FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

FX初心者におすすめのレバレッジとは?効率よく利益を出す方法

投稿日:2019年6月5日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXの最大の特徴である「レバレッジ」。

上手く活用することでご自身の資産を増やすことができますが、使い方を間違えると大きな損失にも繋がります。

FX初心者の方が、多くの利益を出したいとやみくもにレバレッジをかけてしまうのは非常に危険です。

ご自身のFX取引に活かすために、まずはレバレッジの正しい知識を身につけましょう

FXにおける「レバレッジ」とは?

FXにおける「レバレッジ」とは?

レバレッジとは、手元にある自己資金以上の金額を取引することができる仕組みです。

日本語で「てこの原理」と訳すことができ、小さな力で大きな物を動かすことができるということから由来しています。

これをFXに置き換えると、レバレッジをかけることで少ない元手資金で元手資金以上の大きな金額の売買が可能ということですね。

例えば、1ドルが100円のときに10,000ドル分の取引をしようと考えたら、

10,000ドル×100円=1,000,000円

本来であれば、100万円の資金が必要です。

仮に手元資金として10万円しか用意できていなければ、取引ができないということになりますが、10倍のレバレッジをかけることで、10万円の資金であっても100万円分の取引が可能になります。

何倍でもかけられるわけじゃない!レバレッジの上限は25倍

何倍でもかけられるわけじゃない!レバレッジの上限は25倍

少ない資金しかない場合でも大きな金額の取引ができるのであれば、「レバレッジをかければかけた分だけ、多くの利益を出せるのでは?」と考える方もいるでしょう。

しかし、国内でのレバレッジの上限は25倍までと決められています。

上限が設定されているとは言え、最大の25倍でも非常に大きな額を取引することになります。

例えば、10万円の資金にレバレッジ25倍をかけることで250万円分の取引が可能です。

買った通貨の価値が上がれば大きな利益を得られますが、逆に価値が下がったときには大損する可能性があるということを念頭に置いてレバレッジを決める必要があります。

レバレッジはメリットがデメリットにも繋がる?

レバレッジはメリットがデメリットにも繋がる?

先ほども説明したとおり、自分が持っている資金以上の金額で取引ができることがレバレッジの魅力です。

しかし、レバレッジをかけることが逆にデメリットにもなります

例えば買い注文の場合、保有してる通貨の価値が上がったときは良いですが、問題は価値が下がってしまったときです。

レバレッジを25倍かけた状態で負けてしまうと、損失も25倍に膨れ上がります。

10万円の資金を元手にレバレッジ25倍で取引した場合、1円値下がりしただけで25,000円の損失です。

万が一大暴落が起きたらどうでしょうか?

急激な暴落でロスカットが機能せず、元金を上回る損失が出てしまう可能性もあります。

資産運用目的でFX取引をしている方も多いと思いますので、大切なご自身の資産を失うリスクはできるだけ避けたいはずです。

レバレッジは必ずしも25倍に設定しなければならないわけではありませんので、ご自身の経験値に応じて設定するようにしましょう。

FX初心者の方は2倍~3倍のレバレッジから始めることをおすすめします

レバレッジを上げることで損益の変動が大きくなることを念頭に置いておきましょう。

FX初心者がレバレッジをかけるときに気をつけるべき3つのポイント

FX初心者がレバレッジをかけるときに気をつけるべき3つのポイント

高いレバレッジで取引をした結果、損切りのタイミングを逃して強制ロスカットになり大損してしまった、というパターンがFX初心者によくある失敗として挙げられます。

このような失敗を防ぐためにも、レバレッジのメリット・デメリットを理解したうえで、次の3つのポイントを押さえて取引にて活用しましょう

十分な証拠金を預けておく

証拠金とは、FX取引を始める際、FX口座に預け入れる元手資金のことです。

1ドルが100円のときに25倍のレバレッジをかけて10,000ドル分の取引をする場合、必要な証拠金は40,000円です。

100円×10,000ドル÷25倍=40,000円

4万円で取引がスタートできるからといって、最低限の証拠金しか口座に預けていないと、数%の相場の動きで強制ロスカットになる危険性があります

また、レバレッジが高いほど、強制ロスカットの確率も上がります。

強制ロスカットを避けるために追加で資金を入金したり、ポジションを追加で保有するために資金を追加したりするのであれば、最初から証拠金は余裕をもって預けておくほうが良いでしょう。

