FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXはいつエントリーする?正しいエントリータイミングを解説

投稿日:2019年12月13日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXでは、正しいタイミングでエントリーすることで継続的に安定した利益を得られるため、タイミングをしっかり見極めることが求められます。

しかし、正しいタイミングと言っても、どのエントリータイミングが正しいのか分からず、うまくエントリーできずに悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、FXの正しいエントリータイミングについて解説します

FXはエントリータイミングが重要

FXはエントリータイミングが重要

FXでは、国が発行している通貨が現在の価格よりも将来上がるのか下がるのかを予想して取引することによって差益を得ます。

この予想精度が低い場合は、間違ったタイミングでエントリーして間違ったタイミングで決済することになるため、損失が積み重なることに。

そのため、FXの取引で安定した利益を継続的に得るには、正しいエントリータイミングと決済タイミングを把握することがまずは必須と言えるでしょう。

正しいエントリータイミング4選

正しいエントリータイミング4選

正しいエントリータイミングを知るにはどうすればいいのでしょうか?

正しいエントリータイミングを知るには、テクニカル分析の知識を身につけることが必須です。

テクニカル分析は、トレンド系とオシレーター系の2つに分類されます。

トレンド系とは、相場が上昇傾向か下降傾向か判断するための指標です。

一方、オシレーター系とは、相場の過熱感を判断するための指標です。

今回は正しいエントリータイミングを知るためによく使用されるテクニカル分析の中から、以下の4つの代表的なトレンド系の指標をご紹介します。

  • ゴールデンクロス
  • デッドクロス
  • サポートライン
  • レジスタンスライン

それぞれの指標について詳しく解説します。

ゴールデンクロスの発生したタイミング

テクニカル分析のトレンド系の1つに「移動平均線」というグラフがあります。

移動平均線とは、一定期間の為替変動の平均値を計算して見やすくしたグラフのことです。

移動平均線を見ることによって、為替が上昇しているのか下落しているのか視覚的に判断しやすくなります

移動平均線は平均値を算出した期間の長さに応じて短期・中期・長期の全部で3種類。

例えば、短期移動平均線が中期移動平均線を下から上にクロスしている場合はゴールデンクロスと呼ばれており、買いトレンドの発生、つまり絶好の買いエントリーのタイミングと言えます。

そのため、ゴールデンクロスが見られている状況では、為替が上昇する可能性が高いため、買いでエントリーすれば安定した利益が期待できるでしょう。

デッドクロスの発生したタイミング

デッドクロスとは、前述したゴールデンクロスの逆のチャートです。

短期移動平均線が中期移動平均線を上から下にクロスしています。

このような状況は売りトレンドの発生、つまり絶好の売りエントリーのタイミングと言えます。

そのため、デッドクロスが見られている状況では為替が下落する可能性が高いため、売りでエントリーすれば安定した利益が期待できるでしょう。

サポートラインで反発したタイミング

テクニカル分析のトレンド系には、移動平均線以外に「ローソク足」というものがあります。

ローソク足とは、一定期間の始値・終値、高値・安値、上昇・下落を表示したものです。

例えば、このローソク足を見た時に、過去に何度か下落しても反発した価格帯がある場合、その価格帯はサポートラインと呼ばれており、下落の底だと考えて買い圧力が働きやすく上昇に転じやすいポイントと言えます。

為替相場が下落していてサポートラインに達して反発した時は、絶好の買いタイミングの到来です。

タイミングを合わせて買いエントリーすることで、安定した利益が期待できるでしょう。

レジスタンスラインに跳ね返されたタイミング

レジスタンスラインとは、前述したサポートラインの逆です。

過去に何度か上昇したものの反落した価格帯がある場合、その価格帯はレジスタンスラインと呼ばれており、売り圧力が働きやすく下落に転じやすいポイントと言えます。

為替相場が上昇してレジスタンスラインに達して反落した時は、絶好の売りタイミングの到来です。

タイミングを合わせて売りエントリーすることで、安定した利益が期待できるでしょう。

ダマシに注意

ダマシに注意

ゴールデンクロスやデッドクロスが生じたからと言って、必ずしもその通りの為替変動が生じるというわけではありません。

これはレジスタンスライン、サポートラインのケースも同様です。

相場状況によっては、ゴールデンクロスやデッドクロスが生じていても逆に変動が生じるケースもあるため、上昇・下落が明確になってからエントリーするのも1つの選択肢です。

サポートラインで反発してもその反発の勢いが弱い場合には、下落の勢いに負けてさらに為替が下がる可能性があります

また、レジスタンスラインで反落してもその反落の勢いが弱い場合、上昇の勢いに負けてさらに為替が上がる可能性も。

このようにトレンド系の指標は、FXのエントリータイミングを知る上で重要なポイントになりますが、ダマシが生じる可能性も高いため、エントリーの際は過信しないように注意が必要です。

損切りラインを決めておくことが重要

ゴールデンクロスやデッドクロス、サポートラインやレジスタンスラインを使った取引は、それまで生じていたトレンドが切り替わるタイミングを先読みできます。

つまり、下落トレンドから上昇トレンドに切り替わるタイミングでの買いエントリー、上昇トレンドから下落トレンドに切り替わるタイミングでの売りエントリーを行うことを意味します。

しかし、トレンドが切り替わらずに、トレンドが継続した場合は大きな損失が生じてしまう可能性も。

損切りラインをあらかじめ決めておいてからエントリーした場合には、万が一トレンドが継続しても損失を最小限に抑えることが期待できます。

少しでもリスクを抑えるためにも、損切りラインをあらかじめ決めておきましょう。

為替変動の不安定な時を避ける

テクニカル分析を使ってエントリータイミングを探す方法について4つご紹介しましたが、他にもファンダメンタルズ分析を使ってエントリータイミングを探す方法があります。

ファンダメンタルズ分析とは、為替変動に影響を与える要因である経済情勢や国際情勢を意識しながら取引することです。

国の景気が良いかどうか判断する重要な指標である経済指標が発表される際や、要人発言が控えている状況では為替変動が不安定になるので注意が必要です。

また、地政学的リスクが高まっている状況も同様と言えます。

このようなタイミングでは、テクニカル分析を駆使しても、分析結果通りの為替変動になる可能性が低く、為替相場が乱高下しやすいため、できる限り避けてエントリーした方が良いでしょう。

まとめ

まとめ

FXで安定した利益を得るには、適切なエントリータイミングでエントリーすることが重要です。

しかし、正しいエントリータイミングを見つけることはなかなか容易ではありません。

正しいエントリータイミングを見つけるには、テクニカル分析を駆使する必要があります。

テクニカル分析と一口に言っても、100種類以上あるため、その中から自分に合ったものを選ばなければなりません。

また、自分に合ったものを選んでもダマシで損失を抱えてしまう可能性も。

そのため、FXでエントリーする際には、テクニカル分析の知識を身につけるほか、損切りラインを決める、為替変動の不安定な時を避けるなどのリスク管理を徹底しましょう

-テクニック
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.