FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXで負けないテクニックはある?勝率を高めるテクニックとは

投稿日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXをこれから始めようとしている人や既にFXを始めている人の中には、リスクを抑えつつ安定した利益を得たいと考えている人が多いと思います。

しかし、為替変動の背景には様々な要因が絡んでいるため、そう簡単には利益を得ることができません。

安定した利益を得るためのテクニックはないのでしょうか?

そこで今回は、FXで負けないために、勝率を高めるテクニックについて解説します

FXで負けないテクニックはある?

FXで負けないテクニックはある?

FXでは、国が発行している通貨が現在の価格と比較して上がるか下がるかを予想しながら取引することで差益を得ます。

上がるか下がるかの2択なので、当たる確率は2分の1と言えます。

「2分の1だと50%の確率なので簡単なのでは?」と感じた人がいるかもしれませんが、そんなに簡単なものではありません。

為替変動が生じる背景には、トレーダーによる取引、企業の外貨による決済(実需)、機関投資家による仕掛け、発行している国の経済情勢などが挙げられます。

このように影響を与える要因が多く、予想すると言っても一筋縄ではいかないというのが現状です。

そこで重要になってくるのがテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の2つです。

まずはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析について解説します。

テクニカル分析

テクニカル分析とは、為替変動を表しているチャートから次にどのような変動が生じるか判断するテクニックです。

テクニカル分析からは、現在の為替変動が上昇トレンドなのか下降トレンドなのかという情報だけでなく、買われ過ぎなのか売られ過ぎなのかというトレーダーの心理情報を得ることもできます。

しかし、テクニカル分析と一口に言っても、移動平均線、ローソク足、RSI、MACDといった数多くの分析手法があるため、全てを覚えることは不可能です。

そのため、テクニカル分析を使ったトレードを行う場合には、どのテクニカル分析が自分に合っているのかよく考えてから選ぶようにしましょう。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは、国の経済情勢や世界情勢、要人発言などから次に生じる為替変動を判断するテクニックです。

例えば、通貨を発行している国の景気が良い場合にはその国の通貨が買われます。

しかし、景気が悪くなっている場合にはその国の通貨が売られるため、国の経済情勢は為替変動に大きな影響を与えていると言えます。

また、要人発言も同様です。

今後どのような金利政策をとるのかによって為替変動に影響が生じます。

テロや戦争などの地政学的リスクが高まった時は、先進国といった比較的安全な国の通貨が買われるという特徴も。

テクニカル分析だけでは為替変動を予想しきれないため、ファンダメンタルズ分析と組み合わせながら為替変動を予想することが、安定した利益への近道と言えるでしょう。

FXで勝率を高めるためのテクニックとは

FXで勝率を高めるためのテクニックとは

FXで安定した利益を得るには、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析を組み合わせることが重要と言いましたが、FXで勝率を高めるテクニックは他にないのでしょうか?

FXで勝率を高めるためのテクニックとして以下の5つが挙げられます。

  • 両建てをする
  • 損切りを徹底する
  • 利確を徹底する
  • ポジションを持ち越さない
  • 条件が重なった時だけエントリーする

それぞれのテクニックについて見ていきましょう。

両建てをする

両建てとは、買いポジションや売りポジションのどちらか一方だけを保有するのではなく、両方のポジションを保有する方法です。

例えば、ファンダメンタルズ分析の1つに経済指標の発表がありますが、重要な経済指標が発表される際は、大きな為替変動が生じる可能性が高いと言えます。

事前に予想が発表されているため、あまり大きな為替変動が生じないケースもありますが、結果と予想の乖離があった場合には乱高下が生じることも。

乱高下が生じた場合は、保有しているポジションがロスカットで強制決済される可能性がありますが、両建てしていればロスカットの可能性を抑えることができます

また、保有しているポジションとは反対方向に為替変動が生じた場合でも、新たに追加したポジションを残して古いポジションを決済すれば、一時的に損失が生じてもその後利益が得られるでしょう。

損切りを徹底する

FXで最も陥りやすい失敗は損切りできないことです。

「今は損失が生じているけれどいずれ反対方向に変動が生じれば損失が小さくなる」という根拠のない持ち越しで、最終的にロスカットになる人が多くいます。

投資の世界には「損小利大」という格言があります。

損失を小さく抑えることが重要という意味ですが、上記のような根拠のない持ち越しは損失を大きくするだけなので全く意味がありません。

損失が生じているという時点で自分が予想していた為替変動とは異なっている状況なので、引き際をしっかりと見極める必要があります

適切な損切りを行うことも、FXで安定した利益を得るテクニックの1つと言えるでしょう。

利確を徹底する

損切りを徹底するのと同様に、利確を徹底することも重要です。

「勢いが強いのでこのまま利益が増え続ける」という根拠のない持ち越しで、利益が徐々に減少し、最終的には利益を全部失ってしまう人が多くいます。

含み益は実際の利益ではなく、デモトレードで生じている利益のようなものです。

確定して初めて本当の利益になるため、含み益が増えることに満足するのではなく、利確を徹底することが重要です。

自分が決めた利益目標を達成した時やテクニカル分析によってトレンドの転換を示唆するシグナルが点灯した場合には、持ち越しではなく決済することをおすすめします

当たり前ではあるものの、心理的に実践することはなかなか容易ではないため、しっかりと損切りと利確を行うように心掛けましょう。

ポジションを持ち越さない

比較的長くポジションを保有するスイングトレードの場合は、日をまたいで持ち越します。

しかし、日をまたいで持ち越すのは急な為替変動が生じた場合のリスクを高めるため、十分注意が必要です。

例えば、2019年の年初に生じたフラッシュクラッシュは、日本の取引市場が休みで取引の参加者が少ないオーストラリア時間に生じました。

この時でも、損切りラインを設定せずに持ち越していた場合は、目覚めた時に大きな損失を抱えていることになります。

しかし、スキャルピングやデイトレードなどの自分が見ている間しか取引をしないという手法の場合は、このようなリスクを抑えることが可能です。

リスクを抑えることも安定した利益を得るための重要なテクニックの1つと言えるでしょう。

条件が重なった時だけエントリーする

テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を組み合わせながら為替変動を分析してみると、一方はエントリーの条件を満たしているものの、もう一方は条件を満たしていない場合があります。

そのような状況はエントリーの根拠としては弱いため、エントリーしないという選択肢もリスクを回避して勝率を高めるためのテクニックの1つと言えます。

条件が重なって根拠が強くなった時のみに絞ってエントリーすれば、勝率を高く維持することが期待できるでしょう。

まとめ

まとめ

FXは、「為替が上がるか下がるかを予想するだけなので簡単なのでは?」と考えている人も多いと思います。

しかし、複雑な要因が絡んで為替変動が生じているため、当てるのは容易ではありません。

予想を当てて安定した利益を得るには、テクニックを駆使する必要があります。

FXの予想精度を高めるためのテクニックにはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の2つが挙げられます。

しかし、この2つだけでは完璧とは言えません。

損切りを徹底する・利確を徹底するなどの他のテクニックも組み合わせながら取引すれば、より安定した利益が得られるようになるでしょう。

-テクニック
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.