FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

FXではノートをとることが重要?FXでノートをとる方法とは

投稿日:2019年9月22日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXで安定した利益を得るには、取引が上手な人の方法を真似することも方法の1つですが、それでは得られる利益に限界があります。

また、その人の真似をしていて、その人が自己破産に至るような大きな損失を抱えると、自分も同じようになるので自分の取引ルールを決めることが重要です。

そこで今回は、FXで安定した利益を得るためにも、ノートをとる方法について解説します

FXではノートをとることが重要

FXではノートをとることが重要

FXでは為替変動を予想して取引することで差益を得ますが、為替変動の予想精度が低いと安定した利益を得られません。

そのため、FXで安定した利益を得るには、為替変動の予想精度を高めることが重要ですが、それ以外にも損切りラインを決めるなどのように、取引ルールをしっかりと明確にすることも重要です。

FXの取引がうまい人の取引方法や本にまとめられたルールを参考にすることも間違いではありません。

しかし、取引がうまい人の真似をしているだけではその人の成功だけでなく、失敗も真似することになるので注意が必要です。

また、本にまとめられたルールはリアルタイムな相場を反映したものではないため、適宜その時の相場に合わせて書き換えていく必要があります。

そのため、FXで安定した利益を得るには、ノートをとって自分の取引ルールをまとめる・残しておくことが重要です。

ノートをとってまとめる方法として、パソコンやスマホを使ってまとめる方法と手書きでまとめる方法の2種類です。

それぞれの方法のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

パソコンやスマホで記録するメリット

パソコンやスマホで記録するメリット

ノートにまとめると聞いて紙ベースを想像した人も多いと思いますが、パソコンのWordやExcel、スマホのメモ機能などを使ってまとめるという方法もあります。

パソコンやスマホで記録することにどのようなメリットがあるのでしょうか?パソコンやスマホで記録することによるメリットは以下の2つです。

  • ノートをとる手間を省ける
  • 見返す時に見返しやすい

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

ノートをとる手間を省ける

手書きの場合には、書くという作業で疲れてしまう可能性があります。

しかし、スマホやパソコンを使って入力する場合には、労力を減らせるのでその手間を省くことが可能です。

ノートをとる手間を省けるということは楽に情報をまとめられることを意味します

楽に情報をまとめられるということは継続しやすいことを意味します。

FXでノートをとる際には、継続的にノートをとってその中で自分の取引ルールをまとめることが重要です。

そのため、続けやすいことは大きなメリットと言えるでしょう。

見返す時に見返しやすい

取引回数が増えてくると情報が膨大になります。そうなると、まとめた情報を見返す時に見返しにくい可能性があります。

しかし、パソコンやスマホを使ってまとめる際は、タイトルやタグなどを付けてまとめておけば、タイトル検索・タグ検索などでスムーズにまとめたノートを検索することが可能です。

見返しやすいということは、取引前にまとめたノートを確認してから取引に移れるのため、FXで安定した利益を得られることにつなげられるでしょう。

パソコンやスマホで記録するデメリット

パソコンやスマホで記録するデメリット

パソコンやスマホは、手軽にまとめられるほか、見返す時に見返しやすいことがメリットでした。

しかし、簡単にまとめられる一方で、パソコンやスマホにまとめようとしても、パソコンやスマホの知識が優れている人以外は文字でまとめることで精一杯です。

取引ごとのノートの情報量が乏しくなって、単調なノートになりやすいことがデメリットとして挙げられます

詳細な情報をノートにまとめたい時は、手書きの方が良いと言えるでしょう。

手書きで記録するメリット

手書きで記録するメリット

FXの取引情報を手書きで記録するメリットとして、どのようなものがあるのでしょうか?

手書きで記録するメリットは以下の3つです。

  • 記録に残りやすい
  • 情報をより細かくまとめられる
  • ストレスの発散につながる

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

記憶に残りやすい

スマホやパソコンを使ってFXの取引情報などのノートをまとめる際は、簡単に入力できてしまうため、記憶に残りにくいと言えます。

しかし、手書きの場合には、考えながら手を動かしてノートをまとめるので記憶に残りやすいことが特徴です。

記憶に残りやすいということは、それだけ次の取引に活かしやすいため、安定した利益をより得やすくなると言えるでしょう。

情報をより細かくまとめられる

スマホやパソコンは、よほど機械に関する知識に優れた人でない限りは、文字でノートをまとめるのが一般的です。

しかし、手書きでノートをまとめる場合には、簡単に絵を残すことも可能であるため、利益をFXの取引情報をより細かくまとめられます

情報をより細かくまとめられるということは1つのノートからより情報を多く得ることが可能です。

そのため、より有意義なノートにまとめられることが大きなメリットと言えるでしょう。

ストレスの発散につながる

勝ったトレードの場合は気持ちよくノートをまとめられますが、負けたトレードの場合は気持ちが重くなって前向きにノートをまとめられない場合があります。

しかし、手書きでノートにまとめる時はスマホやパソコンでまとめる時より自分の感情をノートに表しやすいと言えます。

負けたトレードの時の感情を手書きでノートに表せば、ストレスの発散につながるため、次の取引を気持ちよく行えるでしょう。

手書きで記録するデメリット

手書きで記録するデメリット

手書きで記録することには、記録に残りやすい・情報をより細かくまとめられるといったメリットがありましたが、手書きで記録することに何かデメリットはあるのでしょうか?

手書きで記録するデメリットは以下の2つです。

  • 書くことに手間がかかる
  • 見返す時に見返しにくい

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

書くことに手間がかかる

スマホやパソコンでFXの取引情報をノートにまとめる際には、キーボードで入力します。

もし間違っても、バックスペースキーで簡単に間違いを削除できることがメリットです。

しかし、手書きでノートにまとめる際には、ペンで書くという手間だけでなく、間違ると消しゴムで消すまたは修正液で消すといった手間がかかります。

ノートにまとめることに手間がかかるということはそれらの作業が面倒に感じられるため、継続しにくいとも言えます。

ノートをまとめることは続けることが大切なので、手書きにかかる手間はデメリットと言えるでしょう。

見返す時に見返しにくい

スマホやパソコンでまとめる際は、タイトルやタグで分けておくことで、後で見返す時に見返しやすいというメリットがありました。

しかし、手書きでまとめる際は、付箋などを貼って分類できても、スマホやパソコンほど見返しやすくなるわけではありません。

見返しにくいということは、取引前に確認して取引に活かしにくいことを意味しています

せっかくまとめても、取引に活かしにくいことは大きなデメリットと言えるでしょう。

まとめ

まとめ

FXで安定した利益を得るためには、取引を繰り返す中で自分だけの取引ルールを見つけることが重要です。

それらの取引ルールをまとめる方法にはノートにまとめるという方法がありますが、スマホやパソコンまたは手書きと大きく2つに分類されます。

スマホやパソコンは簡単にノートをまとめられるというメリットがある一方で、手書きはより詳細にノートをまとめられるというメリットがあります

それぞれの特徴を理解して自分に合ったノートをまとめる方法を選ぶ、もしくはまとめたい情報に合わせて使い分けましょう。

-FX初心者
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.