FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

サラリーマンにFXはおすすめ?FXする際に意識すべきポイント

投稿日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

サラリーマンの中には、本業で得られる収入に限界があるため、生活費の足しにする目的でFXをするかどうか検討している人も多いと思います。

しかし、生活費の足しにする目的であっても、失敗によって資金を失っていては全く意味がありません。

FXはサラリーマンにおすすめの方法と言えるのでしょうか?

そこで今回は、サラリーマンにFXがおすすめか、サラリーマンがFXする際のポイントを解説します

サラリーマンにはFXがおすすめ

サラリーマンにはFXがおすすめ

サラリーマンの給料は勤務年数によって変動する年功序列であることが多いため、「お金を増やしたい」と思ってもそう簡単に増えるものではありません。

そのため、サラリーマンがお金を増やすには、本業以外でお金を増やすのが一般的です。

本業以外にお金を増やす方法として、アルバイトやクラウドソーシングなど本業とは別に、働いてお金を増やす方法と資産運用でお金を増やす方法の2種類あります。

本業とは別に働くアルバイトやクラウドソーシングは、確実にお金を増やせる一方で、体力的・精神的な負担が大きいというデメリットがあります。

しかし、資産運用は貯めたお金を運用して増やす方法であるため、体力的・精神的な負担があまり大きくないことがメリットです。

そのため、日中働いているサラリーマンの場合には、資産運用の方が適したお金の増やし方と言えます。

資産運用には数多くの種類がありますが、その中でもFXがサラリーマンにおすすめです。

サラリーマンにFXをおすすめする主な理由は以下の2つです。

  • 土日を除いて24時間取引できる
  • 少額からでも始められる

それぞれの理由について見ていきましょう。

土日を除いて24時間取引できる

株式投資の取引時間は、土日祝を除く平日の9時~15時までであるため、日中働いているサラリーマンがリアルタイムで取引するのは困難です。

一方、FXは土日を除いて24時間取引できるため、日中働いていて取引時間が限られているサラリーマンでも取引しやすいと言えます。

仕事から帰った後でも寝るまでの時間に取引できるだけでなく、祝日で仕事が休みの場合には朝から1日中取引できるため、効率の良いお金の増やし方と言えるでしょう。

少額からでも始められる

例えば、株式投資では最低取引単位(単元)が決まっており、1単元100株で1株1万円の場合には100万円の資金が必要です。

FXでは最低取引単位がFX業者ごとに異なっており、最低取引単位が1通貨の業者を選んで取引することで数百円あれば取引できます。

また、最低取引単位が1万通貨のFX業者でもレバレッジを効かせることで、最大25分の1に資金を抑えることが可能です。

例えば、1通貨100円の通貨を1万通貨取引する場合は通常100万円の資金が必要ですが、レバレッジ25倍であれば4万円あれば取引できます。

FXは少額からでも始められるため、運用に回せるお金が少ないサラリーマンにおすすめの方法と言えるでしょう。

サラリーマンがFXする際のポイント

サラリーマンがFXする際のポイント

FXは取引時間や運用資金が限られているサラリーマンにおすすめの資産運用であることは分かりました。

しかし、資産運用である以上は何かしらのリスクを伴うので注意が必要です。

サラリーマンがFXをする際のポイントとして以下の4つがあります。

  • 取引スタイルを決める
  • 本業に支障が出ないように注意する
  • 自動売買の利用を検討する
  • 損小利大を意識する

それぞれのポイントについて見ていきましょう。

取引スタイルを決める

FXには、スキャルピング・デイトレード・スイングトレード・長期トレードといった主に4つの取引スタイルがあります。

スキャルピングとデイトレードは、ポジションを翌日に持ち越さず1日で取引を完結する取引方法で、スイングトレードと長期トレードは、ポジションを翌日に持ち越す取引方法という大きな違いがあります。

スワップポイントという金利差を安定して毎日受け取りたい場合は、スイングトレードや長期トレードを選択します。

しかし、ポジションを長く保有することは、為替変動リスクが高くなるので注意が必要です。

サラリーマンは取引時間が限られており、トレードできるわけではありません。

そのため、サラリーマンがFXをする際は、ポジションを持ち越さないことによってリスクを抑えつつ、安定した利益が期待できるスキャルピングやデイトレードを選んだ方が良いでしょう。

本業に支障が出ないように注意する

勤務先の会社次第では、副業を禁止している場合があります。

副業を禁止している会社でも、FXや株式投資といった資産運用は大目に見てくれるのが一般的です

しかし、本業に支障が出ると判断された場合には副業が禁止になるまたは辞めさせられる可能性があります。

例えば、仕事が終わってから取引に熱中しすぎて仕事でのミスが増えるまたは朝寝坊するなどです。

お金を増やす目的で始めたはずのFXが逆に生活を圧迫することになる可能性もあるので、ギャンブルに依存しやすい人などは十分に注意して取引しましょう。

自動売買の利用を検討する

日中働いているサラリーマンは、いくらFXが土日を除いて24時間取引できると言っても取引時間が限られているため、そのメリットを十分に活かしきれない可能性があります。

また、FXの知識や経験が少ないサラリーマンの場合は継続的に安定して利益を得ることが困難です。

これらの問題を解決する方法として登場するのが、FXの自動売買です。

FXの自動売買では、あらかじめ登録されたルールに基づいて自動的に売買してくれます

そのため、チャートを見ていない間も自動的に売買されているので、忙しいもしくは知識や経験の少ないサラリーマンでも安心して取引できるでしょう。

損小利大を意識する

損小利大とは「損失を小さく・利益を大きく」のことで、しっかり利確と損切りすることを意味します。

「まだ上がるかもしれない」と含み益のまま保有し続けたり、「そのうち反転するかも」と含み損のまま保有し続けたりする人がいます。

しかし、それらの予想が外れた場合には、利益を失うまたは損失が拡大するので注意が必要です。

日中働いているサラリーマンは常に取引できる環境にあるわけではないため、利益が生じた場合には利確、損失が生じた場合には早めの損切りなど、リスク管理を徹底しながら取引しましょう。

まとめ

まとめ

FXは土日を除いて24時間取引できるため、日中働いているサラリーマンでも取引しやすい環境が整っています。

また、レバレッジを効かせることで自己資金以上に取引できるため、運用資金が少ないサラリーマンでも効率良く運用できます。

そのため、FXはサラリーマンにおすすめの運用方法と言えますが、資産運用である以上は何かしらのリスクを伴うので十分に注意が必要です。

取引スタイルを決める・本業に支障が出ないように注意するなど、FXする際はリスク管理を徹底しながら臨みましょう。

-FX初心者
-, , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.