FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

オススメのFX会社一覧!各会社の特徴と確認すべきポイント

投稿日:2020年2月26日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

これからFXを始めようとしている人の中には、どのFX会社を選んで口座を開設すべきか悩んでいる人も多いと思います。

「どのFX会社を選んでもあまり差がないのでは?」と考える人もいるかもしれませんが、最小取引単位やスプレッド、取引できる通貨ペアなどに差があるため、各FX会社の特徴を事前に把握しておくことが重要です。

そこで今回は、おすすめのFX会社を一覧できるようにまとめました

おすすめのFX会社一覧

おすすめのFX会社一覧

今回ピックアップしたFX会社の一覧は以下の通りです。

  • DMM FX
  • SBI FXトレード
  • ヒロセ通商
  • マネーパートナーズ
  • GMOクリック証券
  • トレイダーズ証券
  • 外貨どっとコム
  • YJFX!
  • FXブロードネット
  • セントラル短資FX

それぞれのFX会社の特徴を詳しく見ていきましょう。

DMM FX

DMM FXは口座数が国内第1位のFX会社です。

70万口座を突破しており、それだけ多くの人が口座を開設しているということはそれだけ信頼性が高い、使いやすいFX会社であると言えます

DMM FXの魅力として、米ドル/円の通貨ペアのスプレッド0.2円を始めとするFX業界最狭水準のスプレッドが挙げられます。

また、ロスカット手数料といった各種手数料が無料なので、取引コストを気にすることなく取引することが可能です。

さらに24時間サポートに対応しているため、口座を開設して取引するのが初めての人でも安心して取引できる環境が整っていると言えるでしょう。

SBI FXトレード

最小取引単位を1万通貨に設定しているFX会社が多いですが、SBI FXトレードは1通貨に設定しています

そのため、少額から取引できるだけでなく積立FX投資運用を行うことも可能です。

FX業界最狭水準のスプレッドが適用されており、取引単位が小さいFXトレーダーの場合、さらにスプレッドが狭くなることで、その恩恵を受けることができます。

そのため、少ない資金を効率良く増やしたいトレーダーは、SBI FXトレードがおすすめと言えるでしょう。

ヒロセ通商

ヒロセ通商はこれまでに紹介したFX業者とは違い、50通貨ペアの取引できることが大きな魅力です。

また、FX業界最狭水準のスプレッドが適用されており、24時間サポート対応しています。

新興国通貨のスワップポイントも高く設定されているため、毎日コツコツ資産を増やしていくことが可能です。

そのため、メジャーな通貨ペアだけでなく、マイナーな通貨ペアの取引をしたい、少しでも多くのスワップポイントを得たい人におすすめのFX会社と言えるでしょう。

マネーパートナーズ

マネーパートナーズは、スリッページという注文と約定のズレがなく公開約定率が100%を達成しているのが特徴です。

また、マネーパートナーズは株式やCFD取引にも対応しており、保有している株式の一部をFXの証拠金に回すことも可能です。

そのため、資金効率の良いFX会社と言えます。

経済指標発表時には為替変動が大きくなりやすく、スリッページが生じやすいと言えます。

しかし、マネーパートナーズであれば、高い約定率を誇っているため、そのような状況でも安心して取引できるでしょう。

GMOクリック証券

GMOクリック証券は、FX取引高が7年連続世界第1位のFX会社です。

口座の開設者数は、DMM FXが国内1位となっていましたが、GMOクリック証券は取引高で世界1位を記録しています。

つまり、GMOクリック証券は実際にトレードに利用している人が多く、それだけ多くの人に支持されているFX会社であると言えます。

FX業界最狭水準のスプレッド、最高水準のスワップポイント、24時間サポートなど、FXで必要とされる条件がほぼ揃っているため、初めて口座を開設するのに最も適したFX会社と言えるでしょう。

トレイダーズ証券

トレイダーズ証券は、一定期間経過後に基準より為替が高いか低いか当てる、どの範囲内に為替が変動しているか当てるバイナリーオプションを提供しています。

また、自動売買にも対応しているため、FXの知識や経験が少ないFX初心者や忙しい人でも24時間手軽にFXを楽しむことが可能です。

スプレッドがFX業界最狭水準、スプレッドもFX業界最高水準に設定されています。

そのため、バイナリーオプションや自動売買に興味のある人におすすめのFX会社と言えるでしょう。

外貨どっとコム

外貨どっとコムは、約定スピードが最速0.009秒という超高速の発注・決済に対応しているFX会社です。

他のFX会社と比べると、情報発信に積極的という特徴があります。

3社のニュース配信に加えて、20種類以上の動画とレポートを毎日配信しています。

また、24時間サポートしているため、何か問題が起きた場合や質問したい時でも安心してトレードに臨むことが可能です。

情報を駆使しながら、より自分のトレードを上達させたい人におすすめするFX会社と言えるでしょう。

YJFX!

FX会社の中には、FX業界最狭水準のスプレッドということを強みとしてアピールしているFX会社もありますが、実際はメジャー通貨だけというケースもあります。

しかし、YJFX!では、メジャーな通貨ペアだけでなく、マイナーな通貨ペアのスプレッドもFX業界最狭水準に設定されています

また、ロスカット手数料といった各種手数料が無料なので、取引コストを気にすることなく取引することが可能です。

さらに24時間サポートにも対応しているので安心です。

そのため、YJFX!は、マイナーな通貨ペアの取引も積極的に行いたいという人におすすめのFX会社と言えるでしょう。

FXブロードネット

FXブロードネットは、高いレバレッジを設定できるFX会社が多い中で、レバレッジ1倍のコースを選択できるため、ハイリスクが怖い人でも安心して取引を始めることが可能です。

トラッキングトレードという同条件の注文を繰り返すリピート系自動売機能を利用すれば、損切りも含めて自動で取引してくれるため、取引の手間を省くことができます。

取引分析ツールが充実しているほか、対面セミナーも開催するなど、サポート体制が万全と言えます。

そのため、リスクを少しでも抑えながら取引したい人やトラッキングトレードを利用した取引を行ってみたい人におすすめと言えるでしょう。

セントラル短資FX

セントラル短資FXは、創業2002年とFX会社の中ではかなり老舗です。

幅広い通貨ペアのスプレッドがFX業界最狭水準となっているため、取引コストを抑えることができます。

また、セントラル短資FXは、プロの売買戦略に基づいたシステムトレードに対応しており、世界中のプロトレーダーの売買戦略を選んで自動売買を行うことが可能です。

さらに、これらをカスタマイズすることもできます。

そのため、FX会社は多くあるものの、老舗が安心するという人やシステムトレードを行いたいという人におすすめするFX会社と言えるでしょう。

まとめ

まとめ

FXのトレードを始めるには口座を開設する必要がありますが、FX会社は数多くあるため、どのFX会社を選べばいいか悩んでいる人は多いと思います。

今回は、10社のFX会社をピックアップして一覧にまとめました。

FX会社によって異なる部分もあるため、自分がどんな目的でFXを始めるのかよく考えてから口座を選びましょう

-FX初心者
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.