FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXの証拠金維持率とは?証拠金維持率を高く維持する方法

投稿日:2020年3月23日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXはレバレッジを効かせることによって、自己資金以上のトレードを行うことが可能です。

しかし、レバレッジを効かせた取引では、急な為替変動が生じると資金以上の損失が生じる可能性があります。

それを阻止するのがロスカットです。

ロスカットは証拠金維持率を基準にしますが、証拠金維持率とは一体何なのでしょうか?

そこで今回は、FXの証拠金維持率とは何なのか、証拠金維持率について解説します

FXの証拠金維持率って何?

FXの証拠金維持率って何?

FXはレバレッジを効かせた取引が魅力です。

レバレッジとは、自己資金以上に取引できるFXの仕組みです。

例えば、1通貨100円で1万通貨の取引を行う場合は、100×1万通貨で100万円の資金が必要になります。

しかし、レバレッジ25倍で取引した場合には、25分の1の資金4万円で取引を行うことが可能です。

このメリットだけを聞いていると「レバレッジを効かせて取引したい」と考える人は多いと思いますが、レバレッジを効かせた取引はデメリットも伴うので注意が必要です。

レバレッジを25倍に設定するということは、自己資金を25分の1にできるだけでなく、利益や損失が25倍になることを意味します。

レバレッジを高く設定した取引は、証拠金以上の損失が生じる可能性があるため、投資家を損失から守るためにロスカットが作動します

その際のポイントとなるのが証拠金維持率です。

ロスカットを行うための1つの基準

証拠金維持率とは、ロスカットが作動する条件として用いられています。

証拠金維持率は、純資産÷必要証拠金×100で算出します。

各FX会社で証拠金維持率100%や50%など、ロスカットの作動する条件が異なっており、その条件に達した場合にロスカットが作動します

証拠金維持率が高く設定されているFX会社は、早めにロスカットが作動するため、損失を最小限に抑えることが可能です。

しかし、頻繁にロスカットが作動するため、無駄な損失が生じやすいと言えます。

一方、証拠金維持率が低く設定されているFX会社は、ロスカットが作動するまでの時間の余裕があるため、無駄な損失が生じにくいと言えます。

しかし、ロスカットが作動した場合、損失が大きくなりやすいので注意が必要です。

ロスカットが発動する事例

FX会社の口座に5万円を入金して、1通貨100円で1万通貨(レバレッジ25倍)分を保有します。

必要証拠金は100円×1万通貨÷25=4万円なので、証拠金維持率は5万円÷4万円×100で125%となります。

仮に通貨が99.5円になったとすると、5,000円の損失が生じることになり、必要証拠金は5,000円の25分の1である200円を引いた3万9,800円です。

一方、純資産は5万円から損失の5,000円を引くため、4万5,000円になります。

ここから証拠金維持率を求めると、4万5,000円÷3万9,800円×100=113.06%と証拠金維持率が低下します。

証拠金維持率が100%でロスカットが作動するFX会社の場合には、1通貨が98.9583円に達した時点でロスカットが作動

しかし、あくまでも作動の目安で、急な為替変動によって多少のブレが生じることもあるので注意が必要です。

リスクを抑えるための証拠金維持率の目安

リスクを抑えるための証拠金維持率の目安

ロスカットが作動すれば、証拠金以上の損失を防ぐことができますが、ロスカットが頻繁に生じると無駄な損失が増えるだけなので注意が必要です。

証拠金維持率は、レバレッジの倍率設定を下げることによって高めることが可能です。

では、どのくらいに設定して取引すれば良いのでしょうか?

