FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

リスクが高いのは株とFXどっち?それぞれのリスクの違いとは

投稿日:2019年6月28日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

資産運用に興味があるものの、株とFXのどちらがいいか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

どちらも銀行預金などのように元本保証のあるローリスクな運用方法ではなくハイリスクな運用方法であるため、双方にどんなリスクがあるのかを把握しておくことが重要です。

そこで今回は、株とFXのリスクはどっちが高いか、株とFXのリスクの違いについて解説します

株とFXのリスクは異なる

株とFXのリスクは異なる

株は企業が発行して証券取引所に上場している株式の取引をしますが、FXは国が発行する通貨の取引をします。

銀行預金は、預金保険機構によって1金融機関あたり1,000万円の元本とその利息までが保護されているため、安心して運用できるという特徴があります。

一方、株やFXにはこのような元本保証がないため、最悪の場合は元本割れによって資産が少なくなってしまう可能性があるので注意が必要です。

そのため、株やFXを始める際には元本割れのリスク以外にもどのようなリスクを抱えているのか、事前に把握しておくことが重要です。

では、株とFXが抱えているリスクは同じなのでしょうか?

それぞれのリスクについて見ていきましょう。

株のリスクとは

株のリスクとは

株にはどのようなリスクがあるのでしょうか?

株には以下の3つのリスクがあります。

  • 価格変動リスク
  • 倒産リスク
  • 流動性リスク

それぞれどういったリスクになるのか解説していきます。

価格変動リスク

株のリスク1つ目は、価格変動リスクです。

例えば、1株1,000円の株式を100株購入して1株1,100円になった時に売却したとすると、10,000円の利益が得られます。

一方、1株1,000円の株式を100株購入して1株900円になった時に売却すると、10,000円の損失が生じます。

このように、株では価格変動によって損失だけでなく利益も生じるため、価格変動リスクはリスクとは一概に言い切れません

しかし、予想とは異なる方向に価格変動が生じた場合は損失によって資産を失うため、価格変動リスクを抱えていると言えるでしょう。

倒産リスク

株のリスク2つ目は、倒産リスクです。

企業は成長を続けることを目標として日々業務に取り組んでいますが、景気などの影響を受けて利益が出ない状態が続く可能性があります。

赤字の期間が長く続いて事業の継続が困難になって倒産した場合は、発行していた株式が最終的にはただの紙切れに変わってしまいます

倒産しなかったとしても、証券取引所の上場廃止の基準に触れてしまった場合は、最終的に倒産した時と同様に、発行していた株式がただの紙切れに変わってしまいます。

大手航空会社のJALも上場廃止になった過去があるので注意しましょう。

流動性リスク

株のリスク3つ目は、流動性リスクです。

有名企業が発行している株式は比較的流動性が高いことが多いですが、あまり有名ではない企業が発行している株式は流動性が低いのが一般的です。

流動性が低いと自分の希望価格で売買しにくくなるほか、業績が悪かった時は流動性が低いことが影響して大きな価格変動が生じる可能性があります

株式を保有していて急に現金化が必要になった時でも、流動性が低い株式の場合はすぐに売買が成立せず現金化できない可能性もあるので注意しましょう。

FXのリスクとは

FXのリスクとは

では、FXの場合どのようなリスクが挙げられるのでしょうか?