損切り注文も同時に入れておくことでリスクを抑えることも可能です。

高レバレッジの取引はしない

FX初心者の方が、高いレバレッジをかけて取引することはあまりおすすめできません。

レバレッジのかけすぎが原因で大損してしまい、FXを諦めてしまう方も多いからです。

まずはFXに充てられる自分の資金に見合った額から取引を始めましょう。

「初期投資額×レバレッジの倍率」が自分の資金を超えない範囲を目安に取引を行うと良いです。

少額から取引を開始してFXの感覚を身につける

レバレッジをかけずに少額から取引をスタートしても、利益を出すことは可能です。

ベテランの投資家であっても負けることはありますので、FX初心者の方は70%程度の勝率を目指し、確実に利益を上げられるようにFXの感覚を掴むまで繰り返し取引を行いましょう。

運任せにするのではなく、基本的なテクニカル分析を覚え、利益確定や損切りのルールを徹底して取引を行っていくことが大切です。

少額で十分な利益を出すことができるようになれば、投資額を上げても十分利益は出せるでしょう。

実際にレバレッジを設定してみましょう

実際にレバレッジを設定してみましょう

先ほど高レバレッジでの取引が避けたほうが良いと説明しましたが、実は最初からレバレッジを25倍に固定しているFX会社がほとんどで、自分の好きな倍率に自由に設定できるケースは非常に少ないです。

しかし、FX取引にまだ慣れていない初心者の方は2倍~3倍のレバレッジから取引を始めたいですよね。

では、レバレッジを設定できない場合、どのようにレバレッジを調整すれば良いのでしょうか?

自分自身でレバレッジの倍率を設定できないFX会社の場合では、「実効レバレッジ」というものがFXの取引画面上に表示されています。

実効レバレッジとは、FX口座内に入金されている資金の何倍の取引をしているかを示しており、「取引金額」÷「証拠金」で求めることができます。

例えば、10万円の証拠金で20万円の取引をすると、実効レバレッジは2倍です。

20万円÷10万円=実効レバレッジ2倍

仮に10万円の証拠金で100万円の取引をすれば、実効レバレッジは10倍に上がります。

100万円÷10万円=実効レバレッジ10倍

取引金額を上げれば実効レバレッジも上がりますし、取引金額はそのままで証拠金の額が少なくなっても実効レバレッジは高くなります。

つまり、レバレッジの倍率を抑えるためには、取引金額を減らすか、証拠金を増やすか、ということです。

しかし、ここでひとつ注意しなければならないことがあります。

それはFX会社が設定している固定レバレッジと実効レバレッジは別物であるということです。

実効レバレッジはFX口座の状況を表した数値に過ぎません。

固定レバレッジに応じた証拠金をFX口座に入金しなくては取引ができないのです。

強制ロスカットの基準が証拠金維持率50%を下回った場合と仮定しましょう。

証拠金10万円でレバレッジを10倍かければ100万円の取引が可能です。

この場合、5万円を下回ると強制ロスカットが実行されます。

レバレッジが25倍に固定されているFX会社で同様の取引をした場合、証拠金10万円で100万円の取引をすれば実効レバレッジは10倍です。

しかし、実際は25倍のレバレッジで取引しているため、証拠金が2万円を割ったときに強制ロスカットが行われます

5万円でロスカットされると思い取引をしていたら、2万円でロスカットされていて予想以上の損失が出てしまったということになりかねません。

注意ポイント

実効レバレッジを下げることでリスクを抑えることは可能ですが、実際のレバレッジとは違うということをしっかり頭に入れておきましょう。

まとめ

まとめ

FX初心者におすすめのレバレッジは、まずは2倍から3倍です。

少額から始め、徐々にトレードの感覚を養っていきましょう。

ただし、少額からスタートする場合であっても、強制ロスカットのリスクを抑えるために証拠金はできる限り多めに入れておくことをおすすめします

-FX初心者
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.