FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXの1lotとは?1lotで取引するメリットとデメリット

投稿日:2019年12月2日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXの取引をこれから始めようとしている人の中には、1lotという言葉がいきなり出てきて何なのか分からずに悩んでいる人も多いと思います。

1lotとはFXで取引する際の単位を表しますが、どんな単位で、1lotで取引することにはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

そこで今回は、1lotとはどんな単位なのか、1lotで取引する際のメリットとデメリットを解説します

FXの1lotとは?

FXの1lotとは?

FXには専門用語が多いため、これからFXを始めようとする人は、まずFXでよく使用する言葉を理解する必要があります。

例えば、1lotという言葉はFXで取引する際の通貨の単位を表していますが、どのくらいの単位を表しているのでしょうか?

1lotとは1万通貨を意味しており、ほとんどのFX業者はこの1lotを最低取引単位としているため、覚えておく必要があります。

仮に1米ドルが100円の時に1lotを取引する場合には、「100円×1万通貨=100万円」の資金が最低でも必要です。

しかし、FXはレバレッジを効かせることで、日本国内のFX業者であれば最大25分の1に資金を抑えられます。

そのため、「100万円÷25=4万円」あればFXの取引を始めることが可能です。

1lotは通貨によって異なる

1lotはFXで取引する際の単位であると言いましたが、通貨によって1lotの意味が異なるケースがあるので注意が必要です。

例えば、米ドルやユーロ、ポンドなどは100円台で推移していますが、南アフリカランドやメキシコペソなどは数円台で推移しているなど、通貨によって価格が大きく異なります。

ほとんどの通貨の単位は1lotが1万通貨となっていますが、南アフリカランドやメキシコペソのように価格の小さな通貨は1lotが10万通貨として扱われるケースもあります

基本的には1lot=1万通貨であるものの、一部の価格の小さい通貨では1lot=10万通貨になっているため、スワップポイントやスプレッドの計算をする際には注意しましょう。

必ずしも1lotで取引する必要はない

米ドルやユーロ、ポンドなどの価格の大きい通貨は1lotの1万通貨、南アフリカランドやメキシコペソなどの価格が小さい通貨は1lotの10万通貨が最低取引単位ですが、絶対に1lotが最低取引単位というわけではありません。

FX業者のほとんどが最低取引単位を1lotに設定していますが、FX業者の中には0.1lotを最低取引単位としている業者、0.0001lotを最低取引単位としている業者もあります

0.1lotを最低取引単位としている業者の場合は、1米ドル100円の時にレバレッジ25倍で4,000円、0.0001lotの業者の場合は、4円あれば取引を始めることが可能です。

FXで取引するための資金をそこまで多く準備できない、少しでもリスクを抑えながら取引したい、慣れるまでは少額で運用したい人は、最低取引単位が1lotよりも低いFX業者で取引を始めた方が良いと言えるでしょう。

1lotで取引するメリット

1lotで取引するメリット

1lotを最低取引単位に定めているFX業者がほとんどですが、口座を開設する際に1lotが最低取引単位のFX業者か、1lotよりも小さいFX業者にするか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

また、1lot単位で取引すべきか、1lotよりも小さい単位で取引すべきかを悩んでいる人も多いと思います。

まずは1lotで取引するメリットとデメリットを比べて、どちらが自分に合っているのかを把握することが重要です。

1lotで取引する際のメリットは以下の2つです。

  • 大きな差益が期待できる
  • 得られるスワップポイントも多くなる

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

大きな差益が期待できる

FXと並んで人気のある株式投資は、1日に10%以上の価格変動が生じることもあります。

しかし、FXでは1日に10%の価格変動が生じるということは100円の通貨が110円以上、もしくは90円以下になることを意味するので基本的にあり得ません。

為替は1日に1%以上の変動が生じることはほとんどないため、そのような状況である程度利益を目指す必要があります

仮に0.0001lotで取引をすると、1%の変動が生じても得られる利益は1円なのでほとんど利益が得られません。

しかし、1lotで取引をすると、得られる利益は1万円に。

FXで少しでも大きな利益を得たいのであれば、1lotの取引を1つの目安にした方が良いと言えるでしょう。

得られるスワップポイントも多くなる

FXで取引する際は通貨間に金利差がある場合には、スワップポイントと呼ばれる株式投資の配当に似たような利益を毎日得ることが可能です。

例えば、2019年11月現在の米ドルのスワップポイントは、最も多く貰えるFX業者で60円です。

これは1lotを基準にしているため、1lotよりも小さい取引では、得られるスワップポイントが小さくなることに。

メガバンクの普通預金に100万円預けていても、1年間で10円の利息しか付かないことを考えるとスワップポイントは魅力的です。

さらにスワップポイントの魅力を高めるには、低いlotの取引ではなく、最低でも1lotで取引した方が良いと言えるでしょう。

1lotで取引するデメリット

1lotで取引するデメリット

1lotで取引した場合は、大きな差益が期待できる・得られるスワップポイントも多くなるというメリットがありましたが、何かデメリットはあるのでしょうか?

1lotで取引する際のデメリットは以下の2つです。

  • 損失が大きくなる可能性がある
  • 証拠金が多く必要になる

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

損失が大きくなる可能性がある

0.0001lotの取引で1%の下落が生じた場合の損失は1円なのであまり影響はありませんが、1lotの取引での損失は1万円と大きくなります。

また、FXは大きな為替変動が生じる可能性は低いですが、リーマンショックやフラッシュクラッシュなどで急に大きな為替変動が発生する可能性があります。

このような状況に陥っても「FXにはロスカットという強制決済があるので安心できる」と思っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、想像以上に大きな為替変動の場合は、ロスカットがうまく作動せず、証拠金以上の損失を抱える可能性があります

取引するlotが大きいほど、通常時の損失だけでなくロスカットが作動しなかった場合の損失も大きくなるので注意が必要です。

証拠金が多く必要になる

例えば、1通貨100円の通貨を1lotのレバレッジ25倍で取引する場合には4万円の自己資金が必要です。

しかし、0.0001lotの場合は4円あれば取引できます。

FXトレーダーの中には、通貨を分散して少しでもリスクを軽減したいと考えている人も多いと思いますが、1lotであればより多くの資金が必要に。

ところが、lotを下げた場合は、取引に必要な証拠金を少なく抑えられるため、通貨を分散して取引することも容易になります

1lotの取引では、多くの差益やスワップポイントが期待できますが、リスク管理を怠ると大きな損失を抱える可能性があるので十分に注意しましょう。

まとめ

まとめ

FXは難しい専門用語が多いため、まずは取引を始める前に専門用語を理解することが重要です。

1lotも専門用語の1つで、FXの取引をする際の最小取引単位を意味しており、基本的には1万通貨を表しています

しかし、南アフリカランドやメキシコペソのように価格が小さい通貨は1lot=10万通貨になるので注意が必要です。

FX業者によっては1lotが最低取引単位ではなく、0.0001lotを最小単位としている業者もあります。

1lotの取引にはメリットだけではなくデメリットも伴うため、それらをよく理解してからいくらの単位で取引するのか決めましょう。

-テクニック
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.