FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX生計

FXは借金リスクを最小限にできる!リスクを抑えて稼ぐ方法とは

投稿日:2019年1月11日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

「FX」と聞くと「借金」「リスクが高い」というイメージを持つ人は少なくありません。

特に日本人は投資への知識・関心が低いことが多いので、そういったイメージが一般的です。

実際にFXについて調べてみると、色々な話題が検索に引っかかるはずです。

  • FX素人なのに大儲けした!
  • FXに手を出して借金をした・・・
  • 定年退職後にFXで安定した生活を送っている
  • 大儲けとまではいかずともFXで稼いでいる
  • FXで稼いでいた時期もあるが、最終的には借金をした

ネット上で調べただけでも、このような様々な経験談が飛び込んでくるはずです。

しかし、FXの知識がない人はこんな疑問を抱いているのではないでしょうか?

「FXで借金をするってどういうことなの?」
「残高がマイナスになる可能性があるってこと?」
「そもそもどういうリスクがあるの?」

確かにFXや投資の知識がなければ、そういった不安を持つのは自然なことです。

しかし、その不安に反して、私が言えるのは以下の結論です。

「FXで借金を作る可能性はほとんどありません。」

これが私の結論です。

しかし、正しい知識を持ち合わせていないと、借金のリスクを負う可能性もあります。

FXはあくまで投資です。

正しい知識がなければ、リスクが生じるのも自然なことなのです。

今回の記事では、借金リスクを最小限に抑えてFXで稼ぐための方法をお話します。

大切なことは以下の3ポイントに限られます。

  • FXの借金リスクを最小限に抑えられる理由
  • FXで借金をしてしまう人のパターン
  • FXで借金をしないための具体的な方法

これらを理解していれば、借金のリスクを最小限にすることができます。

安定したFXトレードで安全に資産運用をするためにも、最後までお読みください。

FXが借金リスクを最小限に抑えられる理由

FXが借金リスクを最小限に抑えられる理由

FXで借金リスクを最小限に抑えられる理由。

それは「強制ロスカット」という制度があるからです。

基本的にFXでは証拠金として、あらかじめ預けた金額以上に損をすることはほとんどありません。

この制度があるので、普通にトレードをするだけなら、大きな負けが生じても借金には繋がりにくいのです。

次の項目では強制ロスカットの詳細をお話します。

借金リスクを抑える「強制ロスカット」とは?

借金リスクを抑える「強制ロスカット」とは?

「強制ロスカット」がFXにおける借金のリスク回避になる理由をご説明します。

まず「強制ロスカット」とは、取引で生じた損失が口座に預けている資金=証拠金の額を超えないようにしてくれる制度です。

事前に設定した証拠金以上に含み損が膨らんだ場合、システムが自動的に損きり決済をしてくれるのです。

トレーダーの保護とFX会社の損失を防ぐことを目的とした制度として制定されています。

そのため、強制ロスカットが成立すれば、元本以上の損失をすることはないのです。

しかし、例外的に、大幅なレートの変動があった場合、強制ロスカットが正常に約定しないことがあります。

その場合、取引地が損切りラインから大きくずれてしまうことがあります。

その場合は、不足分をFX会社から請求されることになります

ポイント

しかし、このようなケースは滅多に起こることではありません。

例えば、経済的な大事件、大災害、テロなどが発生した場合、それらに起因して生じる可能性がある程度です。

一般的にはそのようなリスクが生じることは希なことです。

そもそも強制ロスカットにかからないためには?

