FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

FX取引で借金をしないために…初心者がやりがちな失敗とは?

投稿日:2019年2月6日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

これからFX取引をして資産運用を開始しようという方の不安の一つに、

「FX取引に失敗してしまうことで借金をしてしまう可能性があるのではないか…」というものがあるでしょう。

投資に失敗して借金を抱えてしまった、という体験談を聞くことも少なくはありませんよね。

しかし、FX取引で借金を抱えてしまう人には共通した特徴があります

FX取引で借金を抱えてしまう人の特徴を知って注意しておくことで、初心者の方であっても安心してFX取引を開始することができるでしょう。

Contents

FX取引で借金をしてしまう事例にはどのようなものがある?

まず、FX取引において借金を抱えてしまった方の事例を確認してみましょう。

Aさんの事例:週末に相場が大きく変動!ロスカットが間に合わなかった・・・

Aさんは中長期的なFXトレードを実施していました。

金曜日にポジションが変動し始めたため、取引を行わずに土日を挟んだ翌週の様子を見て取引の有無を判断しようと決めました。

FX取引は、日本だけでなく海外の市場が開いている時間であればいつでも取引をすることができます。

Aさんは月曜日の昼間にチャートを確認すると、ロスカットの対象となっていて、さらに借金を背負うことになってしまいました。

では、なぜ強制ロスカットになっているにも関わらず、借金を背負うことになってしまったのでしょうか?

考えられる原因は2つ挙げることができます。

①ロスカットが間に合わなかった

通貨の価値は常に変動しています。

可能性は非常に低いですが、Aさんが取引に利用していた通貨の国で、何かしら大きな経済変動が起きてしまい、短い時間で通貨価値が大幅に変動してしまうことがあるのです。

通常であれば、価格が変動しロスカットの対象になると、強制的に決済が実行されるため、大きな損をしてしまう心配はありません。

しかし、大きな変動が短い時間で起きてしまった場合、ロスカットの処理が間に合にあわず、結果として大きな損失を受ける可能性があるのです。

②土日の価格変動でロスカットがされていなかった

Aさんは、金曜日にポジションを保有したまま取引を終了し、月曜日の昼間までチャートを確認することはありませんでした。

土日は市場が閉まっているので、取引をすることもないため、大きな損をする可能性もない、と安心していたAさん。

しかし、金曜に取引を終了してから土日の間に世界各国で大きな経済変動が起きない、と言いきることはできるでしょうか?

土日に大きな経済変動が起きた場合、月曜に為替市場が開いたときの通貨価値が大幅に変化しているケースがあります。

土日に大きな経済変動があってもロスカットしてくれるから大丈夫、と思っていませんか?

FX会社には土日を休業日としているところも多く、土日の通貨の価格変化によるロスカットの手続きを月曜にすることになった場合、ロスカットまでに時間がかかってしまうため、損をしてしまう可能性があるのです。

このような要因から、AさんはFX取引による損失を賄うために、借金をしてしまうことになったのです。

Bさんの事例:証拠金のための借金を重ねてしまった・・・

FX取引において、ロスカットの対象となる基準のひとつが、FX会社に預けている「証拠金」の金額がある一定の額を下回ったとき、というものです。

FX取引は証拠金の範囲内で実施することになりますが、BさんのFX取引はあまり好調なものではなく、残りの証拠金が少なくなっていました。

もちろん、ある一定の額を下回ってしまうとロスカットの対象になり、強制的に決済が実行されてしまうため、取引はできなくなってしまいますよね。

Bさんは、まだ勝てるかもしれない・・・という期待を捨てきれず、ロスカットを免れるために、証拠金を追加で入金する決意をしました。

しかし、手元に資金がなく、「次の取引で利益を出して、その利益で返済しよう」という考えから、借金をして証拠金を追加してしまったのです。

FX取引によって借金を抱えてしまう人の多くは、Bさんのように「次は大丈夫」という考えがある人がほとんどです。

事例をみて、いかがでしたか?

自分は大丈夫、と思っていると、気を抜いてしまい、思わぬ借金を背負う可能性もあるので注意が必要です。

初心者の方が取引に失敗して借金を背負わないようにするために、次は初心者に多い【FX取引失敗の共通点】をチェックしていきましょう。

初心者がやりがち!?FX取引で破産してしまう失敗とは?

(1)ポジションがないと不安!?ポジポジ病になってしまい損をする!

ポジポジ病という言葉を聞いたことがありますか?

