FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXでよく使う時間足は5分足?各手法に適した時間足とは

投稿日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXはポジションの保有期間によってスキャルピング・デイトレード・スイングトレードと呼び方が異なります。保有期間が異なるということは、期間に合った時間足のチャートを見ながら為替変動を予想することが重要です。

各手法に適した時間足はどの時間足なのでしょうか?

そこで今回は、時間足の1つである5分足を使うのに適した手法とそれぞれの手法に最も適した時間足について解説します

FXでよく使う時間足は5分足?

FXでよく使う時間足は5分足?

FXは、現在の為替と比べて将来の為替がどのようになっているか予測して取引することで差益を得ます。

為替は上がるまたは下がるの2択であるため、単純に考えると勝率は50%ですが、継続的に安定した利益を得るには予想精度を高めて勝率も引き上げることが重要です。

予想精度を高める方法の1つにチャートを利用するという方法があります。

チャートとは、ある一定時間における為替変動を分かりやすくするためにグラフ化したものです。

例えば、1分足とは1分ごとの為替変動、5分足とは5分ごとの為替変動をグラフ化しています。

「どの時間足で変動を予想すれば最も勝てるの?」と気になる人もいるかもしれませんが、人によって使う時間足は大きく異なります。

しかし、長期的に保有するリスクを考慮して短期的な取引をする人が多いことを考えると、1分足・5分足・15分足などの比較的短い時間足を使っている人が多いと言えるでしょう。

使う時間足は手法によって異なる

使う時間足は手法によって異なる

使う時間足はどれでもいいというわけではありません。

例えば、短期的な取引をする人が長期間における為替変動をグラフ化している1時間足や4時間足を使っても、為替変動を予想することが難しいと言えます。

そのため、使う時間足は自分がどのような取引手法で取引するのかによって変えることが重要です。

取引手法には、スキャルピング・デイトレード・スイングトレードの3種類があります。

それぞれの手法の特徴と適した時間足について詳しく見ていきましょう。

スキャルピングの時間足

スキャルピングとは、1回のトレードが数秒~数分以内と、短期間の間に取引を終わらせる手法です。

1回の取引で狙う利益は5~20pipsと比較的少ないですが、その分を取引回数で補います。

1回のトレードの時間が短いため、チャートで使用する時間足は1分足~5分足を使うのが一般的です。

デイトレードの時間足

デイトレードとは、1回のトレードがスキャルピングより長いものの、持ち越すことはなく1日でポジションを手放す手法です。

1回の取引で狙う利益は20~100pipsとなっており、スキャルピングのように取引回数は多くありません。

1回のトレード時間はスキャルピングよりも長く、人によって保有期間が大きく異なるので一概に言えませんが、チャートで使用する時間足は15分足~1時間足といった少し長めの時間足を使うのが一般的です。

スイングトレードの時間足

スイングトレードとは、1回のトレードがデイトレードより長く、持ち越すことを想定して数日~数週間ポジションを保有する手法です。

1回の取引で狙う利益は100~1,000pipsとなっており、目標利益を達成するまでは基本的に決済しません。

デイトレードの場合と同様、1回のトレード時間は人によって保有期間が大きく異なるので一概に言えませんが、チャートで使用する時間足は4時間足~週足といった長い時間足を使うのが一般的です。

このようにどのようなトレードをするかで使う時間足は異なりますが、スキャルピングやデイトレードに長い時間足を使ってはいけないというルールはありません。

短い時間足は長い時間足の中に組み込まれているため、短い時間足は長い時間足の影響を受けます。

そのため、スキャルピングで1分足や5分足を見ながら、15分足・1時間足・4時間足を参考にすればより予想精度を上げることにつながるでしょう。

それぞれの手法のメリット・デメリット

それぞれの手法のメリット・デメリット

FXにはスキャルピング・デイトレード・スイングトレードの3種類があると言いましたが、どの手法を選んで取引を始めればいいのか分からないという人も多いと思います。

それぞれの手法のメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

スキャルピングのメリット・デメリット

スキャルピングは、短期間で細かな取引を繰り返す手法です。

チャートを見ながら瞬時に判断して取引するため、トレードに集中できる時間をある程度確保できる人に適している手法と言えます。

スキャルピングのメリットは、他の手法とは異なり、そこまで難しい知識を必要としないことです。

上がるか下がるかという単純な予想は必要ですが、テクニカル分析などを駆使しなければならないということもないため、FX初心者も比較的容易に取り組むことが可能です。

また、すぐにポジションを決済するため、地政学的リスクの高まりなど、急な為替変動が生じても大きな影響を受けずに済みます。一方、スキャルピングのデメリットは、細かな取引を繰り返すことでスプレッドの負担が大きくなることです。

1回の取引の手数料が30円だった場合には、1日に10回取引すると300円、それを20回繰り返す際は6,000円かかります。

取引回数が少ないデイトレードやスイングトレードと比べると手数料が高くなってしまうので注意しましょう。

デイトレードのメリット・デメリット

デイトレードは、スキャルピングよりも取引回数が少ないものの1日以内に必ず決済する手法です。

常にチャートと向き合っている必要はないため、FXの取引時間をそこまで長く確保できない人に適している手法と言えます。

デイトレードのメリットは、スキャルピングよりも取引回数が少ないことから、手数料を少しでも抑えられることです。

また、1回の取引で狙える利益が大きく、少ないチャンスを活かせればFXで効率良く利益を得ることが可能です。

一方、デイトレードのデメリットは、ある程度はFXの知識と経験を必要とすることです。

ポジションを保有する時間が長くなるため、ある程度のリスク管理に関する知識が必要になるほか、エントリーのタイミングの判断も難しくなります。

リスクを抑えながら確実に利益を積み重ねたい人やFX初心者の場合は、デイトレードよりスキャルピングの方が適していると言えるでしょう。

スイングトレードのメリット・デメリット

スイングトレードは、数日~数週間ポジションを保有して決済する手法です。

株式投資の配当のように安定して継続的に得られるスワップポイントを狙った取引をする人や、大きな利益を狙っている人に適している手法と言えます。

スイングトレードのメリットは、とにかく取引回数が少ないことから、FXの取引に必要な手数料を最小限に抑えられることが挙げられます。

一方、スイングトレードのデメリットは、為替変動リスクといった全てのリスクの影響を大きく受けてしまうことです。

急に大きな為替変動が生じた時には、ロスカットによって大きな損失を抱える可能性もあります。

大きな利益や安定したスワップポイントを得られる一方で、リスク対策を徹底する必要があるので注意しましょう。

まとめ

まとめ

FXで継続的に安定した利益を得るには、次にどのような為替変動が生じるかをしっかりと予想することが重要です。

予想精度を上げるために使用するチャートは、1分足・5分足といったように時間ごとに区切られているため、自分の取引スタイルに合った時間足を選ぶ必要があります。

短い時間足は長い時間足に支配されるという特徴があります。

そのため、スキャルピングでは1分足~5分足、デイトレードでは15分足~1時間足を選ぶのが基本ですが、比較的長い時間足も参考にしながら取引すれば、より安定した利益につながるでしょう。

-テクニック
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.