使い分けることが重要です。

また、ファンダメンタルズ分析では、金融政策や経済指標なども考慮しますが、既に織り込み済となることも多いのです。

しっかりと情報が為替変動に与える影響を確認した上で取引を行っていきましょう。

-テクニック
-, , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.