FX取引は、まずポジションを所有しないことには開始することができませんよね。

初心者の方は,ポジションをより多く所有しておいた方が、多くの取引ができるため、結果として利益を得やすいのではないか、と考えてしまう人がいます。

ポジションをたくさん所有している場合、その分利益が増えるわけではありません

結果としてポジションを全部管理することができなかったり、自信がないのに適当にエントリーしてしまったりしてしまうため、損をしてしまう可能性が高くなってしまうでしょう。

ポジポジ病は初心者の方に多いため、これからFX取引を開始する人は注意が必要です。

ポイント

まずは、1日にエントリーする回数を決めて、1回損失がでたからいって、取り戻そうとしてさらに多くのポジションを保有しないように気を付けることが大切です。

(2)レバレッジをかけすぎる!!損が大損に・・・

初心者にとって魅力的なのが「レバレッジ」をかけた取引です。

FX会社に証拠金を預けることで、証拠金の何倍もの額で取引をすることができるため、利益が出た場合、自分の資産で取引をしても得ることができなかった金額を手にすることも可能になるでしょう。

しかし、レバレッジをかけた取引に失敗してしまった場合はどうなるのでしょうか?

高いレバレッジをかけて取引に失敗してしまった場合、FX会社に預けていた証拠金の額よりも大きな損失を被ることがあります

そして、高いレバレッジをかけた取引によって損失を受け、証拠金との差額が発生してしまった場合は、自分で差額をFX会社に支払うことになります。

初心者の方は「高いレバレッジをかけて取引をしたら一気に利益を確保することができる!」と勘違いしてしまい高いレバレッジをかけた取引をして結果として大きな損をしてしまい、FX会社への支払いが発生してしまう可能性があるので十分に注意が必要です。

まず、FX取引を成功させるためには、経験と知識が重要であることを忘れてはいけません。

FX取引の初心者が、たまたま取引に成功して大きな利益を得ることもあるでしょう。

しかし、損失が発生し借金を背負うことになるリスクを回避するためには、高いレバレッジをかけた取引はしないようにした方が安全です。

基本的には低いレバレッジでの取引を継続して、その時の状況に合わせて少しずつレバレッジを上げたり下げたりするようにしてください。

(3)たくさん取引をしたのに、利益確定が早すぎて結果として損をしていた

初心者の方で、たくさんFX取引をしたのに、総合的にみると利益が出ていない、むしろ損してしまっている、という方はいませんか?

初心者の方が取引に失敗してしまう原因の一つに【利益確定の判断が早すぎる】というものがあります。

レートが変動し始めて、利益確定までの時間が短い場合、少しの利益しか得ることはできませんよね。

また、1回1回の取引による利益が少ないと、あまり成功している気持ちになることができず、さらに大きな金額での取引を開始したい、という気持ちになってしまいFX取引に大金をつぎ込んでしまうケースも。

初心者の方にとって、もっともよい利益確定のタイミングを見計らうことは非常に難しいことですが、すぐに利益確定をするだけでなく、一旦立ち止まって待ってみることも大切である、ということを忘れないようにしてください。

しかし、FX取引では、利益確定までの時間を少し延ばしたことで損失が大きくなってしまう可能性もあるので、タイミングの見計らい方は非常に大切です。

ポイント

まずは小さな金額での取引を開始して、値動きなどを観察・勉強してみることをお勧めします。

(4)ロスカットの設定をしていなかった!気付いたときには大きな損失・・・

FX取引で大きな損をしないための方法として、ある一定のラインより価格が下がった場合に強制的に決済を実行する「ロスカット」というものがあります。

ロスカットを設定せずに取引を実行した場合、価格が急に下がってもポジションを保有していることになり、知らない間に大きな損をしてしまう可能性があるのです。

ロスカットの設定をしなくても、自分がチャートを確認できるときに判断して取引をするから大丈夫、と考えていませんか?

しかし、1日中チャートを確認しておくことはできないですよね。

ロスカットを設定しておくことは、FX取引を開始する際の基本的なリスク回避法です。

(5)ポジションを保有しておけばいつか利益が出るかも・・・損切をせずに損をしてしまう!

FX取引の経験が少ない場合、所有しているポジションの価値が下がっている場合であっても「ポジションを所有しておけばいつか盛り返すかもしれない・・」という期待をしてしまう方がいらっしゃいます。

しかし、期待をして所有しているポジションのほとんどは、盛り返すことなく、損失が大きくなるばかりでしょう。

ある一定のラインを超えた場合、「損切り」をする勇気も必要です。

損切をすることができず、意地になってポジションを保有していた場合、少しの損失どころか大きな損失を被ることもあるので、取引を開始する場合は事前に損切のラインを自分で設定しておきましょう。

また、どんなに期待していた取引であったとしても、自分が設定した損切りのルールを守って取引をすることが大切です。

(6)SNS情報頼り!!自分で調べないで損をしてしまう!

