FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

FXのレバレッジやロットって何のこと?分かりやすく解説

投稿日:2020年2月14日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXには専門用語が多く存在しており、これからFXを始めようとしている知識や経験のないFX初心者が始めるにはなかなかハードルが高いと言えます。

例えば、FXには「レバレッジ」や「ロット」などの専門用語がありますが、それらが何を意味しているのか分からない人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、FXのレバレッジやロットとは何なのか分かりやすく解説します

FXのレバレッジやロットって何のこと?

FXのレバレッジやロットって何のこと?

FXには多くの専門用語があります。

そのため、これからFXを始める初心者の中には、その言葉が何を意味しているか分からないという人も多いのではないでしょうか?

意味が分かっていない状態でFXを始めると、思わぬ損失が生じる可能性があります。

そのため、そのようなリスクを少しでも軽減するためにも、専門用語に関する知識を身に付けてからFXを始めた方が良いと言えます。

FXについて調べているとよく目にするのが「レバレッジ」「ロット」という2つの専門用語です。

これらの専門用語はそれぞれどのような意味があるのでしょうか?

レバレッジとは

レバレッジとは、自己資金以上に取引できる仕組みのことです。

株式投資の場合、所持金と同額の株式と交換して実際に株式を取得できます。

そのため、所持金が100万円の場合には100万円分の株式を手に入れることができます。

一方、FXの場合、所持金と同額の外貨を交換しません。

所持金を証拠金として提供して、損失が証拠金を超えない範囲で取引できる仕組みが採用されています。

日本国内のFX業者の場合は、金融庁によってレバレッジが最大25倍と制限されており、証拠金の25倍まで取引することが可能です

例えば、証拠金が100万円あれば最大25倍の2,500万円で取引しているのと同様の結果が得られるということです。

ロットとは

ロットとは、FXを始める際の最小取引単位のことです。

例えば、1ロットが1万通貨というFX業者の場合、1米ドル100円だったとすると取引を始めるにあたり100万円の証拠金が必要です。

ロットの単位は、全てのFX業者が同じわけではありません。

FX業者によっては、ロットの単位が1通貨に設定されているケースもあります

1通貨に設定されているFX業者の場合は1米ドル100円だったとすると、100円で取引を始めることが可能です。

レバレッジも各FX業者で設定できる倍率が異なっているため、FXを始める口座を選ぶ際は各FX業者のレバレッジやロットを確認してから口座を開設しましょう。

レバレッジを大きくするメリット・デメリット

レバレッジを大きくするメリット・デメリット

レバレッジはFXで自己資金以上に取引できる仕組みであるということは分かりましたが、レバレッジを大きくすることに何かメリットやデメリットはあるのでしょうか?

FXでレバレッジを大きくするメリットとデメリットとして以下の3つが挙げられます。

  • 証拠金を少なく取引できる
  • より多くの利益が期待できる
  • 損失が大きくなる可能性がある

それぞれのメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

証拠金を少なく取引できる

ロットが1万通貨に設定されているFX業者で、1米ドル100円の時に取引を始める場合は100万円の証拠金が必要です。

しかし、それでは100万円の資金を用意できない人はFXを始めることができません。

レバレッジを大きくすることで、取引に必要な証拠金を少なくすることが可能です。

例えば、先ほど100万円の資金が必要でしたが、レバレッジを25倍にすれば4万円の資金で取引を始めることができます。

投資に回せる資金が少ない人でもFXを始めることができるのが、レバレッジを大きくするメリットの1つと言えるでしょう。

より多くの利益が期待できる

レバレッジを大きくすることで証拠金以上に運用することが可能です。

例えば、10万円の資金でレバレッジなしで1,000円の利益が生じたとします。

同じ取引をレバレッジ25倍で行うと、250万円を運用したのと同様なので、利益も25倍の2万5,000円になります。

レバレッジを大きくすることで、少ない運用資金をより効率良く増やすことが期待できるでしょう。

損失が大きくなる可能性がある

レバレッジを大きくすることでより多くの利益が期待できると言いましたが、裏を返せば多くの損失が生じる可能性があるとも言えます。

例えば、10万円の資金でレバレッジなしで1,000円の損失が生じたとします。

同じ取引をレバレッジ25倍で行うと、250万円を運用したのと同様になるため、損失も25倍の2万5,000円です。

仮に損失がレバレッジなしで1万円の損失が生じた場合は、レバレッジ25倍で25万円の損失が生じることになります。

ロスカットという仕組みによって、損失が証拠金以上に膨らむ前に強制決済されるようになっています

しかし、急な為替変動によってロスカットが正常に作動しなかった場合には、証拠金以上の損失が生じる可能性があるので注意が必要です。

ロットを大きくするメリット・デメリット

ロットを大きくするメリット・デメリット

レバレッジを大きくすることには、メリットだけでなくデメリットもありました。

ロットを大きくすることにもメリットとデメリットの両方があるのでしょうか?

FXでロットを大きくするメリットとデメリットとして以下の3つが挙げられます。

  • より多くの利益が期待できる
  • 損失が大きくなる可能性がある
  • 証拠金が多く必要になる

それぞれのメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

より多くの利益が期待できる

小さいロットで取引を始めるよりも大きいロットで取引を始めた方が、より多くの利益が期待できます。

例えば、1,000通貨で1,000円の利益が生じた場合、10倍の1万通貨で取引をしていれば利益も10倍の1万円を手に入れることが可能です。

少しでも多くの利益を得たい場合には、レバレッジだけでなくロットを大きくすることも併せて行うことによって、より多くの利益が期待できるでしょう。

損失が大きくなる可能性がある

ロットを大きくすることでより多くの利益が期待できると言いましたが、裏を返せばより損失が大きくなる可能性があるので注意が必要です。

例えば、1,000通貨で1,000円の損失が生じた場合、10倍の1万通貨で取引をしていれば損失も10倍の1万円になります。

レバレッジを大きくするのと同様、利益だけでなく損失も大きくなる可能性があるという点には注意が必要です。

証拠金が多く必要になる

ロットを大きくするということはそれだけ保有する通貨量が大きくなることを意味します。

そのため、運用に回すことができる資金が少ない人はロットを上げることはできません

証拠金が不足してロットを上げることができないということは、利益が少なくなることを意味します。

ロットを上げることができない代わりにレバレッジを上げようとすると、為替変動リスク、ロスカットリスク、地政学的リスクなどの影響を大きく受けることになります。

FXを始める際は、どちらか一方だけでなくレバレッジとロットの両方をよく考慮しながら取引を始めましょう

まとめ

まとめ

レバレッジは証拠金以上に取引できる仕組み、ロットは取引する際の最小単位をそれぞれ意味しています。

レバレッジを大きくするまたはロットを大きくすることで、より多くの利益が期待できるというメリットがある一方、損失も大きくなるというデメリットが。

ロットとレバレッジの関係性は、取引に大きな影響を与えるため、どのようなものなのかをよく理解してから取引に臨みましょう。

-FX初心者
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.