FXには以下の6つのリスクがあります。

  • 為替変動リスク
  • 金利変動リスク
  • 流動性リスク
  • オンラインリスク
  • レバレッジリスク
  • ロスカットリスク

それぞれどういったリスクになるのか解説していきます。

為替変動リスク

FXのリスク1つ目は、為替変動リスクです。

株には価格変動リスクがありましたが、FXも為替変動リスクを伴います。

例えば、1米ドル110円で10,000通貨購入して111円で売却したとすると、10,000円の利益が生じます。

一方、1米ドル110円で10,000通貨購入して109円で売却したとすると、10,000円の損失が生じます。

このように、FXも為替変動によって損失だけでなく利益も生じるため、為替変動リスクはリスクとは一概に言い切れません

しかし、予想とは異なる方向に価格変動が生じた場合は損失によって資産を失うため、価格変動リスクを抱えていると言えるでしょう。

金利変動リスク

FXのリスク2つ目は、金利変動リスクです。

FXでは為替変動を狙った差益のほか金利差を狙ったスワップポイントも期待できます。

金利差の大きい通貨の場合は、得られるスワップポイントが大きいポジションが保有されやすい傾向があります。

しかし、金利変動によって金利差が縮小した場合には、そのポジションを手放す人が増えるので注意が必要です。

また、スワップポイントは各国の経済状況などを反映しているため、日々変動しています。

プラスのスワップポイントを毎日受け取っていると思っていたところ、金利変動によって毎日マイナスのスワップポイントが発生していたというケースもあるので十分に注意しましょう。

流動性リスク

FXのリスク3つ目は、流動性リスクです。

株に流動性リスクがあったのと同様に、FXにも流動性リスクがあります。

例えば、米ドルや日本円はメジャーな通貨であるため、積極的に取引されていて流動性が高いと言えます。

しかし、南アフリカランドやトルコリラはマイナーな通貨であるため、取引が少なく流動性が低いです。

流動性が低いと自分の希望価格で売買しにくくなる、経済指標などに対する反応が大きくなって大幅な価格変動が生じる場合があります

また、株式のように現金化しにくいということはありませんが、現金化する際の約定価格が想定より悪く、損をする可能性があるので注意しましょう。

オンラインリスク

FXのリスク4つ目は、オンラインリスクです。

株は電話や対面注文がメインで、そこからオンライン注文が可能になりましたが、FXは最初からオンライン注文がメインであるため、オンライン機能がうまく機能しなかった場合には取引できないリスクがあります。

例えば、PCの故障やサーバーダウンなどです。

そのような場合は、決済できずに損だけが大きく膨らんでいくことになる可能性もあるので十分に注意しましょう。

レバレッジリスク

FXのリスク5つ目は、レバレッジリスクです。

株は現物取引が一般的であるのに対して、FXはレバレッジを効かせた証拠金取引が一般的です。

証拠金取引では、レバレッジを最大25倍まで効かせることによって、少ない自己資金を効率良く運用できるというメリットがあります。

しかし、レバレッジ25倍という取引は利益を25倍にできる一方で、損失も25倍になるというデメリットもあります

レバレッジリスクでは大きな損失を抱える可能性があるので十分に注意しましょう。

ロスカットリスク

FXのリスク6つ目は、ロスカットリスクです。

ロスカットリスクとは、FXのトレーダーが証拠金以上の損を抱えることがないように、FX業者が定める一定の水準に到達した場合に強制決済する仕組みです。

ロスカットによって証拠金以上の損を抱える可能性は低くなりますが、0ではありません。

急な為替変動が生じた場合には、ロスカットがうまく作動せずに証拠金以上の損が生じて追加入金が必要になる可能性があります。

また、ロスカットの水準が高ければ、無駄な強制決済が繰り返されることになるので十分に注意しましょう。

まとめ

まとめ

株とFXは、銀行預金のように元本保証がないため、ハイリスクな運用方法と言えますが、それぞれのリスクを見てみると似たようなリスクを抱えていることが分かります。

しかし、リスクの数ではFXの方が多いため、FXの方が株よりもリスクの高い運用方法と言えます。

FXはリスクが多いと言っても、レバレッジを効かせることで自己資金以上に取引できる、損が大きくならないようにロスカットという仕組みが導入されているといったメリットがあります。

リスクの多いFXであってもリスク管理を徹底しながら取引すれば、メリットを活かしながら安定した利益が期待できるでしょう。

合わせてチェック!
初心者にはFXと株どちらがおすすめ?株とFXの違いを徹底比較

この記事の監修 株式会社インベストメントカレッジ  吉田健吾 累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介 ...

-FX初心者
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.