FXトレーダーの中には、TwitterやInstagramで情報を発信している人がいます。

その中でも有名な方の情報であれば信用してしまって、発信されている内容通りに取引を実行してしまう初心者の方もいらっしゃるでしょう。

しかし、SNSやネットの情報を鵜呑みにして取引を実行することは非常に危険です。

参考にすることはできますが、まずは自分で情報を調査して取引をする癖をつけるようにしてください。

(7)FX取引がさかんな時間帯を知らなかった・・・!

FX取引は世界中で行われています。

取引をして利益を得るためには、できるだけチャートが動いているときに取引をした方が確率は高くなるでしょう。

取引がさかんな時間帯は大きく3つあり、日本時間、欧州時間、NY時間です。

それぞれに時差がるので、取引に利用している通貨によって、変動がある時間が日本時間の深夜帯のみ、というケースも。

取引が少ない時間帯にチャートを見ていても、変動が少なく結果として利益を出すタイミングがわからない、あまり利益を得ることができなかった、ということもあります。

まずは利用する通貨の取引が活発な時間帯を知っておく、ということが大切です。

(8)メンタル的に不安になってしまう・・・感情に左右されて損をしてしまう!

FX取引の初心者は、これまでの経験があまりないことから、感情に左右されがちです。

まだポジションを所有しておけば、将来的におおきな利益を得ることができるかもしれない・・・

あと少し証拠金を増やしてレバレッジを上げられれば、もっと大きな利益が出るかもしれない・・・

生活費を削ってFX取引にまわそう・・・

など、メンタル面で不安になってしまったり、過信してしまったりすることは、FX取引の大敵です。

冷静に判断して、自分で決めた損切りルールを守る、ということを徹底してください。

感情的な取引は、大きな損失を招く一番の原因です。

初心者の方は得に注意が必要です。

FX取引で大きな損をしないためにしておきたい4つのこと

初心者の方がやってしまいがちなFX取引の失敗、当てはまる部分はありませんでしたか?

大きな損をしないために、まずはこれからご紹介することを必ず実践しておくようにしてください。

(1)取引は自分の資金内で

FX取引を開始する場合、自分の資金内での取引のみにしておきましょう。

取引を継続していくうちに、もっと大きな取引がしたい、という気持ちが出てきて、借入をしてしまう人や、資金の管理ができていないことで大きな損失が発生し借金をしなければいけなくなってしまう人がいます。

しかし、一度借金をして取引をしてしまうと、次こそは大丈夫、まだ大丈夫、という気持ちで借金が膨らんでしまうでしょう。

まずは、自分がFX取引で活用できる資金がどれくらいなのかを事前に把握して、計画的に取引を行うことが大切です。

(2)レバレッジに注意

まだ取引の回数が少なく経験が浅い初心者の方は、できるだけレバレッジをかけずに取引をすることをお勧めします。

どうしてもレバレッジをかけた取引をしたい場合は、小さなレバレッジから取引を開始するようにしてください。

また、FX会社に預けている証拠金の額を常に確認しておくことも大切です。

(3)指値注文・逆指値注文を忘れずに

利益確定を行う指値注文と損切りを行う逆指値注文を必ず行うようにしましょう。

特に、損切りをせずにポジションを保有し続けた場合、損失が拡大してしまいます

中には、損失が拡大していても、ポジションを保有しておくことで将来的に価値が冗長する可能性があるのではないか、という期待をしてしまう方がいらっしゃいますが、そのようなケースはなかなかありません。

取引を開始する前に自分でルールを決めて、損切りのラインは変えないようにすることが大切です。

(4)土日のリスクを知っておく

FX取引は平日の市場が空いている時間に実施することができ、土日は市場が閉まっているため取引をすることができません。

土日に大きな経済変動が起きた場合、月曜に取引を開始しようとしたときに大きな損をしている可能性があるのです。

金曜日のうちに決済を終了することを忘れないようにしておきましょう。

とにかくリスクを回避しよう

とにかくリスクを回避しよう

FX取引初心者の方が、取引に失敗しないようにするためには、とにかくリスクを回避することが重要です。

まずは自分の資金の中で利用できる金額を把握して、できるだけ少額からの取引を開始しましょう。

リスクを回避した取引を継続することができると、FX取引が原因で借金をしてしまう可能性は最小限に抑えることができます。

FX取引を成功させるためには、小さな金額からの取引で経験を積み重ねて知識をつけることが大切です。

-FX初心者
-, , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.