FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

FXのデイトレードってどんな手法?メリットとデメリットとは

投稿日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXには、スキャルピングやデイトレード、スイングトレードなど多くの手法があります。

しかし、言葉だけを見ても、それぞれどのような手法なのか、メリットとデメリットまでは分かりません。

そのため、どの手法が自分に合っていて、どれを選べばいいのか分からない人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、FXのデイトレードとはどんな手法なのかについて解説します

FXのデイトレードってどんな手法?

FXのデイトレードってどんな手法?

株式投資は取引時間が平日9時~15時までと限られているため、日中働いているサラリーマンにとって、リアルタイムで取引することはほぼ不可能です。

しかし、FXは土日を除いて24時間取引できるため、日中働いているサラリーマンにとって取引しやすい環境が整っていると言えます。

そのため、資産運用の手段としてFXを選んで取り組んでいる人も多いですが、人によって手法は異なっています。

FXの手法は以下の3つです。

  • スキャルピング
  • デイトレード
  • スイングトレード

それぞれの手法の特徴について見ていきましょう。

スキャルピング

スキャルピングとは、数秒から数分間隔で取引を行う手法です。

短期間に何度も取引を繰り返しながら小さな利益を積み重ねていきます。

1回の取引の利益目標は2~10pips程度に設定して取引しますが、相場が緩やかな状況では利益を得にくいので注意が必要です。

経済指標の発表といった何らかの要因で値幅が大きくなっている場合にスキャルピングを選ぶと、リスクを抑えながら確実に利益を積み重ねていくことが期待できます。

デイトレード

デイトレードとは、数十分から数時間の間隔で取引を行う手法です。

スキャルピングよりも取引間隔が長く、ポジションを持ち越さずに1日で取引を完結させるのがデイトレードと言えます。

1回の取引の利益目標は20~100pips程度に設定して取引します。

1回のトレードで大きな利益が期待できるため、効率的な手法です。

スキャルピングやデイトレードではポジションを持ち越さないため、基本的にはスワップポイントを得ることはできません。

スイングトレード

スイングトレードとは、数日から数週間、数ヶ月の間隔で取引を行う手法です。

基本的には自分が決めた決済タイミングまでポジションを保有し続けるのがスイングトレードの特徴です。

1回の取引の利益目標は100pips以上に設定して取引します。

スイングトレードは、事前に決めた利益目標まで、基本的に放置しておくだけなので最低限チャートを確認するだけで済みます。

また、ポジションによっては毎日スワップポイントが得られるため、差益が得られなくてもコツコツ利益が生じるのが魅力です。

しかし、持ち越すことによるリスクを伴うので注意が必要です。

デイトレードの手法のメリット

デイトレードの手法のメリット

FXでデイトレードの手法を選んで取引した場合にはどんなメリットがあるのでしょうか?

デイトレードの手法には以下のようなメリットがあります。

  • 資金効率が良い
  • 損切りを徹底できる
  • 持ち越しのリスクを抑えられる

それぞれのメリットについて見ていきましょう。

資金効率が良い

スイングトレードでは、長期間保有するリスクも考えてレバレッジを低く設定しながら取引するのが一般的です。

しかし、スキャルピングやデイトレードの手法では、レバレッジを高く設定しながら少しの変動を確実に利益に変えていくため、利金効率が良いと言えます。

1日に数回取引を繰り返して利益が生じた場合には、その利益を次の資金に回すことも可能です

そのため、資金が少ない場合でも効率良く利益を積み重ねていくことが期待できるでしょう。

損切りを徹底できる

スイングトレードでは日をまたいでポジションを持ち越しますが、日をまたいでポジションを持ち越さないのがデイトレードの特徴です。

つまり、利益が生じているのかどうかに関係なく、最終的には決済して終わります

「もう少し持てば損失が小さくなるかも」「もう少し持てば利益が増えるかも」と損切りや利確に踏み切ることができない人もいます。

デイトレードは1日の終わりは必ず決済して終わるため、損切りや利確に踏み切ることができない人でも徹底できるのがメリットと言えるでしょう。

持ち越しのリスクを抑えられる

2019年の年初には、取引参加者が少ない時間帯を狙った仕掛け売りによるフラッシュクラッシュが発生しました。

このフラッシュクラッシュでは、ロスカットが正常に作動せず証拠金以上の損失が生じて、マイナス分を追加入金しなくてはならなくなった人も多くいます。

デイトレードは取引参加者が少ない時間帯にポジションを保有していません

フラッシュクラッシュになる可能性は低いため、リスクを抑えながら安心して取引できるのがメリットと言えるでしょう。

デイトレードの手法のデメリット

デイトレードの手法のデメリット

FXでデイトレードの手法を選んだ場合には、資金効率が良い・損切りを徹底できるなどのメリットがありましたが、何かデメリットはあるのでしょうか?

デイトレードの手法には以下のようなデメリットがあります。

  • 取引手数料が増える
  • トレードに時間を拘束される
  • 高いレバレッジの取引で損が大きくなりやすい

それぞれのデメリットについて見ていきましょう。

取引手数料が増える

FXでは、スプレッドと呼ばれる通貨を購入する際と売却する際の価格に差が設けられています。

この差がFX業者の手数料となっています。

デイトレードの手法ではスキャルピングほど取引回数が多くなりませんが、細かな取引を繰り返した場合には取引手数料が大きくなるので注意が必要です。

1日の利益だけを見ると多くの利益を得られているようでも、手数料を差し引くとそこまで多くの利益を得られていない可能性も。

手数料を抑えるためにも、スプレッドの狭い業者で取引を行うようにしましょう

トレードに時間を拘束される

スキャルピングのように常にチャートを見ている必要はありませんが、デイトレードも取引チャンスを逃さないようにチャートをしっかり見ている必要があります。

そうなると、トレードに費やす時間が増えて、トレードに時間を拘束されるようになります。

精神的・体力的な負担が大きくなって、睡眠不足に陥る可能性もあるので十分に注意が必要です。

高いレバレッジの取引で損が大きくなりやすい

スイングトレードは、低いレバレッジで取引するのが一般的です。

スキャルピングやデイトレードの手法では、小さなチャンスを確実に掴む必要があるため、高いレバレッジで効率良く取引するのが一般的

しかし、高いレバレッジで取引した場合は、損失が大きくなるリスクを伴います。

1日の終わりの決済時に損失を抱えている場合は、その損失が大きくなる可能性もあるので注意が必要です。

まとめ

まとめ

FXには、スキャルピング、デイトレード、スイングトレードと呼ばれる3つの取引手法があります。

この中で特に選ばれているのがデイトレードですが、デイトレードの手法には資金効率が良い・損切りを徹底できるというメリットがある一方で、取引手数料が増える・トレードに時間を拘束されるというデメリットが

FXでデイトレードの手法を選んで取引する際には、これらのメリットとデメリットをよく理解してから始めましょう。

-FX初心者
-, , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.