FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

FXのレバレッジは損?レバレッジのメリット・デメリット

投稿日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXは、レバレッジを効かせることで自己資金以上に取引することが可能です。

そのため、少ない資金でも効率良く利益を得られるのが魅力と言えます。

しかし、レバレッジを効かせた取引をする場合、うまくいけば効率良く利益を得られる一方、予想が外れると損が大きくなるので注意が必要です。

そこで今回は、FXのレバレッジを効かせた取引は損をするのか、レバレッジのメリットとデメリットを解説します

FXのレバレッジは損?

FXのレバレッジは損?

FXは土日を除いて24時間取引できるため、日中働いていて忙しいサラリーマンでも取引を行いやすい環境が整っています。

また、レバレッジと呼ばれる自己資金以上の取引ができる仕組みを利用することで、少ない資金でも取引を始められるため、資産運用としてFXを選ぶ人が多くいます。

このレバレッジという仕組みをうまく利用して大きな利益を得ることができた人の中には、本業を辞めて専業トレーダーとして活躍している人も。

逆に、FXで大きな利益を得ようと始めたものの、レバレッジを効かせたことで大きな損を抱えてしまい、借金を背負ってしまった人もいるので注意が必要です。

レバレッジを効かせた取引では損をしやすいのでしょうか?

レバレッジを効かせた取引のメリットとデメリットを見ていきましょう。

レバレッジのメリット

レバレッジのメリット

レバレッジを効かせた取引の主なメリットとして以下の3つが挙げられます。

  • 少ない資金で取引できる
  • より大きな利益が期待できる
  • 分散投資しやすくなる

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

少ない資金で取引できる

株式投資は、基本的に株価通りの資金が必要です。

自己資金以上の取引ができる信用取引を選んだとしても、取引に必要な資金を3分の1に抑えることしかできません。

一方、FXでは、日本国内のFX業者を選択した場合、取引に必要な資金を最大25分の1に抑えることが可能です。

例えば、1万通貨を最低取引単位に設定しているFX業者で1通貨100円の通貨を取引する場合は、100万円の資金が必要です。

しかし、レバレッジ25倍を選択すれば、4万円あれば取引を始められます。

さらに、海外のFX業者には、日本のFX業者のようにレバレッジ規制が設けられておらず、100倍以上のレバレッジで取引することが可能です。

そのため、資産運用を始めたいものの、そこまで多くの資金を準備できないという人でも、気軽に始めやすいのがメリットと言えるでしょう。

より大きな利益が期待できる

1通貨100円の通貨を1万通貨所有して、101円になったタイミングで売却したとします。

レバレッジ1倍の場合は1万円の利益ですが、レバレッジ25倍の場合は25万円の利益になります。

つまり、レバレッジの倍率を高くすればするほど、従来得られる予定だった利益よりも多く利益を得ることが可能です。

そのため、レバレッジを効かせた取引を行った方が資金効率も良いと言えます。

大きな利益が期待できるのは、差益だけではありません。

ポジションを保有しているだけで毎日受け取れるスワップポイントも、レバレッジを高くすればするほど多くなります

FXで少しでも利益を多く得たいという人は、レバレッジを高く設定して取引を行うことが必須と言えるでしょう。

分散投資しやすくなる

レバレッジを効かせた取引には、少ない資金でも取引できるというメリットがありました。

これは、1つのポジションを保有する場合に必要な資金が少ないため、複数のポジションを保有しやすいことでもあります。

1つの通貨にポジションが集中している場合、予想外の為替変動が生じた場合の損を1点に受けるため、損が大きくなる可能性があります。

しかし、レバレッジを効かせた取引では1つのポジションに必要な資金を抑えられるため、複数のポジションを保有する分散投資によって為替変動のリスクを抑えることが可能です。

相対関係にあるポジションを保有するといったように分散投資を行っていれば、万が一の事態が生じても、損を最小限に抑えることができるでしょう。

レバレッジのデメリット

レバレッジのデメリット

レバレッジを効かせた取引には、少ない資金で取引できる・より大きな利益が期待できる・分散投資しやすくなるなどのメリットがありましたが、デメリットはあるのでしょうか?

レバレッジを効かせた取引の主なデメリットとして以下の2つが挙げられます。

  • ロスカットされる可能性が高くなる
  • 証拠金以上の損失が生じるリスクが高くなる

それぞれのデメリットについて詳しく解説します。

ロスカットされる可能性が高くなる

ロスカットとは、証拠金以上の損が生じてトレーダーが窮地に陥らないようにするために、証拠金の維持率が一定の割合以下になった場合に強制決済する仕組みです。

レバレッジを低く設定した取引では、ロスカットの基準に到達する可能性も低いため、ロスカットが実行される可能性は低いと言えます。

しかし、レバレッジを高く設定した取引では、ロスカットが実行される可能性が高いため、強制決済による損が増えやすくなります。

レバレッジを高くすることには数多くのメリットがありますが、高く設定すればするほど、損する可能性も高くなるという点に注意が必要です。

証拠金以上の損失が生じるリスクが高くなる

レバレッジを効かせた取引では、ロスカットされる可能性が高くなると言いました。

しかし、ロスカットでは強制決済で損が確定する一方、証拠金以上の損を防ぐことができましたが、完全に防ぐことはできないので注意が必要です。

ロスカットが正常に作動した場合には、損が一定割合以下になれば損切りが行われますが、急な為替変動が生じた場合にはロスカットが正常に作動しない可能性があります

例えば、2019年の1月には、フラッシュクラッシュと呼ばれる急な為替変動が生じました。

このフラッシュクラッシュでは、ロスカットが正常に作動せずに証拠金以上の損が生じて、追加入金を余儀なくされたトレーダーが多くいました。

追加入金できる資金が手元にあれば問題ありませんが、手元にない場合は借金をしてでも資金を用意しなければなりません。

レバレッジを高く設定すれば、証拠金以上の損が生じる可能性も高くなります。

そのため、海外のFX業者ではロスカットではなく、ゼロカットを採用しているFX業者を選択する、国内のFX業者では状況を見てレバレッジを調整するなど、リスク管理が重要と言えるでしょう。

最初は低いレバレッジで取引することをおすすめ

最初は低いレバレッジで取引することをおすすめ

FXでは、レバレッジを効かせた取引ができるため、少ない資金で取引を始められる、より大きな利益が期待できるというメリットがありました。

そのため、レバレッジを高く設定して資金効率の良い取引を行いたいと考える人も多いと思います。

しかし、レバレッジを効かせた取引はメリットだけでなくデメリットも伴うため、それらのデメリットをよく踏まえた上でレバレッジを調節することが重要です。

特にFXの知識や経験が少ないトレーダーが、高いレバレッジで取引を始めることはかなり無謀と言えます。

リスクを抑えながら安定した利益を得るためにも、取引に慣れるまでは低いレバレッジで取引することをおすすめします。

まとめ

まとめ

レバレッジを効かせることには、少ない資金でも取引できる、より大きな利益が期待できる、分散投資でリスクを抑えられるなどのメリットがあります。

一方で、ロスカットになる可能性が高く、証拠金以上の損が生じる可能性も高くなるなどのデメリットが。

FXで損をするリスクを抑えながら安定した利益を得るためには、レバレッジをどの程度に設定するのかをよく考えてから取引を始めましょう。

-FX初心者
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.