FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXの少額投資は低リスク?少額投資におけるリスクとは

投稿日:2019年7月10日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

元本が保証されている資産運用の場合には、ある程度のまとまった資金を運用しても安心ですが、リスクの高い運用方法は元本割れリスクを伴っているので注意が必要です。

FXも元本割れのリスクを伴っているため、「少額投資であれば元本割れしても被害が小さいので安心」と思っている人もいるかもしれませんが、本当にそうなのでしょうか?

そこで今回は、FXの少額投資におけるリスクについて解説します

FXの少額投資は低リスク?

FXの少額投資は低リスク?

株式投資では「単元」と呼ばれる最低取引単位が決まっているため、取引を始める際にはある程度まとまった資金が必要です。

単元は100株と設定されているのが一般的で、1株が1万円であれば100株購入するためには100万円の資金を用意しなければなりません

もし、投資していた会社が上場廃止や破綻した場合には最終的には株価が0円になるため、100万円の資金が0円になるリスクを伴っています。

FXでは最低取引単位がFX業者ごとに異なっているほか、レバレッジを効かせられるので少額からの運用が可能です。

FXの投資対象である為替は、株式のように価値が0円になるということはありませんが、万が一大きな変動が生じても少額で運用すれば損失を最小限に抑えられます。

では、実際のところはどうなのでしょうか?

FXの少額投資が低リスクなのか、またFXの運用にはどのようなリスクが生じるのか詳しく見ていきましょう。

FXの運用で生じる6つのリスク

FXの運用で生じる6つのリスク

銀行預金は、ペイオフという制度によって1金融機関あたり1,000万円とその利息までが保証されるため、銀行が破綻した場合でも安心です。

しかし、FXには元本保証がないため、リスクの影響を大きく受けてしまうことになります。

FXにはどのようなリスクがあるのでしょうか?

FXの運用で生じる主なリスクは以下の6つです

  • 為替変動リスク
  • レバレッジリスク
  • ロスカットリスク
  • 金利変動リスク
  • 地政学的リスク
  • システムリスク

それぞれのリスクについて詳しく見ていきましょう。

為替変動リスク

FXでは、株式投資のような大きな価格変動は生じませんが、生じた為替変動に合わせて取引することで差益を得ます。

そのため、為替変動があることで利益を得られるのに、為替変動リスクという言葉があることに違和感を抱いている人も多いのではないでしょうか?

確かに、為替変動を予想して取引することで差益を得ますが、差益を得られるのは予想が当たった時だけです。

予想が外れた時は損失が生じるなど、常に利益が得られるわけではないので為替変動リスクを伴っていると言えます

為替変動リスクは資金を多く投じると大きくなるため、少額投資であればリスクを抑えられるでしょう。

レバレッジリスク

FXで1%の変動が生じることは稀なので、あまり大きな利益は期待できません。

しかし、FXにはレバレッジという仕組みがあり、日本国内のFXでは自己資金の最大25倍まで取引できるようになっています。

レバレッジを最大にして取引すると、従来取引に必要な資金の25分の1で取引できます

そのため、従来得られる利益の25倍の利益が得られるというメリットがある一方、予想が外れた場合は損失も25倍になるというデメリットがあります。

少額での取引にはレバレッジを効かせることが必須であるため、レバレッジリスクが高くなるのはデメリットが大きいと言えるでしょう。

ロスカットリスク

レバレッジ25倍で取引した場合は、実際に預けている証拠金以上の損が生じる可能性があります。

そのような事態に陥らないように、証拠金以上の損が生じそうな場合に、強制的に決済して損失が大きくならないようにするロスカットが導入されています。

また、含み損は持ち続けることによって含み益に変わる可能性がありますが、ロスカットされてしまうとその可能性は0です

ロスカットになる可能性は、レバレッジを高く設定する少額投資で高くなります。

そのため、少額投資の場合はロスカットリスクに注意が必要と言えるでしょう。

金利変動リスク

FXは、為替が毎日変動するだけでなく金利も毎日変動しています。

つまり、金利差によるスワップポイントを目的とした取引をしている人には大きな影響があるということ。

金利が大きく変動すると、そのポジションを持っていた人がポジションを解消することで、大きな為替変動が生じる可能性があります

結果的に金利変動リスクが高くなると、為替変動リスクも高くなるため、少額投資の方がリスクを抑えられると言えるでしょう。

地政学的リスク

為替変動は、通貨を発行している国の情勢の影響を受けます。

国の財政状況などが悪いと為替変動が影響を受けますが、これらは急に悪化するものではないため、ある程度予測することが可能です。

しかし、予測しづらいリスクが地政学的リスクです。

例えば、テロや戦争、政策の変更、経済指標の結果などです。

地政学的リスクが高まると、急な為替変動が生じることが多くなります

結果的に地政学的リスクの高まりが為替変動リスクを高めることになるため、少額投資の方がリスクを抑えられると言えるでしょう。

システムリスク

FXでは、パソコンやスマホを使用してネット回線をつないでFX業者のサーバーにアクセスします。

FXには数多くのシステムが関わっていますが、このシステムにトラブルが発生すると取引できなくなるシステムリスクと隣り合わせにあります。

システムトラブルが生じている間はポジションを決済できないため、その間に大きな為替変動が生じた場合にはロスカットで強制決済されてしまうので注意が必要です

システムリスクが為替変動リスクを多少高める程度であれば、少額投資でリスクを抑えられますが、ロスカットリスクを高める程度だと少額投資はかえってリスクを高めてしまうでしょう。

"少額投資だから低リスク"とは限らない

"少額投資だから低リスク"とは限らない

「少額投資であれば、予想が外れた場合でも損が小さいので低リスク」と思っている人もいるかもしれませんが、確かに損を小さく抑えるという点では少額投資が優れています。

しかし、レバレッジリスクやロスカットリスクを考えると、少額投資が低リスクとは言い切れないので注意が必要です。

また、「数万円ではなく数千円からFXを始めたい」という人の場合には、最低取引単位が10,000通貨のFX業者ではなく、さらに最低取引単位が小さい業者を選ぶ必要があります

そうなると、取引できる業者が限られてくるため、スプレッドが広い・サービスが悪いといった別の問題が生じる可能性もあるので、十分注意しましょう。

まとめ

まとめ

FXは、為替変動リスクやロスカットリスクなど、数多くのリスクと隣り合わせにあります。

そのため、それらのリスクがある中でも、損失を最低限に抑えられる少額投資は魅力的と言えます。

しかし、少額投資は損失を抑えられるという魅力は確かにありますが、高いレバレッジで取引することになるため、ロスカットによる無駄な損失が増える可能性があるので注意が必要です

FXで少額投資を始める際には、「損を最小限に抑える」ということがもちろん重要ですが、他のリスクとのバランスも考えながら総合的に適した運用スタイルを選びましょう。

-テクニック
-, , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.