FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

FX市場の取引時間はいつ?取引できない時間もある?

投稿日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

日本の証券取引所に上場されている株式を取引する際は、日本の証券取引所の取引時間に合わせて取引します。

しかし、FXは土日を除いて24時間取引できると言われていますが、日本のFX市場の取引時間が24時間となっているのでしょうか?

そこで今回は、FX市場の取引時間はいつなのか、FX市場の取引時間を解説します

FX市場の取引時間はいつ?

FX市場の取引時間はいつ?

日本の株式市場は、土日や祝日は閉場しているため、平日9時~15時の開場時間のみ取引できます。

しかし、FX市場は土日を除いて24時間取引できると言われているため、日本のFX市場が24時間開場しているのか気になっている人もいるのではないでしょうか?

24時間取引できると言っても、1つの市場が24時間も開場しているわけではありません。

FX市場は、インターバンク市場という世界中の金融機関による外国為替取引専用のネットワークを構築しています。

つまり、どこかの国のFX市場が閉場していても、開場している他の国のFX市場で取引を行えるため、24時間取引することが可能となっています。

続いて、世界中のFX市場の開場時間が日本時間の何時くらいなのかを見ていきましょう。

オセアニア時間

オセアニア時間は、ニュージーランドのウェリントン市場(5~13時)、オーストラリアのシドニー市場(7~15時)を指します。

9時に東京市場が始まるため、オセアニア時間を5~9時と限定して考える方法もあります。

この時間帯は市場参加者が少ないため、大きな為替変動が生じないというのが特徴です。

そのため、スプレッドが広くなりやすいだけでなく、週明けに関しては週末の影響を受けて乱高下する可能性も高いため、基本的には取引しない方が良い時間帯と言えるでしょう。

東京時間

東京時間は、日本の東京市場(9~17時)、シンガポール市場(10~18時)を指します。

オセアニア時間と比べると市場に活気が出てくるため、ある程度の為替変動が生じるのが東京時間の特徴です。

特にゴト日(ゴトウ日)と呼ばれる5と0の付く日は、日本企業が海外企業に向けて決済を行うケースが多く、海外の支払いに必要が外貨(ドル)を多く仕入れる傾向があります。

その結果、その日の外貨の価格(仲値)を決める9時55分までは、他の日と比べてドルの変動が活発になるため、5と0の付く日を狙ってトレードする人もいます。

また、それ以外にもGWといった大型連休前は、金融機関が連休中の外貨を仕入れるため、旅行先でよく使用されるドルの変動が活発になることも。

これらを事前に理解しておくと、エントリーしやすくなるでしょう。

欧州時間

欧州時間は、イギリスのロンドン市場(18~2時)を中心とした時間帯を指します。

16時頃からロンドン市場以外の市場も開場するため、徐々に為替変動が大きくなりますが、ロンドン市場が開場すると一気に相場が活気づきます

基本的には欧州に関連する通貨であるユーロやポンドの取引が活発に行われ、一度生じたトレンドの流れに沿った変動が生じるのが欧州時間の特徴です。

しかし、19時以降に各欧州の市場がお昼休憩を挟むと前半のトレンドから様子がガラッと変わるケースも多いため、全体の流れの把握することが求められる時間帯と言えます。

ニューヨーク時間

ニューヨーク時間は、アメリカのニューヨーク市場(21~6時)を中心とした時間帯です。

市場規模の大きいロンドン市場とニューヨーク市場が重なる21~2時までは、為替変動がピークを迎えるため、トレーダーが最も取引を好む時間帯と言えます。

東京の仲値は9時55分に決まりますが、ロンドン市場の仲値であるロンドンフィックスは0時(冬時間は1時)に決まることから、決算が近づく月末にはユーロやポンドの値動きが活発になります。

ロンドン市場が閉場する2時を過ぎると、一気に取引が少なくなりますが、要人発言で急な為替変動が生じる可能性もあるので注意が必要です。

ニューヨーク時間が終わると、またオセアニア時間が始まるので24時間取引できるという仕組みになっています。

FXが24時間取引できない日はある?

FXが24時間取引できない日はある?

FX市場はインターバンク市場であるため、24時間取引できると言いましたが、24時間必ず取引できるわけではありません。

例えば、以下の3つの日に関しては、本来は取引できる日だったとしても、取引時間が限定される、取引できてもほとんど為替変動が生じない可能性があるので注意が必要です。

  • クリスマス
  • 大晦日・正月
  • 各国の祝日

それぞれの日について詳しく見ていきましょう。

クリスマス

日本はクリスマスの日が土日と重なっていない限り、休みになることはありません。

しかし、ほとんどの海外のFX市場は、クリスマスが祝日で閉場となっているので取引できません

海外のFX会社で口座を開設して取引している人は、いくらクリスマスが平日であっても、1日中取引できない可能性があるので注意が必要です。

日本のFX会社は、クリスマスが土日でない限り、東京市場は平常通り開場しているため、東京市場の閉場まではトレードを行うことが可能です。

しかし、クリスマスはトレードの参加者が少ないため、あまり為替変動が生じないもしくは板が薄いので急な為替変動が生じる可能性があるので十分に注意しましょう。

大晦日・正月

基本的に大晦日はFXのトレードを行うことが可能ですが、取引可能時間はFX会社ごとに異なります。

そのため、大晦日にトレードを行う場合には、取引時間を事前に確認しておくことが重要です。

一方、正月は、平日であっても日本のFX市場だけでなく海外のFX市場も休場になるため、トレードを行うことはできません

しかし、翌日の2日からはトレードを行うことが可能ですが、トレード参加者が少ないのが特徴です。

板の薄い状況を狙ったフラッシュクラッシュという急な為替変動によって、大幅な損失を抱える可能性もあるため、ポジションを持っている場合には損切りを設定しておくことをおすすめします。

各国の祝日

世界中の国が祝日で市場が閉場している正月と一部の国だけが開場しているクリスマスを除いて、基本的には祝日でも24時間取引を行うことができます。

しかし、ニューヨーク市場やロンドン市場などのトレード参加者が多い市場が休場中だと、ほとんど為替変動が生じないもしくは急に大きな為替変動が生じるので注意が必要です。

そのようなリスクを抑えるためには、各国の祝日がいつなのかを把握しておくことが重要です。

あまり市場の小さい国の祝日は相場に影響を与えないので無視しても問題ありませんが、最低でもアメリカとイギリスの祝日は覚えておきましょう。

FX会社によっては土日もトレードできる

FX会社によっては土日もトレードできる

中東の市場の中には、金曜日が休みで土日に開場している市場もあります。

しかし、市場に影響を与えるほどの変動が生じることはありません

その理由は、FX会社がほとんど土日のトレードに対応しておらず、現地の人たちもあまり土日にトレードを行わないためです。

特に土日にトレードを行っても意味はないため、土日はしっかりと休みを取って週明けのトレードに臨みましょう。

まとめ

まとめ

FXは土日を除いて24時間取引できますが、日本のFX市場が24時間開場しているわけではありません。

インターバンク市場という仕組みで、世界中どこかの国が開場していればトレードできる状態となっています。

しかし、クリスマスや正月は、いくら平日でも24時間取引できるわけではないので注意が必要です。

日本が平日でも、海外が祝日で閉場している場合、為替変動が生じにくい、急な為替変動に巻き込まれる可能性もあるため、アメリカやイギリスといった主要な市場の祝日は事前に確認しておきましょう。

-FX初心者
-, , , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.