そもそも強制ロスカットにかからないためには

FXで借金リスクを抑えるためには、そもそも強制ロスカットにかからないようにすることが有効です。

そのための有効な手段が「レバレッジを低く設定する」というテクニックです。

「レバレッジ」とは、FX会社に預けた資金を担保に、最大25倍の金額で取引が可能になる制度です。

日本のFX会社の場合は金融庁からの規制もありますが、個人口座でも最大25倍の資金で取引が可能です。

このため、レバレッジを大きくかければ、ハイリスクハイリターンの取引が可能です。

この制度はFX取引における大きな魅力のひとつとなっています。

しかし、その反面、レバレッジを大きくかけると、強制ロスカットになりやすいわけです。

ポイント

運が悪ければ元本以上の損失が生じるリスクがあるのがレバレッジの怖さです。

反対に言えば、レバレッジを低く設定していれば、強制ロスカットにはなりにくいです。

このようにすれば、強制ロスカットにかからないようにリスクヘッジができるのです。

FXで借金が生じるリスクのある4つの共通パターン

FXで借金が生じるリスクのある4つの共通パターン

FXで借金が生じる可能性が低いことは、これまでのお話で伝わったかと思います。

今からお話するのは、FXで借金が生じる可能性がある4つの共通パターンです。

FXで借金が生じてしまう傾向や、パターンを覚えておくことはとても大切なことです。

これらのパターンを正しく理解して、あなたのリスク回避に役立ててください。

まずは、FXで借金が生じる可能性のある、代表的な4つのパターンのご紹介です。

  1. 急なレートの変動に強制ロスカットが追いつかないケース
  2. ポジションを持ったまま翌日・土日を迎えるケース
  3. FX業者にシステムトラブルが生じたケース
  4. 自ら借り入れをして投資資金に回してしまうケース

早速ですが、これらの詳細をひとつひとつ解説していきます。

①急なレートの変動に強制ロスカットが追いつかないケース

FXで借金が生じる可能性がある一つめのパターンをご紹介します。

前述したように大幅なレート変動には、強制ロスカットが約定しない場合があります。

この場合、取引地が損切りラインから大きくずれてしまうケースがあるのです。

この場合は追加証拠金を請求されることになってしまいます。

その際、自前で補うことが出来ないと、借金をして支払いをするしかありません

ポイント

ただし、強制ロスカットが追いつかないほどの大幅な急変動は滅多にありません。

最近の例をひとつ挙げるとすると、スイスフランの高騰です。

そのような急な変動があると、FX会社から追加証拠金を請求されることがあります。

②ポジションを持ったまま翌日・土日を迎るケース

FXで借金が生じる可能性がある二つめのパターンです。

外貨取引は通常24時間体制で動いています。

つまり、それぞれの時間帯で取引に参加する国も人も変わるということです。

それは、あなたが寝ている間にも誰かが取引をしているということになります。

あなたが眠っていても、様々な国では事件が起こる可能性があります。

もしもポジションを持ったまま翌朝を迎えるなら、急変動が起こるリスクを想定しておきましょう

さらに、土日は全世界の為替取引が休みとなります。

土日を挟んでポジションを持ち続けることもリスクとなる可能性が高いです。

金曜日に市場が閉まってから月曜日に市場が開くまでに、為替に関わる時間が生じるリスクがあるからです。

この場合、ロスカットが成立し、予想以上のマイナスになるリスクがあるのです。

当然、この場合も追加証拠金を請求される可能性があります。

そのため、週末をまたいでポジションを持つことはリスクに繋がることを知っておきましょう。

③FX業者にシステムトラブルが生じたケース

FXで借金が生じる可能性がある三つめのパターンです。

  • FX業者のシステムトラブルでシステムがダウンした場合
  • システム停止中に大幅なレート変動があった場合

このようなケースで強制ロスカットが成立せず、取引再開後に大きく価格がずれて約定する場合があります。

この場合も、追加証拠金を請求される可能性が考えられます。

このような場合は不可抗力と言っていいでしょうし、こちらに出来ることはほぼありません。

そのため、FX業者が追加証拠金を請求してくるかは業者次第です。

まずは、このようなことが起こり得る可能性を知っておきましょう。

実際にシステムトラブルなどが生じた場合の対応は、事前に業者に確認しておくとよいでしょう。

④自ら借り入れをして投資資金に回してしまうケース

FXで借金が生じる可能性がある四つめのパターンです。

このケースが最もFXで借金をしてしまった人たちに多いケースです。

FXで借金をした人の大半は、借金を投資資金に回して運用をしている人です。

つまり、FXの取引によって借金を作ってしまったという人は少数派なのです。

むしろ、自らお金を借りて、借金を投資に回し、さらに大きい借金を作ってしまう人の方が多いのです。

当然ながら、最初から借金をしてFXをスタートするような人はいないでしょう。

借金をして投資資金に回し、さらに大きな借金を作る代表的なパターンはこうです。

  1. 自分の思惑と違う方向にレートが進んでも、損切りが出来ずに強制ロスカットとなる。
  2. その損失を取り返すために「次こそは」と、追加で入金をして、再度ロスカットになる。
  3. これを繰り返す。