適切なレバレッジ設定は、トレードの手法で異なります。

スキャルピングやデイトレード、スイングトレードの2つに分けた場合の適切なレバレッジ設定について詳しく見ていきましょう。

スキャルピングやデイトレードの場合

スキャルピングやデイトレードとは、1日に複数回取引を行う手法です。

為替変動リスクがスイングトレードよりも低いため、証拠金維持率300%以上であれば比較的安全と言えます。

レバレッジの目安としては10倍程度です。

いくらスキャルピングやデイトレードといった短期間取引の為替変動リスクが小さいと言っても、急な為替変動が生じた場合を想定しておかなくてはなりません。

「最大の25倍に設定してトレードしたい」と考える人も多いかもしれませんが、リスクを少しでも抑えるためにも、無理のないレバレッジ設定を心掛けるようにしましょう。

スイングトレードの場合

スイングトレードとは、日をまたいで取引を行う手法です。

スワップポイントを目的とした長期間保有などがスイングトレードに該当します。

ポジションの保有期間が長いほど、その間に生じる為替変動が大きくなるほか、フラッシュクラッシュといった急な為替変動に巻き込まれるリスクが高くなるので注意が必要です。

そのため、そのような為替変動リスクを少しでも抑えるためにも証拠金維持率は1,000%を維持した方が良いと言えます。

レバレッジの目安としては2倍程度です。

レバレッジ2倍の取引は、より多くの証拠金が必要になるというデメリットがありますが、ロスカットが作動する確率が低いため、無駄な損失を抑えられます。

このように、手法に応じてレバレッジを変更するとともに証拠金維持率を調整することがFXで安定した利益を得るために重要と言えるでしょう。

証拠金維持率を高く維持するための3つの方法

証拠金維持率を高く維持するための3つの方法

レバレッジを低く設定することは証拠金維持率を高く維持するための方法の1つですが、他に証拠金維持率を高く維持するための方法はあるのでしょうか?

証拠金維持率を高く維持するための方法として以下の3つが挙げられます。

  • 損切りを適度に行う
  • ポジション管理を徹底する
  • 最低取引単位の低いFX会社を選ぶ

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

損切りを適度に行う

証拠金維持率は、含み損が大きくなればその分だけ下がっていきます。

そのため、含み損を抱えている状況では、なるべく早く損切りした方が良いと言えます。

「まだ損失が小さくなる可能性がある」となかなか損切りに踏み切ることができない人も多いのではないでしょうか?

しかし、含み損を抱えた時点で相場の判断は誤っている状況なので、そのままポジションを保有していても、反対の変動が生じる可能性が高いと言えます。

そのため、証拠金維持率が低くなって無駄なロスカットを生じさせないためにも、損切りを適度に行いましょう。

ポジション管理を徹底する

FX口座に余裕を持って証拠金を入れている人の中には、ついつい余裕があるため、状況を見ながらポジションを増やしてしまう人も多いと思います。

しかし、ポジションを増やした場合は、証拠金維持率が低くなる、為替変動が生じた場合の証拠金維持率の変動が大きくなるので注意が必要です。

そのため、証拠金に対するポジションの割合を決めるといったように、証拠金維持率を高く保つためのルールを事前に決めて取引に臨んだ方が良いと言えるでしょう。

最低取引単位の低いFX会社を選ぶ

1通貨100円で1万通貨をトレードする場合には、レバレッジ25倍に設定しても4万円の証拠金が必要です。

そのため、ギリギリの額しか準備できない人の中には、低い証拠金維持率でトレードを行う人もいるのではないでしょうか?

そのような場合、最低取引単位の低いFX会社を選ぶのも選択肢の1つです。

1,000通貨が最低取引単位となっているFX会社であれば、10分の1の4,000円の証拠金で取引を始めることができます

まとめ

まとめ

FX会社で定められている証拠金維持率は異なります。

証拠金維持率が高ければより損失を抑えることができますが、無駄なロスカットが生じやすいので注意が必要です。

一方で、証拠金維持率が低ければロスカットが作動しにくいですが、作動した場合の損失が大きくなります。

このように証拠金維持率の高低にはメリットとデメリットの両方があるため、それぞれのメリットとデメリットを理解した上でFX会社を選んで口座を開設しましょう。

-テクニック
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.