FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

利益を出すには勉強あるのみ!FX初心者におすすめの勉強法

投稿日:2019年4月24日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXの初心者の中には、「為替が上がるか下がるかは50%の確率だから、何となく取引していても利益を出せる」と思っている人もいると思います。

しかし、それではギャンブルと同じであるため、安定した利益を継続できるとは言えません。

そこで今回は、FXの初心者が安定した利益を継続するためのおすすめの勉強方法について解説します

為替変動には何かしらの理由がある

為替変動には何かしらの理由がある

為替変動は何となく上がったり下がったりしているわけではありません。

経済指標や要人発言といったファンダメンタルズ、チャートから変動を先読みして取引するテクニカルの影響を受けて為替変動が生じます。

ファンダメンタルズは長期的な為替変動に影響を与え、テクニカルは短期的な為替変動に影響を与えると言われています。

しかし、経済指標の結果や要人発言の内容がネガティブサプライズだと、ファンダメンタルズが短期的な為替変動に影響を与える場合もあるので注意が必要です。

このように、為替変動が生じるには何かしらの理由があるため、その理由を理解しておく必要があります。

「為替がある程度下がっているから買い時」と感覚的に取引した場合は、ファンダメンタルズやテクニカルを理由とした下落の入り口の可能性があります。

ポイント

リスクを抑えながら安定した利益を継続するには、FXの知識をしっかりと身に着けてから取引することが重要と言えるでしょう。

FXの初心者におすすめの勉強方法4選

FXの初心者におすすめの勉強方法4選

FXの勉強方法と一口に言っても「ネットで勉強する」「本を読んで勉強する」「セミナーに参加する」「動画を見る」などの方法が挙げられます。

どの方法も間違いではありませんが、それぞれにメリットとデメリットがあるため、FXの初心者が勉強する際は、それらを良く把握してから取り組むことが重要です。

それぞれの勉強方法の特徴とメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

ネットで勉強する

FXの初心者におすすめの勉強方法の1つ目は、ネットで勉強するという方法です。

この勉強方法は、ネットがつながる環境であれば、いつでも情報を得ることが可能です。

そのため、電車の移動時間や取引中でも、知りたい時に手軽に知識を身に着けられることがメリットとして挙げられます。

しかし、ネットのFXに関する知識が全て正しいものとは限りません。

ネットのページは、だれでも簡単に作成できるため、FXに関する知識の少ない初心者が書いている場合やFXでたまたま成功した個人の日記のようなものの可能性があります

ネットでFXの勉強をするのはとても手軽ですが、情報が正しいかどうかわからないというデメリットがあります。

そのため、FXの初心者がネットを活用する際は情報の取捨選択をしっかりする必要があると言えるでしょう。

本を読んで勉強する

FXの初心者におすすめの勉強方法の2つ目は、本を読んで勉強するという方法です。

本屋に行ってみると、数多くのFXに関連する本が置いてあります。

本を読んで勉強することは、ネットで調べることとは異なり、情報の信憑性が比較的高いことがメリットと言えます。

しかし、ネットで得られる知識が基本的に無料であるのに対して、本は基本的に有料です。

FXに関する知識が1冊に集約されているケースは少なく、入門編・応用編といったように数冊に分かれていることが多いため、全ての知識を身に着けるのに費用が掛かってしまうことがデメリットと言えます。

FXの初心者が本で勉強する際は、手当たり次第に本を購入するのではなく、自分に必要な知識が得られる本をまずは1冊購入してから次にステップアップするなど、無駄な支出を抑えることが重要と言えるでしょう。

セミナーに参加する

FXの初心者におすすめの勉強方法の3つ目は、セミナーに参加するという方法です。

ネットあるいは本を活用して勉強するという方法は、疑問が生じてもさらにネットで検索するか本をさらに購入するしか方法がないので効率が悪いと言えます。

また、ネットや本にある情報が古い可能性もあります。

しかし、セミナーに参加することで得られる情報は新しい情報であるほか、疑問が生じた場合でもセミナーの講師に質問できるため、効率良く勉強できると言えます。

セミナーは、無料のものや有料のものもありますが、無料のセミナーでは情報商材の購入を勧められる可能性もあるため、主催者がしっかりしているかどうか確認しておくと良いでしょう。

動画を見る

FXの初心者におすすめの勉強方法の4つ目は、動画を見ることです。

FX業者や実際にFXをしている人の中には、YouTubeなどで動画を配信しているケースがあります。

ネットや本にチャートが記載されていても静止画であることから、正確に伝わらない可能性があります。

しかし、動画であれば、具体的にどのタイミングで取引すればいいのか、という情報がより正確に分かりやすいというメリットがあります。

しかし、ネットで勉強する場合と同様、その投稿されている動画の情報が正しいかどうかはわかりません

そのため、FXの初心者が動画で勉強する際は、動画を投稿しているのが誰か確認してから動画を視聴するほか、情報の取捨選択をしっかりする必要があるでしょう。

学んだ知識をデモトレードで実践する

学んだ知識をデモトレードで実践する

「ネットで勉強する」「本を読んで勉強する」「セミナーに参加する」「動画を見る」などの4つの方法で知識をしっかりと身に着けていても、知識だけでは安定した利益を出すことができません。

安定した利益を得るためには、学んだ知識をより実践に近い状態にしていく必要があります。

実践に近い状態にすると言っても、口座を開設して実際に取引すると実践に慣れるまでに失敗による損失が膨れ上がる可能性があります。

そこで登場するのがデモトレードです。

デモトレードとは、口座を開設せずに実際のトレードと同じ状況で経験を積めるものです。

デモトレードの中には、FX業者が実際の取引で使用するシステムを使ったデモトレードができるものや、スマホアプリで知識を身に着けながらデモトレードができるものもあります。

どちらも大きな違いはありませんが、口座開設後に大きな失敗はできないため、失敗するリスクを少しでも抑えるためにもデモトレードでしっかり経験を積んだ方が良いでしょう。

取引する業者選びも重要

取引する業者選びも重要

「知識も経験も問題ないのでキャンペーンを実施している業者で取引を開始する」という人も多いと思います。

しかし、キャンペーンを実施しているFX業者が必ずしも良い業者と限らないので注意が必要です。

FXでは、取引する通貨間の金利差(スワップポイント)が得られますが、FX業者によって金利差は異なります。

また、為替と取引価格の差は、FX業者を介して取引する際の手数料(スプレッド)ですが、これもFX業者によって異なります。

キャンペーンだけにこだわっていると、手数料が高くて取引のたびに損しているあるいは得られる金利が少なくて損している可能性があるので、FX業者もしっかりと選びましょう。

まとめ

まとめ

「FXは上がるか下がるかだけなので知識がなくても問題ない」と思っている人もいるかもしれませんが、それではギャンブルになってしまいます。

ギャンブルの要素が強くなるほど安定した利益を得られないため、初心者が少しでも勝率を上げるには勉強してしっかりと根拠に基づいたトレードをすることが重要です。

FXの初心者におすすめの勉強方法は全部で4つありますが、それぞれの方法にメリットとデメリットがあります。

そのため、勉強する際は、1つの方法だけを選択するのではなく、メリットとデメリットを考慮しながらいくつかの勉強方法を組み合わせた方が、効率良く勉強できるでしょう。

-FX初心者
-, , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.