この流れの中で生活費に手を出してしまう人や、借金をする人が多いのです。

これではある意味ではギャンブルと対して変わりません。

ここまでしてしまう人たちには、「次は勝てる」と過信している人が多い傾向があります。

そのため、借金をすること自体にも抵抗がない人が多いようです。

儲けるために始めたFXなのに、借金を増やしてしまっては意味がありません。

ポイント

FXは投資です。決してギャンブルではありません。

この根本の部分を忘れないことは、FXにおいてとても大切な要素のひとつです。

本来であれば、借金を作りにくい性質を持っているのがFXです。

正しい知識や冷静なマインドを身につけて、借金のリスクは最小限に抑えましょう。

FXで借金を作らないようにする4つのコツ

FXで借金を作らないようにする4つのコツ

FXで借金が生じるリスクのあるパターンについて知ってもらいました。

次はFXで借金を作らないようにするコツについても理解を深めましょう。

儲けるために始めたFXなのに、損を重ねて借金を作っては本末転倒です。

正しい知識や対策を身につけて、FXで借金を作らないトレーダーになりましょう。

ここからは具体的に4つのポイントに焦点を絞ってお話します。

  1. ストップロスの重要性
  2. レバレッジを1倍にして取引をする
  3. ゼロカットシステムを理解する
  4. “潔さ”の重要性

それでは早速、一つずつ解説していきます。

①ストップロスの重要性

FXで借金を作らないようにするために、ストップロスを入れる重要性を理解しましょう。

ストップロス=損切りとは、予想とは逆の方向にレートが動いた場合、損失が一定額に達した時点で決済する注文のことです。

これはFXのリスクを管理する上で絶対に欠かせない注文です。

プロのトレーダーは必ずストップロスを有効活用していると言っても過言ではありません。

むしろ、FXで安定した運用をするためには基本中の基本とも言えます。

初心者のうちはトレードの度に必ずストップロスを入れると覚えておいても構いません。

それくらい、ストップロスを入れておくことは重要なことなのです。

そうすることで、損失を自分でコントロールすることができるようになります。

すると、借金どころか強制ロスカットにかからず、損失を少額に収められるのです。

ポイント

自分の損益の範囲をコントロールする非常に大切な注文なので、ストップロスは上手に活用しましょう。

ストップロスを自在に管理できるようになれば資金管理も非常に安定するようになります。

②レバレッジを1倍にして取引をする

FXで借金を作らないようにするには、レバレッジを1倍にすることも有効です。

レバレッジとはそもそも“テコの原理”の意味です。

この言葉の通り、少ない資金で大きなトレードをするための制度がレバレッジ制度です。

先述しましたが、最大で25倍のレバレッジをかけてトレードできるのがFXの魅力です。

例)レバレッジを10倍にすると、資金が1万円しかなくても10万円で運用ができる。

レバレッジを1倍にするというのは、1万円をそのまま1万円として運用するという意味です。

このようにすれば証拠金以上の取引をしなくて済むようになります。

ローリターンではありますが、これ以上ないローリスクな運用ができるということになります。

証拠金以上のお金を運用することで、初めて強制ロスカットの可能性が生じます

さらに、ロスカットが追いつかない場合に借金となる可能性があるのは、ここまでに話してきた通りです。

そのため、レバレッジ1倍の運用で借金を作る可能性は極めて低いです。

あるとすれば、ドルの価値がゼロ同然にまで下がることなどでしょうか。

これも現実的に考えにくいため、極めて借金を作るリスクが低いと言えるのです。

また、FXにはスワップポイントというものがあります。

スワップポイントとは簡単に言えば、銀行の金利のようなものです。

通貨を買って保有している期間にはスワップポイントが反映されるというものです。

スワップポイントが高い通貨を保有し、その利益を目的するようなトレードのスタイルもあります。

レバレッジを1倍にする場合、長く保有するリスクが少なくなります。

そのため、スワップポイントを狙った投資も有効とされています。

