FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

FX初心者は通貨選びが重要?FX初心者におすすめする通貨とは

投稿日:2019年7月8日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXに興味を持っているものの、まだ取引を始めたことがない初心者の中には、どの通貨を選んで取引すればいいかわからない人も多いのではないでしょうか?

選んだ通貨次第では、取引量が少なくちょっとした要因でも大きな為替変動が生じてしまい、予想以上の損失に一発退場になる可能性もあるので注意が必要です。

そこで今回は、FX初心者におすすめする通貨について解説します

FX初心者は通貨選びが重要

FX初心者は通貨選びが重要

株式投資は、取引にある程度のまとまった資金が必要になるほか、平日9時~15時までと取引時間が限られています。

そのため、資産運用できる資金が少ない人や日中働いているサラリーマンには適していません。

しかし、FXは、レバレッジを効かせることで少額で取引できるほか、平日と祝日は24時間取引できます。

そのため、FXは、資金が少ない人や忙しいサラリーマンに人気があります。

では、FX初心者はどの通貨を選んで取引しても問題ないのでしょうか?

FXはどのような為替変動が生じるのかを予想して取引することで差益を得ますが、予想が外れると損をします。

そのため、FX初心者がリスクを抑えながら利益を安定して得るには、変動を予想しやすい通貨を選ぶことが必要不可欠と言えるでしょう。

FX初心者におすすめの通貨のポイント

FX初心者におすすめの通貨のポイント

FX初心者がリスクを抑えながら利益を安定して得るには、変動を予想しやすい通貨を選ぶことが必要不可欠とお伝えしましたが、どのようなポイントを押さえて通貨を選べばいいのでしょうか?

FX初心者におすすめの通貨のポイントは以下の4つです

  • スプレッドが狭い通貨
  • 流動性が高い通貨
  • 情報を得やすい通貨
  • トレンドが出やすい通貨

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

スプレッドが狭い通貨

FXは、平日と祝日は24時間取引できるという魅力がありますが、これは日本だけの話ではなく海外でも条件は同じです。

そのため、日本時間が夜中であっても市場は動いているため、何らかの原因によって大きな為替変動が急に生じる可能性があります。

「朝起きたらロスカットによって強制決済されていた」というケースも珍しくないため、FX初心者には短期間で取引を完結させるスキャルピングやデイトレードがおすすめです。

スキャルピングやデイトレードは細かく取引を繰り返すため、スプレッドという手数料が少ない通貨を取引した方が良いと言えます。

スプレッドは各FX業者によって異なりますが、基本的にメジャー通貨のスプレッドは狭く、マイナー通貨のスプレッドは広い傾向があります。

そのため、FX初心者が取引する際には、スプレッドが狭い米ドル/円などのメジャー通貨を選んだ方が良いでしょう。

流動性が高い通貨

流動性の高さは、取引に参加している人の多さを表しています。

そのため、流動性の高い通貨を選んで取引すると流動性の低い通貨よりも取引が成立しやすいと言えます。

また、流動性の高い通貨を選んだ方が良い理由は、取引の成立しやすさだけではありません。

流動性の低い通貨は取引に参加している人が少ないということでしたが、これはボードに並んでいる注文が少ないことも意味しています。

そのため、発表された経済指標の結果が市場予想と大幅に相違がある、地政学的リスクが高まると、想像以上に大きな為替変動が生じる可能性があります。

流動性の低い通貨で取引していると大きな為替変動による損失で一発退場になる可能性もあるため、ユーロ/ドル・ドル/円などのメジャー通貨を選びましょう。

情報を得やすい通貨

為替変動が生じる要因の1つとしてファンダメンタルズがあります。

ファンダメンタルズとは、国の経済指標や要人発言などのことで、発行されている通貨の価値に影響を与えるものです。

例えば、南アフリカランドやトルコリラ、ブラジルレアルなどのファンダメンタルズは、FX業者のニュース欄で経済指標程度は確認できても、その程度の情報しか手に入りません。

一方で、米ドルや日本円などのファンダメンタルズは、FX業者のニュース欄で経済指標が確認できるだけでなく、新聞やネットなどでも情報が容易に確認できます。

為替変動を予想するには、ファンダメンタルズに関する情報を常に手に入れられる環境が重要であるため、FX初心者には米ドルや日本円などに関するメジャーな通貨を選んだ方が良いでしょう。

トレンドが出やすい通貨

為替変動が生じる要因は1つではなく、テクニカルもあります。

テクニカルとは、過去に生じた為替変動に似た変動を繰り返すというデータに基づいて先回りした取引を行うことです。

先回りした取引が結果的に通貨の価値に影響を与えます。

テクニカルの1つにトレンドと呼ばれるものがあります。

上昇トレンドは強い買い圧力が働いている状況で、下降トレンドは強い売り圧力が続いている状況です。

トレンドが続く状況では、トレンドに合わせた取引をすると安定した利益を得やすいため、FX初心者にはトレンドが出やすい通貨がおすすめです。

ユーロ/ドルは、一度トレンドが発生すると、トレンドに沿った変動が生じやすい傾向があります。

基本的に流動性が高い通貨は、一度トレンドが発生すると、トレンドに沿った変動が生じやすいため、FX初心者は流動性が高い通貨を選んだ方が良いと言えるでしょう。

FX初心者におすすめしない通貨

FX初心者におすすめしない通貨

FX初心者の中には、「為替のスワップポイントを狙いたい」という方もいるでしょう。

スワップポイントを目的としたFXも間違いではありませんが、高いスワップポイントの通貨は、流動性が低いマイナー通貨である可能性が高いと言えます。

例えば、南アフリカランドやトルコリラなどは、高いスワップポイントを得られる通貨で有名です。

しかし、実際の為替変動は右肩下がりが続いており、高いスワップポイントと引き換えに為替差損が生じています。

スワップポイントが高い通貨には、トレンドが表れにくい、ファンダメンタルズの影響を受けやすいというデメリットがあるため、FX初心者にあまりおすすめしない通貨と言えるでしょう。

過度な期待をしないことが重要

過度な期待をしないことが重要

FX初心者が最も注意すべきことは、FXに対して過度な期待をしないことです。

国内のFX業者は、最大レバレッジが25倍に制限されているため、自己資金が少ない人はFXで1億円の利益を得ることは極めて難しいと言えます。

海外のFX業者は、レバレッジの制限が適用されないため、1,000倍近いレバレッジを効かせることも可能です。

しかし、海外のFX業者は国内のFX業者よりもリスクも高くなります。

FX初心者の場合はリスクを背負って大きな取引をするのではなく、自分に合った通貨を選んで取引する中で確実に経験や知識を身につけながら利益を積み重ねていくようにしましょう。

まとめ

まとめ

FX初心者におすすめする通貨には、「スプレッドが狭い」「流動性が高」「情報を得やすい」「トレンドが出やすい」という4つのポイントがあります。

基本的に、南アフリカランドやトルコリラといったマイナーな通貨ではなく、米ドルや日本円といったメジャーな通貨を選んでおけば問題ありません

経験や知識を身につける、確実に利益を積み重ねていくためにも、FX初心者は通貨選びをしっかりと行いましょう。

-FX初心者
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.