FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

FX初心者のための入門ガイド!押さえておくべき基礎知識

投稿日:2019年6月7日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

「FXって難しそうなイメージがあるけれど、今からでも始められるの?」とFXに興味はあるものの、なかなか一歩が踏み出せない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

FXは投資です

もちろんリスクもありますので、不安になるのは当然といえます。

資産運用のためにFXを始めようと考えているのであれば、まずはFXがどういうものなのか、資産運用に適しているのかどうか、知ることから始めてみましょう。

今回は、FXの基本的な特徴とまず最初に覚えておくべき基礎知識をご紹介します

FXとは?まずは全体像を把握しておきましょう

FXとは?まずは全体像を把握しておきましょう

FXは、他の国の異なる通貨を売買して利益を出すことです。

正式名称は「外国為替証拠金取引」といいます。

円やドル、ユーロなどの通貨はもちろんですが、トルコリラやメキシコペソなどあまり馴染みのない通貨を取引することもできます。

通貨の価値は常に変動しているため、FXではこの変動を予測することで利益を出します。

例えば、1ドルが100円のときにドルを買い、1ドルが110円に上がったタイミングで売れば10円の利益が出ます。

このとき、10万円分のドルを買っていれば利益は1万円です。

一方、1ドルが100円のときにドルを買い、1ドルが90円に下がってしまったら10円の損失になります。

仮に10万円分のドルを買っていたら、損失は1万円です。

このように、「安いときに買って高くなったら売る」という通貨の価格変動を利用して利益を出します

投資金額が多ければ多いほど利益も増えますが、予測が外れたときは損失も大きくなります。

利益を上げるためには、相場の流れを読み、決済するタイミングを見極めなければなりません。

社会情勢や経済指標などによって価格の動きが左右されますので、チャートを見て過去の値動きの傾向からどちらに相場が動くのか分析しながら取引するのが一般的です。

チャートとは、時間ごとの値動きを表したグラフのことです。

「ローソク足」という縦線の連続で構成されており、ローソクの形から始値や終値などの情報を把握することができます

チャートの見方を学び分析できるようになれば、取引の成功率が大幅に上がりますので、FX取引を始める前に、まずは基本的なチャートの見方を理解しておきましょう。

FXの4つのメリット

FXの4つのメリット

サラリーマンが副業としてFXをやっているケースも多いです。

具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

手元資金以上の大きな額を投資することが可能

なんといってもFXの最大の魅力は、少ない資金で大きな額の取引ができる、ということです。

通常利益を多く出そうと思ったら、その分手元資金も必要になります。

しかし、FXはレバレッジをかけることができるため、初期投資できる金額が少なかったとしても資金以上のお金で投資をすることが可能です。

例えば、100万円の資金で取引を開始する際、レバレッジを10倍かけると、100万円×10倍で1,000万円分の取引ができるようになります。

仮に1ドルが100円から101円に上昇すると1,010万円に価値が上がりますので、レバレッジをかけたことにより、たった1円の値動きで10%の利益が得られるということです。

レバレッジは最大25倍までかけられますので、上手に活用することで効率良く資産を増やすことができます。

ただし、レバレッジは利益を増やすこともできますが、同時に損失も大きくなるリスクがあることに注意しなければなりません。

利益が10倍なら、損失も10倍となる可能性がある、ということです。

利益にばかり目がいきがちですが、レバレッジを高くすることは損失も高くなりますのでよく考えてからレバレッジを決めるようにしましょう。

相場がどちらに動いていても利益が出せる

FXは売り買いどちらでも取引できますので、相場が上昇していれば「買い注文」、下落していれば「売り注文」をすることで、値動きの方向に関係なく利益を上げることができます。

景気が良く、通貨の価格が上昇していないと利益が出ないというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、FXは「高いときに売って安くなったら買い戻す」という取引ができるため、不況であっても利益を出すことが可能です。

例えば、1ドルが100円のときに現実には持っていないドルを売り、1ドルが99円になった時点で、ドルを買い戻すことで1円の利益が得られます。

保有しているだけで利益が得られる

FXは売買で利益を出す以外にも、通貨を持っているだけでスワップポイントと呼ばれる「金利」が得られます。

正確には、2国間の金利差による差益のことをスワップポイントといいます。

例えば、2019年4月時点の日本の金利が年0.1%、トルコが年24.0%なので、トルコの通貨を買って日本の通貨を売った場合、2国間の金利の差額分を利益として受け取ることができる仕組みです。

高金利の通貨を持ち続けることで、資金を増やすことができます。

ライフスタイルに合わせた取引が可能

FXは24時間取引できます。

サラリーマンの副業としてFXが人気があるのも、いつでも取引ができるという手軽さからです。

サラリーマン以外にも、専業主婦や学生など、それぞれの状況やライフスタイルに合った時間帯で取引することができます

自分に合った取引スタイルは何か知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

良いことばかりではない?FXのデメリットとは

良いことばかりではない?FXのデメリットとは

レバレッジのところでも説明しましたが、FXは儲かる反面リスクも大きいです。

大きな利益を求めレバレッジをかければかけるほど、リスクも膨れ上がります。

高いレバレッジで取引をする場合、強制ロスカットにも気をつけなければなりません

強制ロスカットとは、損失が増え、手元資金が一定の基準を下回ると強制的に損失を確定する仕組みです。

急激な相場変動による莫大な損失を回避するための安全装置のようなものですが、強制ロスカットが実行されてしまうと当然資金を失うことになりますので、回避したいところですね。

強制ロスカットを防ぐために、レバレッジは低く設定しましょう。

取引前に押さえておきたい2つの基礎知識

取引前に押さえておきたい2つの基礎知識

スプレッド(手数料)がかかる

FXの取引にかかる手数料は無料というFX業者がほとんどですが、取引するたびスプレッドというものが発生します。

スプレッドが実質FX取引の手数料です。

FX業者ごとにスプレッドの値は異なりますので、できるだけコストを抑えたいという方はスプレッドの低い業者を選ぶと良いでしょう。

通貨ごとに特徴がある

FXは2つの通貨を組み合わせて取引しますので、どの通貨ペアで取引するのか選ぶ必要があります。

通貨によってそれぞれ特徴がありますので、取引スタイルも通貨に合わせて変わってきます。

初心者におすすめするのは、一番馴染みのある「米ドル/円」の通貨ペアです。

こちらの記事では通貨ペアの選び方を詳しく解説していますので、あわせてご参照ください。

FX取引開始までの流れ

では、実際FXを始めてみようと思ったら、どうしたら良いのでしょうか?

まずは、FX用の口座を開設しましょう。

そして、開設した口座に元手資金となるお金を入金します。

入金が完了したら、いよいよ取引開始です。

FX業者が多すぎてどこを選べば良いのかわからないという方は、おすすめするFX会社10社の特徴をまとめたこちらの記事も参考にしてみてください。

まとめ

まとめ

投資にあてられる資金が少額でも取引ができるという点がFXの魅力でもありますが、レバレッジのかけ過ぎには注意が必要です。

また、今回説明した内容は、取引を始める前に最低限押さえておいてほしい基礎知識です。

実際、利益を出していこうと思ったら、チャートの見方やトレンドの見極め方など、相場の分析力を身につける必要があります。

FXがどういうものなのか理解できた方は、次のステップに進みましょう。

-FX初心者
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.