③ゼロカットシステムを理解する

③ゼロカットシステムを理解する

FXで借金を作らないようにするために、ゼロカットシステムの理解を深めましょう。

あまりにも大幅な変動が起こると、取引値が損切りラインから大きくずれることがあります。

その際、不足分をFX会社に請求される可能性があることは先述して説明しました。

しかし、ゼロカットシステムが導入されたFX業者で取引をすれば、そのリスクも避けられます。

ゼロカットシステムとは、残高がマイナスになった際の追加証拠金、をFX業者が代わりに支払ってくれるシステムのことです。

そのため、仮に口座残高が赤字になってしまっても、不足分を入金する必要がなく、安心です。

しかし、ゼロカットシステムは国内のFX業者はどこも採用していません

そのため、海外のFX業者で口座を開設する必要があります。

国内のFX業者がゼロカットシステムを採用しないのは、業者側が損失を負担するリスクを嫌がるためです。

対して、海外の業者ではハイレバレッジでの取引がある種、“当たり前”の風潮があります。

そのため、海外ではほとんどの業者がゼロカットシステムを採用しています。

ポイント

FXをする上で借金をするリスクを最小限にしたい人は、海外口座で取引をするのも有効だと覚えておきましょう。

④“潔さ”の重要性

FXで借金を作らないために、潔さを持つことも非常に大切です。

FXでは当然ながら、勝つ人がいて、負ける人がいます。

これはFXに限ったことではありませんが、投資には必ず共通することです。

投資において、絶対に負けないということは理論上ありえません

だからこそ、“トータルで勝つ”というバランス感覚を持つことは非常に大切です。

要するに、負け越してしまう時期もあれば、勝ち越せる時期もあるのです。

それを総合して“勝てる”とか“稼げている”という目線で自己評価をしましょう。

しかし、こうは言っても人は負けることに慣れていません。

赤字が生じると、その分を取り返そうという心理が働くのが一般的です。

そして、稼げている時期は“もっと稼ごう!”という気持ちになるのも自然なことです。

しかし、この気持ちに振り回されてはいけません。

その気持ちに振り回されれば、FXは途端にギャンブル的な要素が高まります。

つまり、大切なことは自分で設けたルールに従い、淡々と運用をすることです。

欲をかいてしまうのは人間の性ではありますが、FXには持ち込む必要がありません。

欲をかいて投資資金を使い切ってしまったり、借金をしてしまうことは本末転倒です。

これは言語道断ですし、そのようなスタイルですと、FXで安定した利益は残せません。

もしも、自分の欲に歯止めが効かないようなら、潔くFXを撤退しましょう。

これもあなたの人生を豊かにする大切な決断です。

ポイント

自分の資金コントロールへの不安が強い人は、そもそもFX投資に向いているとは言えません。

極論ですが、絶対にリスクや損失を避けたいという人はFXの世界に踏み入れないことが無難です。

自分のルールを設けて、ルールに従うということは、FXで借金を作らないための最も大切なルールのひとつです。

まとめ

まとめ

FXで借金を作るリスクを最小限に抑えられる理由とコツをお話しました。

FXそのもので借金を抱える可能性は決してゼロではありません。

しかし、今回お話をしてきたように、正しい理解と対策ができていれば、リスクを最小限に抑えることができます。

実際に今回お話した内容を正しく理解していれば、借金のリスクはほとんど生じないはずです。

要するに、FXは仕組みを理解せずにいることが、最大のリスクなのです。

正しい理解がないことが、大損や借金に繋がってしまうということです。

今回お話をしたようなリスクヘッジを常に意識して習慣化することが大切なのです。

そうすれば、少ない資源で大きな利益を作れる可能性も十分に有り得ます。

そして、それがFXの大きな魅力でもあります。

今回お話したようなポイントは常に覚えておいてください。

そのようにして、借金リスクを最小限に抑えること。

これが、あなたのトレードの成果を高める最も有効な手段となるでしょう。

-FX生計
-, ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.