FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

勝率だけではダメ?リスクリワードの固定がFXの利益に繋がる!

投稿日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FX取引を始めたものの、「勝率は上がってきたのに、なかなか利益が伸びない」という悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

FXで利益を上げていくためには、「リスクリワード」を意識して取引することが重要になります。

ご自身の貴重な資金を使って取引を行うため、利益が思うように出せずにお悩みの方は、取引を始める前にリスクリワードの基礎知識をしっかり理解しておきましょう

そもそも「リスクリワード」とは?

そもそも「リスクリワード」とは?

リスクリワードとは、損失と利益の比率のことです。

例えば、損失が100円、利益も100円であれば、リスクリワードは「1:1」になります。

損失が50円、利益が100円であれば、「1:2」ですね。

利益を出すためには、必ず損失よりも利益を大きいことを確認しておく必要があります

FX取引をしている方であれば、「損小利大」「損大利小」という言葉を耳にしたことがあるでしょう。

損切り幅が小さく利益確定の利幅が大きい「損小利大」は、FX取引の理想といえます。

しかし、頭ではわかっていても人には感情がありますので、なかなか損切りできなかったり利確を焦ってしまったりと取引に悪影響を与えてしまいます。

そこで、リスクリワードを固定することで、損小利大の状態を作り出すことが可能になります

勝率は上がっているのになぜ利益が出ないのか?

勝率は上がっているのになぜ利益が出ないのか?

FXの取引で勝率80%と聞くと、たくさん儲かっているように感じますが、必ずしも利益が出ているとは限りません

例えば、勝率が80%で、勝ったときの利益が平均2万円、負けたときの損失が平均10万円だった場合を考えてみましょう。

10回の取引で4万円のマイナスになっていますので、この状態で取引を続けていたらみるみるうちに手持ちの資産は減少してしまいます。

リスクリワードを計算してみると、「5:1」で損失が利益を上回っていることがわかります。

このように10回中8回勝ったとしても、2回の負けで利益を上回る損失を出してしまっては意味がないということです。

裏を返せば、勝率20%であってもリスクリワードの利益率の方が高ければ、十分な儲けを出すことができます。

ポイント

FX取引をしていると勝率ばかりに目が行きがちですが、現状勝てているのになかなか思うような利益が出せていないという方は、リスクリワードを意識して取引してみると良いでしょう。

リスクリワードを固定することで得られる2つのメリット

リスクリワードを固定することで得られる2つのメリット

利益と損失のバランスが大切ということはご理解いただけたでしょう。

では、リスクリワードを固定することで具体的にどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

損小利大の状態を作ることができる

FXでは、自分自身のメンタル面が判断に影響を与えます。

例えば、上がると思って買い注文を入れたのにも関わらず、下がってしまったので慌てて決済。

しかし、決済した途端に上がり始める、というのは典型的な失敗パターンです。

そこで、あらかじめリスクリワードを固定しておくことで、相場の値動きに振り回されず取引ができるようになります

無駄なエントリーを防ぐことができる

リスクリワードを固定するということは、ポジションを保有してから決済するまでの相場の動きを熟考する必要があるため、無駄なエントリーをしなくなります

いわゆるポジポジ病といわれるものです。

リスクリワードが自分の決めた数値に至らない場合は、エントリーを見送るスキルも身につきますので、安定した取引が可能になります。

利益を多く出すにはリスクリワードを高く設定すれば良いの?

利益を多く出すにはリスクリワードを高く設定すれば良いの?

例えば、リスクリワードを「1:10」に固定すれば勝率が10%でも利益が出るのでは?と考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、想像してみてください。

10回の取引で9回負け続けるのをじっと耐えることができるでしょうか

あまりに負けが続くと、人の心理として、負けを取り返そうとポジションを増やしてしまったり、価格が戻るかもしれないからと損切りのラインを変えてしまったり、やってはいけない行動を取ってしまうものです。

注意ポイント

トレードに慣れてきて確信をもった上で「1:10」のリスクリワードで取引する分には問題ありません。

特に、初心者の方には極端に高いリスクリワードはおすすめできません。

リスクリワードを上手く活用するために重要な3つのポイント

リスクリワードを上手く活用するために重要な3つのポイント

リスクワードを固定したとしても、次のポイントを押さえておかなければ本来得られるはずの利益を逃してしまう可能性があります。

固定したリスクリワードを守る

リスクリワードのリスクを上げるとしたら、あなた自身が決めたリスクリワードを守らなくなることです。

利益が下がるかもしれないと利確のタイミングを早めてしまったり、この損失を取り返すまではと悩んでいるうちに大損してしまったり、実際取引をしてみると冷静な判断ができなくなってしまうかもしれません。

しかし、これでは取引が不安定になり、大損するリスクも高いままです

ご自身の資金を守るためにも決めたルールはきちんと守りましょう

利益確定と損切りのタイミングを事前に決めておき、そのまま実行する、ただそれだけです。

難しく考える必要はありません。

自分に見合った投資金額で考える

リスクリワードを固定しても、投資金額によっては冷静な判断ができなくなってしまうことも考えられます。

例えば、損失が5万円と利益が10万円のリスクリワードと損失が50万円と利益が100万円のリスクリワードは、同じ「1:2」です。

損失が50万円のときであっても、ルールに則って損切りができれば良いですが、少しでも躊躇してしまうと感じるのであれば、自分の許容を超えた資金で取引を行っていることになります。

リスクリワードを固定したからといって、すぐに利益が出るとは限りませんので、自分のトレードスタイルを確立するまでは、少額から取引を始めてリスクはなるべく抑えるようにしましょう。

まずは「1:2」を目標にする

理想的なリスクリワードは「1:3」といわれています。

この場合、勝率25%以上で利益が出せる計算ですが、実際にトレードしてみると勝率が低く利益確定まで時間がかかるため、精神的な負荷が大きく実現させるのが難しいということがわかるでしょう。

そこで、まずはリスクリワード「1:2」を目標に利益が出せるよう取引を繰り返してください。

「1:1」を少しでも上回っていれば資金は増えますので、初心者の方は無理のない数値から始めるのも良いでしょう。

リスクリワードを固定してトレードを繰り返し、日々自分の取引を改善していくことで理想の数値に近づけていくことが可能です。

まとめ

まとめ

勝率が上がってきたにも関わらず、なかなか利益に繋がらないという方は、一度ご自身の取引のリスクリワードを出してみてください。

意識していなかったという方は、リスクリワードを固定することで、取引が改善されるかもしれません

リスクリワードを固定したら、あとはコツコツとルール通り取引を実行していくだけです。

ご自身の決めたリスクリワードを守ることで、損小利大の取引をしていきましょう

-テクニック
-, , , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.