FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

DMMFXの評判とは?メリット・デメリットを理解しよう!

投稿日:2020年1月22日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXをこれから始めようとしている人の中には、FX業者が数多くあるため、どのFX業者の口座を開設すればいいか悩んでいる人も多いと思います。

DMMFXも数多くあるFX業者の1つですが、DMMFXの評判が良いかどうかが気になっている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、DMMFXの評判は良いか、DMMFXのメリット・デメリット・評判を解説します

DMMFXの評判は良い?

DMMFXの評判は良い?

FXの取引を始めるには、まずFX業者で口座を開設する必要があります。

しかし、FX業者と一口に言っても、数多くのFX業者があるため、どのFX業者が自分に合う業者なのかよく分からないという人も多いのではないでしょうか?

自分に合うFX業者かどうかを見極めるには、各FX業者の評判を比較しながらそれぞれのFX業者のメリットやデメリットをよく理解することが重要です。

DMMFXも数多くあるFX業者の1つですが、タレントのローラさんをモデルに起用しているFX業者で、広告で見かけたことがある人もいると思います。

口座開設者数が国内1位となっており、評判の良いFX業者だと言えます。

口座開設者数が多いということは、他のFX業者よりメリットが多いということですが、DMMFXにはどんなメリットがあるのでしょうか?

DMMFXのメリット

DMMFXのメリット

DMMFXで口座を開設する主なメリットとして以下の4つが挙げられます。

  • スプレッドが狭い
  • マイナスのスワップポイントが低い
  • 取引するとポイントが貯まる
  • 24時間サポートに対応している

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

スプレッドが狭い

スプレッドとは、買い注文と売り注文の価格差です。

FXは取引に手数料がかからないのが一般的ですが、スプレッドが事実上の手数料として存在しています。

例えば、DMMFXの米ドル/円のスプレッドは0.2銭です。

つまり、仮に1ドルが100.00円だったとすると、売り注文は99.98円、買い注文は100.02円ということです。

1万通貨の取引の場合は、売り注文・買い注文にそれぞれ200円の手数料が発生することになります。

DMMFXは、このスプレッドが業界最狭水準に設定されています。

取引手数料が業界最狭水準に設定されているということは、取引コストを抑えることで利益を増やせるということです。

つまり、利益を得やすい環境が他のFX業者よりも整っていることを意味するため、それが評判の良さへとつながって、口座開設者数1位に至った理由と言えるでしょう。

マイナスのスワップポイントが低い

スワップポイントとは、通貨間の金利差です。

通貨間に金利差が生じている状況でプラスのスワップポイントだった場合には、ポジションを保有しているだけで毎日利息を受け取ることが可能です。

一方、マイナスのスワップポイントだった場合には、ポジションを保有しているだけで毎日利息を支払うことになります。

マイナスのスワップポイントが大きく設定されていると、そのポジションを保有しにくくなります。

しかし、DMMFXはマイナスのスワップポイントが低く設定されているため、反対ポジションも保有しやすいのが特徴です。

マイナスのスワップポイントを低く抑えるということは、取引コストを抑えることと同様なので、スプレッドの場合と同様、利益を得やすい環境が整っていると言えるでしょう。

取引するとポイントが貯まる

各FX業者は少しでも口座開設者を増やすために、キャッシュバックキャンペーンといった特典を用意しています。

DMMFXは、キャッシュバックキャンペーンだけでなく、取引ごとに貯まるポイント還元も用意されています

取引ごとに貯まったポイントは、1,000ポイント単位で現金化することが可能です。

また、ポイントランクも用意されており、直近3ヶ月の取引実績が月間300回以上の場合には、ゴールドランクにアップします。

ゴールドランクにアップすると、ポイント付与が最大3倍になるため、効率良くポイントを貯めることが可能です。

取引回数が多いトレーダーほど還元が良くなる仕組みが採用されているため、それが良い評判となって口座開設者の獲得につながっていると言えるでしょう。

24時間サポート対応している

FXをこれから始める人の中には、うまく取引を進めることができない人も多いと思います。

そのような人にとっては、丁寧なサポートを受けられるのかどうかもFX業者選びの重要なポイントです。

FX業者の中には、9~17時までといったように一般的な企業と同様のサポートにしか対応していないFX業者もあります。

そのようなFX業者で口座を開設した場合は、日中働いているサラリーマンは取引するのがそれ以降の時間になるため、サポートを受けることができません。

しかし、DMMFXでは、AIによる365日・24時間お問い合わせに対応しているだけでなく、平日の取引時間中はメンテナンス時間を除いて常に電話によるお問い合わせにも対応しています

万が一何らかのトラブルが生じた場合に、すぐに電話によるサポートを受けられることも評判が良い1つのポイントと言えるでしょう。

DMMFXのデメリット

DMMFXのデメリット

DMMFXにはスプレッドが狭い・マイナスのスワップポイントが低い・取引するとポイントが貯まるなどのメリットがありましたが、何かデメリットはあるのでしょうか?

DMMFXの主なデメリットとして以下の2つが挙げられます。

  • 最小取引単位が大きい
  • スキャルピングは違反行為の可能性がある

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

最小取引単位が大きい

FXの最小取引単位は、FX業者ごとに異なっています。

DMMFXは最小取引単位が1万通貨に設定されています

最小取引単位が1万通貨ということは、1通貨100円だとすると100円×1万通貨なので、取引するのに100万円の資金が必要ということです。

しかし、日本国内のFX業者であるため、レバレッジを最大25倍適用できることから必要資金は25分の1の4万円に抑えることが可能です。

抑えられるとは言っても、4万円は最低でも必要になるため、数千円からFXを始めたいと考えている人にとっては、あまりおすすめできないFX業者と言えるでしょう。

スキャルピングは違反行為の可能性がある

スキャルピングやデイトレードなどのように、1日に複数回の取引を行うという取引手法を選んで取引している人が多くいます。

特にスキャルピングはテクニカル分析といった難しい分析手法を必要としないため、FXの知識や経験が少ない初心者でも取り組みやすい取引手法です。

しかし、DMMFXは、スキャルピングという取引手法を禁止しているわけではありませんが、「短時間での注文を繰り返し行う行為」を禁止しています。

仮に、そのような取引を行っているトレーダーだと判断された場合には、事前の通知もなく急に口座を凍結される可能性があります。短時間の定義に関しては社内規定がありますが、公表されてはいません。

スキャルピングはサーバーへの負荷が大きくなることから名指しで禁止しているFX業者もあります。

DMMFXでは、名指しはされていませんが、類似する取引なのでスキャルピングを行いたい人には適していないと言えるでしょう。

まとめ

まとめ

DMMFXは数多く存在しているFX業者の1つで、口座開設者数日本1位の評判の良いFX業者です。

DMMFXにはスプレッドが狭い・マイナスのスワップポイントが低いといったメリットがあり、最小取引単位が大きい・スキャルピングは違反行為の可能性があるといったデメリットもあります

使いやすいかどうかは人によって異なるため、評判を鵜呑みにせずよく調べてから口座を開設しましょう。

-FX初心者
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.