FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXのおすすめツールとは?厳選した5つをご紹介!

投稿日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXのトレードを始める場合には、まずFX会社を選んで口座を開設しなければなりません。

口座を開設する際は、「スプレッドが狭い」「スワップポイントが高い」など、様々な条件で選んでいる人が多いと思います。

しかし、スキャルピングやデイトレードの場合は頻繁にトレードを繰り返すので「ツールの使いやすさ」も意識することが重要です。

そこで今回は、FXのツールにはどんなものがあるのか、FXのツールを紹介します。

FXのツールにはどんなものがある?

FXのツールにはどんなものがある?

FXのトレードを行う際には、FX会社が提供する取引ツールを利用して行います。

ツールはFX会社ごとに異なっているため、口座を開設する際は、使いやすいツールなのかどうかを事前に確認しておくことが重要です。

FXのツールは、自分で取引するためのツール自動売買のためのツールに大きく分かれます。

しかし、自動売買のためのツールを提供しているFX会社は多くありません。

例えば、みんなのFXの「みんなのシストレ」、FXプライムbyGMOの「ちょいトレ」などは自動売買に対応しているツールです。

自分で取引するためのツールは多くありますが、PC対応のツールとスマホ対応のツールはどちらがいいのでしょうか?

それぞれのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

PCに対応しているツール

PCに対応しているツールのメリットとして、1つの画面に表示される情報量が多いことが挙げられます。

情報量が多いということは、スキャルピングやデイトレードで瞬時の判断が求められても即座に対応しやすいということを意味します。

また、PCに対応しているツールを利用するということは、PCがないとレードできません。

そのため、頻繁に取引したい人にはPCに対応しているツールよりもスマホに対応しているツールの方が良いと言えます。

反対に、スマホだとついチャートを見てしまって、無駄にエントリーしてしまうという人はスマホに対応しているツールよりもPCに対応しているツールの方が良いと言えるでしょう。

スマホに対応しているツール

スマホに対応しているツールのメリットとして、スマホさえあれば場所を気にせずに取引できることが挙げられます。

FXは24時間取引できると言っても常に大きな為替変動が生じているわけではありません。

そのため、訪れたチャンスをしっかり掴むことが重要であるため、いつでもトレードできるスマホに対応しているツールは大きな武器になると言えます。

しかし、画面に表示できる情報が限られているため、取引に無駄が生じやすいという点には注意が必要です。

腰を据えて本格的にFXのトレードを行う場合はPC対応のツール、気軽にFXのトレードを行う場合はスマホ対応のツールなど、目的に応じて使い分けていくことが重要と言えるでしょう。

おすすめのFXのツールを5つ紹介

おすすめのFXのツールを5つ紹介

ツールと一口に言っても、各FX会社が独自のツールを提供しているため、FX会社の数だけツールが存在していると言えます。

そのため、自分に合ったツールを見つけるのはなかなか容易ではありません。

そこで、少しでも自分に合ったツールを見つけやすくするために、おすすめのツールを5つ紹介します。

  • LIONチャートPlus+
  • はっちゅう君FX+
  • 外貨NEXTNEO
  • Desktop Cymo
  • DMMFX PLUS

それぞれのツールについて詳しく解説します。

LIONチャートPlus+

LIONチャートPlus+とは、ヒロセ通商の「LION FX」が提供するツールです。

LIONチャートPlus+は、国内業者で最多となる計26種類の注文方法の中から選択できるのが大きな特徴です

チャートに書き込みできる描画ツールが搭載されているほか、チャート画面で注文・決済が可能なのも魅力の1つです。

これらの機能をうまく使いこなすことができれば、どのような為替変動が生じているのか視覚的に判断しやすくなる、瞬時に注文・決済を行えるため、より大きな利益を得やすいと言えます。

ただし、LIONチャートPlus+は、Windowsに対応していても、Macには対応していないので注意が必要です。

はっちゅう君FX+

はっちゅう君FX+とは、GMOクリック証券が提供しているツールです。

はっちゅう君FX+の優れている点は、画面のレイアウトを自分好みに変更できるという点です。

トレードに必要な情報だけをピックアップできるだけでなく、サイズを変更すれば1つの画面にまとめることができます

そうすることで、より自分に合う取引環境を整えることが可能です。

また、1クリック注文を通貨ペアごとにカスタマイズできるのでスムーズに取引できます。

代表的なテクニカル指標に加えて、豊富なカスタム機能もあるため、FX初心者だけでなく中級者~上級者にもおすすめです。

しかし、はっちゅう君FX+もMacには対応していないため、MacのPCを利用している人はツールが限られるので注意しましょう。

外貨NEXTNEO

外貨NEXTNEOとは、外貨どっとコムが提供するツールです。

外貨NEXTNEOには、11種類の豊富な注文方法の中から、相場の状況に合わせて最適な注文方法を選ぶことができるのが魅力です。

チャートに描画できるツールは多くありますが、外貨NEXTNEOはチャート上にコメントやアイコンを表示できるため、相場をより視覚的に判断しやすいと言えます。

また、時間指定注文ができるのも大きなポイントです。

時間指定注文とは、時間指定成行、時間指定指値、時間指定ストップのことで、これらをうまく活用すればどんな状況でも注文できます。

上記2つのツールはMac非対応でしたが、外貨NEXTNEOはMacに対応しているため、MacのPCを利用している人にもおすすめと言えるでしょう。

Desktop Cymo

Desktop Cymoとは、YJFX!が提供しているツールです。

FXでは、様々な情報を駆使しながら為替変動を予想します。

そのため、少しでも取引しやすいようにFXのツールには数多くの機能が実装されているのが一般的です。

しかし、Desktop Cymoにはそこまで多くの機能が実装されていません。

必要な機能だけが厳選されているため、発注・決済をスムーズに行うことが可能です。

機能が厳選されているということは、PCへの負荷が小さいことを意味します。

そのため、小さなノートPCでも問題なく取引することが可能です。

取引に慣れた後は、Desktop NEXTというプロ仕様のツールに移行することもできるため、FXの経験を積むのに適したツールと言えます。

こちらもMacには対応していないので注意しましょう

DMMFX PLUS

DMMFX PLUSとは、DMM FXが提供するツールです。

取引に必要な機能のポップインやポップアウトが簡単で、必要な情報を見逃さないのでスムーズな取引を行うことが可能です。

多機能ではありませんが、基本的な機能はしっかりと抑えられているほか、設定した価格に到達した場合にはメールで通知を受けることができます。

また、FX会社では初となるLINEでのサポートに対応しており、サポート対応時間であればスムーズにサポート対応を受けられるのが大きな魅力です。

Macに対応しているため、MacのPCを利用している人やLINEでのサポートを受けたい人におすすめのツールと言えるでしょう。

まとめ

まとめ

今回は、少しでもツールを選びやすくするために代表的なFX会社が提供しているツールを5つピックアップして紹介しました。

自分に合う使いやすいツールを見つけることは、スムーズなトレードにつながるため、より安定した利益が期待できるようになります

そのため、「トレードできればどのツールでも気にしない」という考えではなく、ツールにこだわって口座を開設しましょう。

-テクニック
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.