FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXのペナントとはどのような手法?ペナントについて解説

投稿日:2019年12月16日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXにはテクニカル分析という過去のチャートパターンから次に生じる為替変動を予想する手法があります。

テクニカル分析には多くの手法があるため、その中から自分に合う手法を選ぶ必要があります。

そのテクニカル分析の分析手法の1つにペナントという手法がありますが、ペナントとはどのような手法なのでしょうか?

そこで今回は、FXのペナントとはどのような手法なのか、ペナントについて分かりやすく解説します

FXのペナントとはどのような手法?

FXのペナントとはどのような手法?

FXで安定した利益を得るためには、次にどのような為替変動が生じるのか予想する必要があります。

為替変動は、通貨を発行している国の経済情勢や世界情勢、企業による外貨決済(実需)、トレーダーの取引の影響を受けて生じています。

企業による外貨決済の量は予想が困難ですが、国の経済情勢や世界情勢、トレーダーの取引状況などは調べることが可能です。

FXでは、国の経済情勢や世界情勢を調べることをファンダメンタルズ分析、トレーダーの取引状況を調べることをテクニカル分析と呼びます。

テクニカル分析には数多くの手法がありますが、そのうちの1つがペナントです

ペナントとはどのような分析手法なのでしょうか?ペナントの特徴について解説します。

ペナントの特徴

ペナントとは、一定期間の為替変動を表しているローソク足の高値と安値を結んで、直線を引いてできあがった三角形の枠からはみ出た方向に向かってエントリーする分析手法です。

直線を引いた時に三角形ができることから三角持ち合いとも呼ばれています。

ペナントは高値が徐々に切り下がっている一方、安値が徐々に切り上がっているのが特徴です。

ペナントが生じた場合は、トレーダーたちはどちらに変動が生じるのか様子を見ています。

その後、高値と安値を結んだ直線からチャートがはみ出た場合に、為替変動が向かう方向が決まったと判断されて、一気にその方向にエントリーが増えます。

例えば、上昇トレンドでペナントが発生して上にブレイクした場合は上昇トレンドの継続、下にブレイクした場合は下降トレンドへの転換と判断することが可能です。

ペナントをうまく使いこなせば、エントリーのタイミングだけでなくエントリーの方向も分かるため、安定した利益が期待できるでしょう。

ペナントの2つのメリット

ペナントの2つのメリット

ペナントがどのような手法か分かったところで、FXのトレードにペナントを用いることにどのようなメリットがあるか気になって人も多いと思います。

FXのトレードにペナントを用いるメリットは以下の2つです。

  • ダマシが比較的少ない
  • 初心者でも使いやすい

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

ダマシが比較的少ない

テクニカル分析の分析手法の中には、予想精度が低いものもあり、ダマシに振り回される可能性が高い手法もあります。

例えば、サポートラインやレジスタンスラインに触れて反発または反落するタイミングを狙ったエントリーでは、サポートラインで反発、レジスタンスラインで反落すれば予想通りです。

サポートラインやレジスタンスラインを突き抜けた場合は、その方向にトレンドが生じるため、大きな損失を抱える可能性があります。

しかし、ペナントは三角持ち合いをブレイクする=為替相場の方向性が明確になるという状況です。

ブレイクした方にエントリーするトレーダーが増えるため、ダマシが生じにくいというメリットがあります。

もちろんペナントのパターンに当てはまったからと言って、手法通りの変動が発生しない可能性もあります。

しかし、変に裏を考えなくても良いので取り入れやすい手法と言えるでしょう。

初心者でも使いやすい

FXの知識や経験の少ない初心者がテクニカル分析を駆使するのは、専門用語も多いのでなかなか容易ではありません。

しかし、ペナントは以下の3つの点を押さえておけばいいだけです。

  • 安値は切り上がっていて高値は切り下がっている
  • 両方の直線が交わると三角形ができる
  • その三角形からチャートがはみ出た方向にエントリーする

難しい専門用語を用いておらず、チャートを見ればエントリーの方向もすぐに分かるため、FXの知識や経験が少ない初心者でも使いやすいと言えるでしょう。

ペナントの2つのデメリット

ペナントの2つのデメリット

FXのトレードにペナントを用いることにはダマシが比較的少ない・初心者でも使いやすいというメリットがありましたが、何かデメリットはあるのでしょうか?

FXのトレードにペナントを用いるデメリットは以下の2つです。

  • 取引回数が限られる
  • 決済のタイミングまでは分からない

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

取引回数が限られる

ペナントを用いたトレードは、条件が揃っていない限りエントリーできません。

ペナントが成立するまでは、ただ単にチャートを見ていることしかできないので、得られる利益にある程度の限界があります

そのため、積極的にエントリーして多くの利益を得たい人にはあまり適していないと言えます。

積極的にエントリーしたい場合には、他の分析手法も組み合わせることが必須と言えるでしょう。

決済のタイミングまでは分からない

サポートラインやレジスタンスラインを使うレンジ相場のエントリーでは、エントリーと決済タイミングを掴みやすいと言えます。

しかし、ペナントはエントリーのタイミングとエントリーの方向は分かったとしても、どのタイミングで決済すればいいかまでは分かりません

ペナントを用いてエントリーしたのはいいものの、決済のタイミングを間違ってしまうと利益が損失に変わる、利益を取りこぼしてしまう可能性も

決済のタイミングを決める際には、他の分析手法を用いる必要があるため、ペナント以外の分析手法を身につける必要があるでしょう。

他の分析手法と組み合わせることが重要

他の分析手法と組み合わせることが重要

ペナントを使ったトレードには、取引回数が限られる・決済のタイミングまでは分からないというデメリットがありました。

つまり、ペナントだけを使ったトレードでは得られる利益にある程度の限界がある、利益が安定しないため、違うテクニカル分析を利用する必要があるということです。

テクニカル分析の手法は数多くありますが、それだけ多く存在している理由は、どの手法も完璧ではないためです。

ペナントは比較的ダマシが少ない手法ですが、もし1回ダマシに合った時には、その損失が致命的な損失になる可能性も否定できません。

分析手法のデメリットを補い、トレードの予想精度を高めて安定した利益を得るためにも、他の分析手法と組み合わせることはFXでは必要不可欠と言えるでしょう。

まとめ

まとめ

FXで安定した利益を得るためには、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析と呼ばれる分析手法を駆使することが重要です。

テクニカル分析の1つにペナントと呼ばれる分析手法がありますが、ペナントは専門的な知識を必要としません。

そのため、FXの知識や経験のほとんどない初心者でも気軽に取り入れやすい手法と言えます。

しかし、ペナントは完璧な手法ではありません。

ペナントを使ったトレードの成功率を高く維持するには、他の分析手法も組み合わせてトレードする必要があるため、他の分析手法の知識もしっかり身につけましょう

-テクニック
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.