FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

FX初心者におすすめの手法とは?失敗しない選び方!

投稿日:2019年12月29日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXは専門用語が多く、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析などを駆使しながら取引します。

そのため、FXの知識や経験の少ない初心者が安定した利益を得ることはなかなか容易ではありません。

FX初心者でも安定した利益が期待できる手法はないのでしょうか?

そこで今回は、FX初心者におすすめする手法について分かりやすく解説します

FX初心者におすすめする手法とは?

FX初心者におすすめする手法とは?

FXは専門用語も多く、安定した利益を得るためにはテクニカル分析やファンダメンタルズ分析を駆使しながら取引する必要があります。

そのため、FXの経験や知識が少ないFX初心者の中には、「自分は初心者だからFXで利益を得るのは厳しい」と諦めている人もいるのではないでしょうか?

確かに、FX初心者がいきなり取引を始めて安定した利益を得るのは難しいですが、コツを掴めば専門用語や分析などが分からなくても安定した利益を得ることが可能です。

FXの取引手法は「スキャルピング・デイトレード・スイングトレード」の3つあります。

どの取引手法がFX初心者に適した手法なのでしょうか?

それぞれの手法の特徴について詳しく見ていきましょう。

スキャルピング

スキャルピングとは、秒単位または数分単位で細かな取引を繰り返すことによって小さな利益を積み重ねていく手法です。

1回の利益は大きくありませんが、何度も取引を行って利益がうまく積み重なった場合は、ある程度の大きな利益になる可能性もあります。

ただし、秒単位または数分単位で取引するということは、それだけチャートをしっかり見ておかなくてはなりません。

損が生じてもすぐに損切するため、損失を最小限に抑えられるというメリットがあります。

しかし、取引の拘束時間が長く、取引回数を重ねることで手数料も大きくなるため、効率の悪い取引手法と言えるでしょう。

デイトレード

デイトレードとは、数十分または数時間単位で取引を行う手法です。

次の日にポジションを持ち越さないようにするのがデイトレードの特徴です。

ポジションの保有期間がスキャルピングより長く、決済までの期間も長いため、FX以外の何かと両立しながら行うこともできます。

保有期間が長くなることで1回の利益がスキャルピングよりも大きくなるため、効率的な手法と言えるでしょう。

スイングトレード

スイングトレードとは、数日または数ヶ月単位で取引を行う手法です。

デイトレードと違い、ポジションを持ち越すことを前提としているのがスイングトレードの特徴です。

ポジションの保有期間が最も長く、一度ポジションを保有すると後は定期的に予想通りの為替変動が生じているか確認するだけでいいため、忙しい人に適した手法と言えます。

ただし、持ち越すということは急な為替変動が生じた場合のリスクが高くなるので注意が必要です。

効率の良さやリスクの低さなどを総合的に考慮すると、デイトレードがFX初心者には最も適した手法と言えます。

デイトレードは、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

デイトレードのメリットとは

デイトレードのメリットとは

デイトレードのメリットとして主に以下の3つが挙げられます。

  • 取引に必要な拘束時間が短い
  • 手数料を少なく抑えられる
  • 急な変動によるリスクを抑えられる

それぞれのメリットについて解説します。

取引に必要な拘束時間が短い

取引に必要な拘束時間が長いと、FXと日常生活の両立が難しくなります。

家に帰ってから家族との時間を大切にしながらFXを両立するには、拘束時間の長いスキャルピングよりも拘束時間の短いデイトレードの方が最適です

また、取引に必要な拘束時間が短いということは、精神的・体力的な負担を減らすことにもつながります。

日中は働いて、夜もチャートを眺めながら夜遅くまで取引していると体調を崩してしまう可能性も。

デイトレードの手法は、仕事や家庭とFXをうまく両立できる状況が整っていると言えるでしょう。

手数料を少なく抑えられる

FXにはスプレッドという事実上の手数料が存在します。

そのため、取引回数が多いほど、FX業者に多くの手数料を支払わなくてはなりません。

スキャルピングは最も取引回数が多いため、取引回数に応じたスプレッドを支払うことになります

そのため、いくら多くの利益を得ていても、手数料の占める割合が高く、効率の良い手法とは言えません。

デイトレードとは、とにかく持ち越さないという手法で、最も少ない場合には1日1回の取引しかしないため、手数料を大幅に抑えることが可能です。

そのため、効率良く利益を増やせることが大きなメリットと言えるでしょう。

急な変動によるリスクを抑えられる

デイトレードは、持ち越さないことに重点を置いた手法です。

ポジションを持ち越した場合、寝ている間に急な為替変動が生じるとロスカットが発動する可能性があります。

実際に2019年の年初には、日本人がまだ寝ている時間にフラッシュクラッシュと呼ばれる急な為替変動が生じてロスカットだけでなく、証拠金が足りず追証になった人もいました。

デイトレードはポジションを持ち越すことはないため、このようなリスクを抑えることが可能です。

そのため、安心して取引できるのがメリットと言えるでしょう。

デイトレードのデメリットとは

デイトレードのデメリットとは

デイトレードの手法には、取引に必要な拘束時間が短い・手数料を少なく抑えられるなどのメリットがありましたが、何かデメリットはあるのでしょうか?

デイトレードのデメリットとして主に以下の2つが挙げられます。

  • スワップポイントが得られない
  • スイングトレードよりも手数料が多い

それぞれのデメリットについて見ていきましょう。

スワップポイントが得られない

FXの魅力の1つとして、ポジションによっては通貨間の金利差であるスワップポイントを毎日受け取れることが挙げられます。

しかし、スワップポイントが適用されるのは、日本時間の早朝に設定されているのが一般的です。

そのため、デイトレードの取引では、スワップポイントを得ることができません

FX初心者の中には、差益ではなくスワップポイントを目的とした取引がしたいという人も多いと思いますが、デイトレードでは得られないので注意が必要です。

スイングトレードよりも手数料が多い

デイトレードの手法は、スキャルピングよりも取引回数が少ないことから、手数料を少なく抑えられるというメリットがありました。

確かにスキャルピングよりは手数料を抑えられますが、スイングトレードよりも手数料は多くなります

そのため、手数料を抑えることが目的の場合は、デイトレードではなくスイングトレードを選んだ方が良いと言えるでしょう。

システムトレードを活用するのも選択肢の1つ

システムトレードを活用するのも選択肢の1つ

FXの初心者にはリスクとリターンのバランスが取れているデイトレードの手法をおすすめします。

しかし、取引の時間を確保できない人や損失が生じることに対して不安を抱いている人はどうすればいいのでしょうか?

そこでおすすめするのがシステムトレードです。

システムトレードとは、あらかじめ決めておいたルールに従い、自動で売買を行ってくれるという仕組みです。

時間や経験がなくてもトレードできるため、FX初心者にはおすすめの手法と言えるでしょう。

まとめ

まとめ

FXには、「スキャルピング・デイトレード・スイングトレード」といった3つの取引手法があります。

リスクとリターンのバランスを考えると、デイトレードがFX初心者に適した手法ですが、デイトレードは自ら取引しなくてはなりません。

自分で取引する時間を確保できる人やある程度のリスクを承知で取引したいという人にはデイトレードがおすすめです。

しかし、条件を満たしていない人には、決められたルールで自動的に売買するシステムトレードがおすすめです。

どの取引手法もリスクがないというわけではありません。

資産運用である以上はリスクを伴うため、リスク管理を徹底しながら取引を行いましょう。

-FX初心者
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.