FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXでは経済指標が重要?為替変動に影響を与える経済指標とは

投稿日:2020年1月6日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXでトレードをしている人の中には、穏やかな相場の中で取引していたにもかかわらず、大きな変動が生じて巻き込まれたことがある人も多いと思います。

このような急な為替変動の背景には、経済指標の発表が絡んでいるのが一般的ですが、経済指標の発表が為替変動になぜ影響を与えるのでしょうか?

そこで今回は、FXで為替変動に影響を与える経済指標とは何なのかを解説します

FXでは経済指標が重要?

FXでは経済指標が重要?

FXでは、次にどのような変動が生じるのか予想して取引することで差益を得ます。

しかし、予想すると言っても、為替変動は数多くの要因が絡み合って生じているため、そう簡単には予想できません。

そこでFXの取引で予想精度を上げるために、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を駆使しながら取引している人も多いのではないでしょうか?

テクニカル分析では、過去の為替変動を見ながら現在の相場のトレンドが上昇トレンドか下降トレンドか判断するほか、相場の過熱感といったトレーダーの心理状態を読み解いていきます

一方、ファンダメンタルズ分析では、通貨を発行している国の経済情勢や世界の経済情勢を見ながら次に生じる為替変動を予想します。

為替変動を予想する際の材料の1つに経済指標がありますが、経済指標とは一体何なのでしょうか?

経済指標とは

経済指標とは、国が発表する経済情勢のことです。

ファンダメンタルズ分析の1つで、前回発表された内容と今回発表される内容の差を見て、どのような経済情勢なのかを判断して取引を行います。

しかし、市場では、経済指標の予想があらかじめ発表されています。

そのため、発表された経済指標の結果が予想と差がない場合、経済指標が発表されても大きな為替変動が生じることはありません。

ところが、発表された経済指標の結果が予想とはかけ離れている場合は、相場が大きく動く可能性が高いため、必ずチェックしておくべきものと言えるでしょう。

経済指標でチェックしておくべき5つの項目

経済指標でチェックしておくべき5つの項目

経済指標がファンダメンタルズ分析の1つで、FXの取引で為替変動を予想する際の重要な情報であることが分かりました。

しかし、経済指標と一口に言っても経済指標はほぼ毎日発表されているため、具体的に何をチェックすればいいか分からない人も多いのではないでしょうか?

経済指標でチェックしておくべき項目は以下の5つです。

  • 米国雇用統計
  • GDP
  • 小売売上高
  • 鉱工業生産
  • 各種景況感指数

それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

米国雇用統計

米国は世界の基軸通貨である米ドルを発行している国であるため、米国雇用統計の結果は世界の通貨に影響を与えます。

米国の雇用統計は、主に非農業部門雇用者数と失業率の2種類に分かれます。

非農業者部門雇用者数が多い、失業率が低い場合には景気が良いと判断されて米ドルが買われる要因に。

非農業者部門雇用者数が少ない、失業率が高い場合には景気が悪いと判断されて米ドルが売られる要因になります。

米国雇用統計の発表は、毎月第一金曜日が原則で、たまに第二金曜日になります。

時間は、日本時間の午後9時30分ですが、サマータイムが終わって冬時間になると午後10時30分です。

曜日や時間を間違えると、その影響をまともに受けてしまうことになるため、事前に日時を確認しておくことをおすすめします

GDP

GDPとは、国内総生産のことです。

国内で生み出された価値の総額のことで、国の経済情勢を知る上で重要な指標と言えます。

GDPは雇用統計のように毎月発表されるものではなく、四半期に1回発表されるのが一般的です。

各国で発表方法が異なりますが、基本的に速報値や一時速報、確報値や二次速報など、複数回に分けて発表されます。

最も為替変動に影響を与えるのは、速報値または一時速報です

その後発表された改定値や確報値、二次速報が速報値や一時速報と異なる場合には多少の影響がありますが、速報値や一時速報ほどではありません。

頻繁に発表される指標ではないため、いつ発表されるのかしっかりと確認しておくことが重要と言えるでしょう。

小売売上高

小売売上高とは、小売業者の売上額をまとめたものです。

コンビニやスーパーマーケット、百貨店などの小売業者の売上総額がどのように変動したかが分かります。

小売売上高が上昇しているということは、それだけ消費者の消費が増えていることなので、景気が良いと判断されて米ドルが買われる要因になります

毎月発表されているため、チェックを忘れることがないように注意しましょう。

鉱工業生産

鉱工業生産とは、工業品の生産高をまとめたものです。

工業品には、コンピューターや電化製品、自動車などが含まれており、小売売上高と同様、サービス業の売上総額がどのように変動したのかが分かります。

鉱工業生産が上昇しているということは、それだけ消費者の消費が増えているということなので、小売売上高と同様に景気が良いと判断されて米ドルが買われる要因になります

さらに鉱工業生産の中でも、オフィス製品が上昇している場合は、企業の業績が好調であることが分かるのでプラスの要因です。

こちらも小売売上高と同様、毎月発表されているため、小売売上高と両方をチェックすればより経済情勢がどのようになっているのか判断できるようになるでしょう。

各種景況感指数

景況感指数とは、現在の景気もしくは今後の景気について消費者やアナリストに聞き取り調査やアンケート調査を実施して指数化したものです。

景況感指数が良ければ、景気が良いと感じている人が多いことを意味するため、為替変動にプラスの要因と言えます。

一方で、景況感指数が悪いと、景気が悪いと感じている人が多いことを意味するのでマイナスの要因になります。

チェックすべき景況感指数は主に以下の4つです。

  • ZEW景況感指数
  • IFO景況感指数
  • 米国消費者信頼感指数
  • ミシガン大消費者信頼感指数

ZEW景況感指数とIFO景況感指数は、ともにドイツに関連する指数です

それ以外はともに米国に関連する指数です。

これらも毎月公表されているため、必ずチェックしましょう。

テクニカル分析を用いることも重要

テクニカル分析を用いることも重要

経済指標をチェックすることは、為替変動を予想する上でかなり重要と言えます。

しかし、事前に発表されている予測と差がない場合は、為替変動に与える影響が少ないため、あまり役に立たない場合もあります。

また、ファンダメンタルズ分析は長期的な為替変動の予想に適していますが、短期的な為替変動の予想には適していません。

そのため、スキャルピングやデイトレードなどの短期的な取引には不向きです。

経済指標の結果を踏まえてさらに予想精度を高めたい、スキャルピングやデイトレードを行いたいのであれば、ファンダメンタルズ分析だけでなく、テクニカル分析を組み合わせることが重要です

テクニカル分析と一口に言っても様々な分析手法があるため、使いこなすことは容易ではありません。

しかし、うまく組み合わせればFXでより安定した利益が期待できるでしょう。

まとめ

まとめ

FXで安定した利益を得るためには、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を駆使して為替変動を予想することが重要です。

ファンダメンタルズ分析の1つに経済指標がありますが、経済指標と一口に言っても、毎日経済指標が発表されており、どれをチェックすればいいか分からない人も多いと思います。

経済指標では、「米国雇用統計・GDP・小売売上高・鉱工業生産・各種景況感指数」の5つを必ずチェックしておくことが重要です

しかし、経済指標だけでは補いきれない部分もあるため、さらに予想精度を高めて安定した利益を得るためにはテクニカル分析を組み合わせることも重要と言えるでしょう。

-テクニック
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.