FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXで1000万円の利益を得ることは難しい?様々な方法を分析

投稿日:2019年12月11日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

資産運用には様々な手段がありますが、本業と別に副業として取り組んでいるのが一般的です。

しかし、FXについて色々調べていると、億トレーダーになったので脱サラして専業トレーダーになったという記事をよく目にします。

脱サラに憧れている人の中には、専業トレーダーになることを目指している人もいるかもしれませんが、FXで1年に1000万円程度の利益を得ることは容易なのでしょうか?

そこで今回は、FXで1000万円の利益を得ることは難しいのか、様々な方法を分析します

FXで1000万円の利益を得ることは難しい?

FXで1000万円の利益を得ることは難しい?

資産運用には株式投資や投資信託、FXや不動産投資などの様々な手段があります。

しかし、資産運用は本業とは別に副業として行うのが一般的で、専業として行えるものは限られています。

不動産投資は、安定した家賃収入が期待できるため、脱サラして専業として行っている人の割合が比較的多い資産運用の手段です。

FXは大きな利益が期待できるため、同様に専業で行っている人が多くいます。

脱サラを目指している人の中には、FXを専業で行った場合に安定した収入が得られるのか気になっている人も多いと思います。

脱サラを目指すには最低でも毎年1000万円の利益を安定して得る必要がありますが、FXでそのような利益を得ることができるのでしょうか

FXで1000万円の利益を得るための方法について分析してみましょう。

FXで1000万円の利益を得るための方法

FXで利益を得る方法は、取引によって差益を得る方法と保有し続けてスワップポイントを得る方法の大きく2種類に分類されます。

どちらの方法を選んでも年間1000万円の利益を安定して得ることができるのでしょうか?

それぞれの方法で年間1000万円の利益を達成する方法を分析します。

差益で1000万円の利益を達成する方法

株式投資の場合は1日に数%の価格変動が生じる可能性がありますが、FXの場合は1日に1%以上の為替変動が生じるのは極めて稀です。

仮に1ヶ月を30日として、土日や取引ができない日などを考慮して1ヶ月に12日取引をした場合には、年間の取引日数は「12日×12ヶ月=144日」となります。

年間1000万円の利益目標を達成するために必要な1日の利益目標は「1000万円÷144日=約6万5000円」です。

仮に1通貨100円の通貨を1日に複数回取引して、50pipsの利益を得たとします。

1万通貨を保有した場合に50pipsの変動で得られる利益は5000円なので、6万5000円の利益を得るには13倍のポジションを保有する必要があります。つまり、13万通貨です。

必要な資金は「100円×13万通貨=1300万円」です。

必要な証拠金は、レバレッジ25倍を適用すれば25分の1である52万円の証拠金があれば、年間1000万円の利益を達成できる可能性があるでしょう。

スワップポイントで1000万円の利益を達成する方法

スワップポイントはポジションを保有し続けているだけでいいため、基本的に取引時間を毎日確保できなくても問題ありません。

例えば、1通貨100円、1万通貨あたりのスワップポイントが100円の通貨があったとします。

この通貨を1年保有し続ければ、「100円×365日=3万6500円」の利益を得ることが可能です。

仮に、スワップポイントだけで年間1000万円の利益を達成するには、300倍の通貨を保有すれば達成できます

300倍の通貨ということは300万通貨を保有することになります。

300万通貨を保有するということは、「100円×300万通貨=3億円」の資金が必要です。

国内のFX業者の最大レバレッジ25倍を適用しても、3億円の25分の1である1200万円の証拠金が必要に。

スワップポイントだけで年間1000万円の利益を達成したい場合は、ある程度の自己資金があることが必須条件と言えるでしょう。

注意すべき3つのリスク

注意すべき3つのリスク

計算上は年間1000万円の利益を得ることは可能です。

しかし、必ずしも計算通りに利益が得られるとは限りません

その理由は、FXにはいくつかのリスクを伴うためです。

FXで年間1000万円の利益を達成する際は、以下の3つのリスクが注意すべきリスクとして挙げられます。

  • 為替変動リスク
  • 金利変動リスク
  • カントリーリスク

それぞれのリスクについて詳しく見ていきましょう。

為替変動リスク

為替変動リスクとは、為替変動が生じるリスクのことです。

為替変動が生じることで差益を得られるため、一概にリスクとは言い切れません。

しかし、スワップポイントを目的とした取引をしている場合には、毎日スワップポイントを得られていても、為替差損が生じていればトータルがマイナスになる可能性も。

また、フラッシュクラッシュやリーマンショックのように急な為替変動が生じる可能性もあるため、取引する際は十分注意が必要です。

金利変動リスク

金利変動リスクとは、金利が変動することによって予定していたスワップポイントが手に入らなくなるリスクです。

金利は国の政策によって決定するものなので、政策が変更になると金利も変更になります。

金利が変更になって通貨ペア間の金利差が大きくなった時は得られるスワップポイントが多くなりますが、小さくなると少なくなります。

そうなると、予定していたスワップポイントが受け取れないだけでなく、スワップポイント目的で保有していたトレーダーのポジション解消による為替変動で損失が生じる可能性もあるので注意が必要です。

カントリーリスク

カントリーリスクとは、政権が不安定である、テロが生じる可能性があるなどの国が抱えるリスクのことです。

例えば、政権が不安定である国やテロが生じる可能性がある国の発行している通貨は、為替変動が安定しにくいという特徴があります。

このような通貨は、スワップポイントが高く設定されている場合が多いですが、他の通貨と比べると為替差損が生じる可能性が高いので注意が必要です。

海外FX業者を活用するのも選択肢の1つ

海外FX業者を活用するのも選択肢の1つ

国内FX業者は、最大レバレッジが25倍に設定されていますが、海外FX業者であれば国内FX業者のルールが適用されません。

100倍以上のレバレッジを選択することもできるため、効率良く利益を得ることが可能です。

しかし、海外FX業者は国内FX業者よりも高いレバレッジでの取引が可能ですが、損失が大きくなりやすいので注意が必要です。

また、スワップポイントは低く設定されているのが一般的

スワップポイント目的の場合には、国内FX業者を選んだ方が良いケースが多いと言えるでしょう。

自動売買を活用するのも選択肢の1つ

自身で取引する場合は、ある程度の取引時間を確保する必要がありますが、日中働いているサラリーマンの場合は取引時間が限られるため、機会損失が大きいと言えます。

そこでおすすめするのが自動売買を活用するという方法です。

自動売買とは、決めておいた取引ルールに基づいて機械が自動的に売買してくれる取引方法のことです。

この方法であれば、取引時間が確保できない場合でも、ある程度の利益が期待できますが、必ず利益を得られるとは限りません。

自身で取引する裁量取引に自動売買を組み合わせて取引することで、より効率良く利益を重ねることができるでしょう。

まとめ

まとめ

サラリーマンの中には、資産運用で脱サラすることを目標にしている人も多いと思います。

FXでは、うまく運用すれば安定した大きな利益が得られるため、成功して脱サラする人が多くいます。

FXで脱サラするには、最低でも年間1000万円の利益を確保しなければなりません

FXで年間1000万円の利益を確保できないわけではありませんが、ある程度証拠金が必要です。

年間1000万円の利益を得るには、どのような運用方法を選択すればいいのか、どのような注意点があるのかよく把握してから取引を始めるようにしましょう。

-テクニック
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.